FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

格安ツアーで旅行するエリートたち

テレビや新聞を見れば、先日起こったスキーツアーのバスの転落事故に関する話題で持ち切りだ。

このバスに乗っていたのはほとんどが若者で、
その中には、一流大学を卒業見込みで、また一流の企業の内定を得ている学生も複数いたという。
オレの知人が亡くなったわけではないので、特別悲しい気持ちは湧かないが、
オレは、そうした優秀な学生たちが、格安ツアーを利用して旅行に行かなければならなかったというその状況には危機感を感じる。

一流の大学に進学し、一流の企業に就職し、家庭を築くといういわゆるエリートは、
基本的に経済的に裕福な家庭の出身であることが多い。
一流企業の採用面接で求められる受け答えや愛想の良さは、一朝一夕で身に付くものではなく、
裕福な家庭において、充実したしつけを受けた者だけが持ち得るものだ。

勘違いしないで欲しいが、オレは別に、「裕福な家庭で育った人間だけがエリートになるべきだ」と言っているわけではない。
単純に、一流企業とそうでない企業では構成員に求められる役割が異なっていて、
一流企業が求める役割が、結果的に裕福な家庭で育った人間の持っている素養に近いことが多いというだけだ。

だが、先にも書いたように、そうした一流企業に内定したエリートであるはずの人間が、
安全性の担保に不安のある格安ツアーで旅行をしているのが現状だ。

裕福なエリートに資金的な余裕がないというのは、その家庭が裕福であるにもかかわらず、
その人間が、家庭から仕送りや小遣いという形での資金の再分配を受けることができていないという事実を強く推測させる。

「学生になったら、自分の金を自分で稼ぐ」という教育方針は、かつては通用したかもしれないが、現在では無理がある。
正規労働だけでなく、アルバイトの労働環境もバブル期とは比べ物にならないほど劣悪な現在では、
本分の学業に影響するほど身を削って働いても、食費も満足に稼ぐことができない人間も少なくない。
そうした環境下では、親世代が仕送りや小遣いによって世代間の所得の再分配を積極的に行わなければならない。

それがなされない結果、優秀な学生たちが、格安ツアーで旅行することになり、
時にはこうした悲しい結果を招くことになる。
それはまるでかつての特攻のようだが、上の世代がそれを理解することはないだろう。

【今日のまとめ】
オレは単純にバスが苦手だ。


というわけで。
  1. 2016/01/17(日) 19:46:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大雪でも駅に向かう日本人は、それほど異常だろうか | ホーム | パターン化する風邪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1442-47c13868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: