FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

試聴や試奏の意味

電気店のオーディオ機器のコーナーでは、たいていヘッドホンやイヤホンの試聴ができるようになっている。
実際に耳に当ててみることで、自分の求めるタイプの音や遮音性、装着感などがあるか確かめることができるということだ。
だが、こと音に関しては、本当に試聴の意味があるのだろうかと毎回疑問に思う。
それは、試聴コーナーでは、ヘッドホンやイヤホンのプラグは抜けないようになっていて、
あらかじめ備え付けられたプレイヤーでしかそのヘッドホンやイヤホンを試すことができないからだ。

それでは、たとえ自分好みの音が鳴っているイヤホンがあったとしても、
その自分好みの音がイヤホンによるものなのか、プレイヤーによるものなのか、それとも相乗効果によるものなのか分からない。
自分が普段使っているプレイヤーで試すことができれば、
いま使用しているものとの差ですぐにそれが分かるのだが、それができないのだ。
店員に言えばプラグを外して自分のプレイヤーを使わせてくれるのかもしれないが、
試したいモデルが複数あるとき、それらを一個一個外してもらうのも気が引ける。
おそらくヘッドホン試聴会のようなイベントではその点配慮されていると思われるが、オレはそこまでして試聴したくはない。

これと同じことは、ギターの試奏にも言える。
たとえ楽器店でギターを試奏して、良い音がすると思っても、
店が貸し出したアンプとケーブルを通じた音では、それはそのギターによる「良い音」なのか分からない。
大手の楽器店などではアンプの持ち込みでの試奏も可能だが、そこまでして試奏したいとも思わない。

そもそも、楽器店に陳列されているギターは、
ネックへのダメージを防ぐために細いゲージの弦が貼られているから、たいてい弾きやすい。
弦が細いから弾きやすいだけなのを、ギターそのもの良さだと錯覚してしまうことも多いのだ。
これは楽器店に落ち度はないが、その意味で、ギターを楽器店で試奏する意味はあまり感じられない。

そうした点から、オレは試聴や試奏には意味がないと思うのだが、
これはオレが神経質すぎるのだろうか。

【今日のまとめ】
買わないのに試奏ばかりしていた高校生の頃。


というわけで。
  1. 2016/05/01(日) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高砂駅の「都そば」 | ホーム | 命より大事なもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1546-3d829614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: