FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

筋違いな義憤

先日ニュースになったある事件について、ネット上では様々な憶測が飛び交っている。
それは毎回のことだし、またこうした事件の処理は刑事訴訟でのみ行われることなので、
それに関する部外者の議論は意味のないことだ。

だが、一つだけ言えることがあるとすれば、
たとえば淫行や性交などなら、相手が幼い(刑事上は13歳未満、ほとんどの条例では18歳未満)場合、
たとえ合意の上であろうと犯罪は成立するが、監禁の場合はそうではないということだ。
そのため、監禁の事実の有無については、かなり詳細な事実認定が必要とされることになる。

これは個別の事件に関する話ではなく、監禁の被疑事件における一般論であり、
被疑者を擁護するだとか、被害者を侮辱するだとか、そういう話とは全くレイヤーの異なる話である
(何しろ一般論であり、具体的な被害者が出現する前から既に語られていることなので、
それが事後的に登場したある特定の被害者に対する侮辱であるというのは、論理的矛盾だ)。

なお、たとえ監禁でなくとも人としてどうなのだ、というコメントも見られるが、
道徳的に駄目な人間であることと、刑事犯罪人であることとは全く別の問題だし、
そもそも監禁かどうかはこれからの公判において判明することなので、そのような話が出ること自体が不自然だ。

しかし、このような話をすると、
やはり、「被害者を侮辱するのか」とか、「加害者を擁護するのか」という批判を受けることになる。
繰り返すように、こちらは個別の事件に関する話は何一つしていないので、
そうした批判は当たらないわけだが、そう言っても聞く耳は持たれないだろう。

被疑事件はあくまで被疑事件、被疑者(被告人)はあくまで被疑者(被告人)であり、
それが犯人であるかはこれから判明することだ。
この一事をもってしても、個別の事件について部外者がコメントすることに意味はないことが分かる。

むしろ、前述したような一般論に対して「被害者を侮辱するのか」などと返すことは、
それ自体が被害者への侮辱になっていると思うのだが、
義憤に駆られた人々は、それに気付くことがない。

【今日のまとめ】
こういう事件が「怖い」というのもよく分からない。


というわけで。
  1. 2016/03/29(火) 14:24:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古河桃まつり | ホーム | 勝ち方とルール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1514-3ec1da84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: