FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

映画を一人で観に行けない、なよなよした連中がオレは嫌いだ

Twitterのタイムラインを見ていると、「◯◯(映画)を誰か一緒に観に行きませんか」というツイートをよく見かける。
映画に限らず、何かの展覧会だったり、イベントだったりと様々だ。
そうした人たちは、一人で行くことができないのだろうか。

勘違いしないで欲しいが、オレは別に、誰かと映画に行くことがダメだと言っているのではない。
友だちや恋人と映画を観に行くことはオレにもあるし、それは楽しいことだ。

だが同時に、映画は友だちや恋人と行かなければ楽しめないものでもない。
一人で観た映画が、同じ映画を友だちや恋人と観た場合と比較して面白さや感動が半分になることはありえない。
友だちや恋人が隣にいるかということはあくまでオプションでしかない。

しかし、上述したツイートをしているような人々は、そのツイートに反応がなかった場合に
一人でその映画を観に行くということはしない。
もちろん中にはそういう人もいるだろうが、少数派だ。
それは憶測ではなく、その手のツイートを追跡していれば簡単に分かる事実だ。

彼らは、あくまで誰かと映画を観に行きたいのであって、映画を観に行きたいのではないのだろう。

オレはそういう、何かにつけて誰かと一緒でないと行動できない人間が嫌いだ。
優劣ではなく、単に嫌いなのだ。
まるで「映画やイベントは誰かと行くもの」という前提が存在して、それに沿う形でしか行動できないかのような思考パターンに、オレは激しい嫌悪感を覚える。
どうしても、なよなよしたものを感じるのだ。

「一緒に観ることで感情を共有したい」という反論もあるかもしれない。
だが、そんなものはそれこそTwitterを使えば、別のタイミングで同じ映画を観た人といくらでも共有できる。
それも言い訳でしかなく、結局は「誰かと行きたい」というだけなのだ。

繰り返すが、オレはその「誰かと行きたい」という思考が間違っていると言っているのではない。
オレの考え方が正しいとも言っていない。
ただ、そういう思考がなよなよしていて気持ち悪く、嫌いだというだけだ。

【今日のまとめ】
恋人と映画に行くのはトラウマだ。


というわけで。
  1. 2015/10/14(水) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレは人が死んでも泣かない | ホーム | 爆発が起きても、きっと日本人はトルコの人々のようには逃げないだろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1347-c8e2dd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: