FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

教員が弱くなれば、ピラミッドだって崩れる

組体操のピラミッドやタワーが危険なのでやめるべきだ、という議論が最近になって巻き起こっている。
実際に中止を決めた自治体が現れたというニュースも先日目にしたばかりだ。

中には「子供が軟弱になるから続けろ」などという意見もあるようだが、
実際に大怪我をする人間が出ている以上、続けるのは無理がある。
そもそも、オレのいた小中学校は1学年4~6クラスあったが、それでもピラミッドや大人数でのタワーはなかったので、
「昔はみんなやっていたのだから」という理屈は通用しない。

最近のニュースで、「医師による調査の結果、組体操による重傷者が思いの外多かった」という話を目にした。
近年のそうしたデータでさえ医師が調査してやっと分かるほどなのだから、当然といえば当然だが、
「昔より今の方が組体操での事故が増えているのかどうか」という最も気になる件については、
オレがインターネットで調べてみても、結局分からなかった。

だから、「最近の子供が弱々しいので、その結果ピラミッドやタワーに失敗して大怪我をする事故が増えた」
という論調が本当なのかどうかは結局分からない。
単に、昔からそうした事故は多かったが、放置されていただけなのかもしれない。

だが、もしそうした事故が昔より増えているとすれば、
それは、子供が貧弱になったからではなく、教師の側の監督体制が原因だろう。
教員が適切に監督してさえいれば基本的に大事故は発生しない。
若い教師が増えたり、凶暴な保護者の理不尽な要求によって特定の生徒を監視させられる事態が増えた結果、
全体を監督できなくなり、それが事故に結びつく。
教員の弱体化については以前も書いたが、それがこのような側面においても影響している。

理由が何であれ、事故を防げないのであればやめる以外に方法はない。
スポーツは「危険の引受け」を常に伴うものだが、他にも協調性や体力を養えるスポーツはいくらでもある。
また、組体操という枠で見ても、大事故が起きにくく、それでいて美しい型は他に存在する。

【今日のまとめ】
膝の痛さは今でも思い出す。


というわけで。
  1. 2016/02/09(火) 22:43:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<表記通りに読まれない地名 | ホーム | いい女にはかなわない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1465-c9ee0faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: