FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

漢方も効くものだ、と思った

オレはここ数年、風邪を引くと咳が長引くことが多い。
初めは喉の痛みや鼻水の症状が出て、その後咳だけが二週間かそれ以上続くというものだ。
今回は喉の痛みはなかったが、症状はやはり似通っている。

こじらせるのも面倒だし、咳が酷いと会話もままならないので、
その度に内科で診てもらっている。
気管支喘息のような症状なので、ここ最近は吸入ステロイド剤を処方されることが多かったが、
本当に効いているか疑問とのことで、今回は、初回の頃にも処方された漢方薬と、もう一種類の漢方薬を処方された。

咳といえばリン酸コデインなどの薬を思い浮かべるが、ここの内科で処方されたことはない。
コデインは中毒性があると聞くし、実際にオレの友人の一人はかつてコデインを乱用していたので、
そういう薬はできるだけ処方しない方針なのかもしれない。

今回処方された漢方は「麦門冬湯」と「五虎湯」の二種類だ。
前者は顆粒で、後者は錠剤になっている。
これを三食前に服用する。
すると、完全に止まるとまではいかないが、咳が鎮まるのだ。

オレはどうしても、西洋医学の化学薬品と違って、漢方は「おまじない」のようなものだとイメージしてしまう。
西洋医学が数学なら、漢方は国語とか社会という感じだ。
しかし、実際に効いているのを実感すると、おまじないとは言えなくなる。
考えてみれば、昔の東洋の人間はそれで実際に治療を果たしていたのだから、確かに効能はあるのだろう。

基本的に咳止めは咳を鎮めるだけで、それ自体が咳を治療するものではないが、
咳を鎮めることで気管支や肺のダメージが減り、それが悪化を防ぐので、有用性は高い。
今回処方された漢方はあと数日分残っているので、切れるまでに少し良くなってくれるとありがたい。

【今日のまとめ】
バスクリン以外でも活躍するツムラ。


というわけで。
  1. 2015/11/10(火) 22:59:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爪の長い男は気持ちが悪い | ホーム | 目的なく書くことに意味はない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1374-afbd058d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: