FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

意味のないエクスキューズ

Twitterの文字制限が1万字に緩和される動きがあるというニュースを目にした。
1万字のツイートが可能になっても、オレたちが従来の140字を超えるツイートをすることを要求されるわけではない。
むしろ、これまで長い投稿の文末に「(続く)」などと書くことでツイートを複数に分割するという意味のない作業をしていた人は救済される。
その意味では、朗報と言っていいのだろう。

さて、「意味のない作業」と書いたが、実際のところ、140字制限のある現行のTwitterにおいては、
ツイートの文末に「(続く)」などと記すことには何の意味もない。
140字以内で書かなければいけないというのがTwitterの唯一のルールであって、
「(続く)」と書かれたツイートは続きを読まなければいけない、あるいは読んだほうがいいなどというルールは存在しないからだ。
そうである以上、読み手が「(続く)」に従う必要はないし、
書き手が、順番通りに読まなかったり途中のツイートを単独で読んで返信してきた人に反論する根拠もない。
それに、そもそも、順番通りに読んでもらえているかを確認する手段が書き手の側にはない。
「(続く)」という言葉は、意味のないエクスキューズでしかない。

こうしたツイートに対する「曲解」は、
すべて、「140字で書ききる」という原則を守らない点に問題がある。
その原則を破った結果生じた結果に苛立ったり怒るのは、淘汰の順番を早める無駄な消耗にほかならない。

返信の形を取らず、相手の名も直接書かずに濁して書き込まれる、いわゆる「エアリプ」も、同様に意味のないエクスキューズだ。
意味がないどころか、負のエクスキューズだと言ってもいいだろう。

エアリプをすると、自分で返信すべき相手を分かっていながら、
「これは決して返信ではない」という正反対の態度を表面上は取ることになる。
そこには当然ながら消耗が生じる。
また、返信ではない以上、それが相手に読まれているかどうか分からない。
当然ながらほとんどの場合は読まれないのだが、
書いた側は自分勝手に「分かるようにして書いた」気分でいるので、
「相手は気付いているのに反応しないのだ」と解釈して疑心暗鬼になり、また消耗する。

そのような消耗に自ら向かっていく人間は確実に弱者であって、
そうした人間が救われる余地は、今後のこの国にはほとんど残されていない。

【今日のまとめ】
2万字インタビュー、最近読んでいない。


というわけで。
  1. 2016/01/06(水) 21:05:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卒論を書いたことがない | ホーム | 不自然な自然>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1431-2a281eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: