FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

無駄な消耗が淘汰を早める

「◯◯という言葉が嫌いだ」という発言を、よく耳にする。
その◯◯は、差別的な単語であったり、流行り言葉であったり、いわゆる「誤用」であったり、さまざまだ。
しかし、それをいちいち「嫌いだ」と言って苛立つことには何の意味もない。

その言葉は現に存在しているのだから、
一個人が「嫌いだ」と発言したところで、その言葉が世界から消えてなくなるわけではない。
そうであれば、「嫌いだ」とわざわざ発言して苛立ち、消耗することには何の意味もない。
単に、その言葉を自分では使わないようにするか、そうした言葉を使う人間と距離を置けばいいだけの話だ。
もちろん、これは言葉だけに限った話ではない。

オレは、わざわざ何かが「嫌いだ」などと思うことはない。
苛立てば消耗するし、それが良い影響を及ぼすことは少ない。
だから、これは好きではなさそうだと思ったものや人からは、オレはあらかじめ距離を取る。

それは悪いことでも何でもないのだが、
この社会では、「嫌なものを避けて生きる」ということが、どこかネガティブな意味合いを持つ。
だが、本当は、義務や仕事でない限り、嫌いなものと接する必要はない。
それに、距離の取り方が上手い人間は、そもそも義務や仕事においても、嫌いなものと接する機会は少ないものだ。

しかし、その事実を理解する者は少ない。
蓄積されたノウハウがあるにもかかわらず、「苦労」という消耗を先人と同じだけ経なければ、
地位や給料が上がらないという会社は、相変わらず多いようだ。

今後、たとえすべてが上手く行っているように思える人間ですら、無事に生き延びられるかどうかわからない世の中が訪れる。
それはつまり、強い者だけが生き残るということだ。
当然、弱い人間から順番に淘汰される。

消耗は、強さを減退させる。
日々の無駄な消耗が多ければ多いほど、その人間は次第に弱くなり、淘汰の順番は早まる。
少なくとも、「◯◯という言葉が嫌いだ」というレベルで自分から消耗している人間は、そう長く生き残れない。
それを知らないのか、それとも知りながら諦めているのかわからないが、
そうした消耗をやめようとしない人間は相変わらず多い。

【今日のまとめ】
人間強度がなんとやら。

というわけで。
  1. 2015/12/10(木) 21:01:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正論と事実 | ホーム | 文体を獲得する作業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1404-347ec37e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: