FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

大学による私刑

ある国立大学が、最近ニュースで話題になっているある事件に関して逮捕された学生の卒業を留保する判断をしたと聞いた。
その学生は逮捕されただけでまだ起訴もされていないし、当然有罪判決が出たわけでもないから、
なぜ大学がそうした判断をしたのかよくわからないし、
限に、その判断を正当だとする世論はあまり聞かれない。

「非行について処分をする」という方針を大学が立てているのは自由だが
(学則に基づく処分であれば、学生も黙示にそれを承諾していることになる)、
その「非行」があったかどうかはこれからの裁判で判断されることだ。
学生は被疑者として身柄を拘束されているのだから、逃走や失踪の危険性は少なく、
早急に留保処分をする必要があるとは思われないので、単に、有罪の判決が出てから処分をすればいいだけの話だ。
それを待たずに学生を「非行を行った者」として処分してしまうのは、
大学が司法権に替わって私刑を課してしまうのと変わらない。

日本の被逮捕者の有罪率は極めて高いという事実を根拠にしているのかもしれないが、
極めて高いということは、そうではない場合もあるということだ。
万一無罪だった場合にどうするのかと考えれば、やはり慌てて処分をする必要があったとは特に思われない
(勘違いしないで欲しいが、オレは今回の事件が無罪になるという話をしているわけではない。
そんなことがオレに分かるはずもないし、これから判断されることなのだから、それが分かる人間はそもそもこの世に存在しない)。

もっとも、仮に現時点でその学生が有罪であったと仮定しても、
卒業を留保するという処分が果たして妥当なのかは疑問だ。

確かに、「在学中に発覚していれば停学や謹慎を受けていたのだから、
在学中に犯罪を実行した者が後から卒業を留保されてもおかしくはない」という声も聞く。
しかし、停学や謹慎の趣旨は、行われている授業に参加できないという罰を与えることで反省を促すという点にある。
そうだとすると、既に必要な授業をすべて受けて卒業の決まった者に対しては、
これから受ける授業がそもそも存在しないのだから、その趣旨は妥当しない。

そう考えると、やはり今回の処分には疑問が残る。

不気味なのは、このような処分を、国立大学が行っているということだ。
この処分が前例となり、他の国立大学においても同様の処分がされるようになれば、
権力側が、気に入らない人間に架空の罪をでっち上げ、卒業を取り消させるということができることになる。
逮捕されればいいのだから、その罪が無罪であろうと冤罪であろうと関係ない。

それは恐ろしいことだが、それを危惧する声は今のところあまり聞かれない。
しかし、今後大学の卒業を控えている人間にとっては、それは充分に脅威となりえる。

【今日のまとめ】
学位記ケースのソフト感。


というわけで。
  1. 2016/04/01(金) 21:52:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北関東のマージナル・マン | ホーム | ラーメン二郎 目黒店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1517-6033614b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: