FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

一人称に大した意味はない

30代で一人称が「俺」なのはいいことか悪いことか、といった内容の記事をネットで見かけた。
いいか悪いか、「30代で」という線引きに意味があるのかということについてはそれぞれの考えがあるだろうが
一人称というのはそもそも相手や状況によって使い分けられるものなので、
良し悪しを決められるものではないのではないだろうかとオレは思う。

もちろん、その記事の命題が指すのは
いろいろな一人称を使い分ける中で「俺」という一人称が登場する割合の多い人のことだというのは分かる。
だが、その人だって、上司との会話では「私」と言うだろうし
義父を前にすれば「僕」と言うことだろう。

一人称に深い意味はないとオレは思う。
もちろん語義自体はあるだろうが、別にその意味を考えて使っているわけではない。
そもそも、一人称は類型化されている。
私、俺、僕、小生、拙者、朕など、あらかじめ決まった一人称用の単語の中から
自分に合った一人称を選択するのだ。
それは外国語でも基本的に同じだ。
若い女性などで自分のファーストネームをそのまま一人称にする場合もあるが
それだって、「ファーストネームを一人称にする」というひとつの類型である。

自分は一人称として「トウモロコシ」を使うぞ、と決めて
「トウモロコシはそれでいいと思います」とか
「トウモロコシはBセットで」とか言っても、まったく通じない。
一人称はルールにすぎず、それ自体に大した意味はない。

単に、かしこまった場所では「私」の方がいいとか、そういう習わしがあるというだけだ。
そういう場所でなければ、別にどんな一人称を使おうが、それが類型の中から選択されていればかまわない。
適当でいいということだ。

オレは一人称を比較的よく変える。
特にネット上ではそうだ。飽きてきたら違う一人称を使いはじめる。
少し前は「私」や「僕」を多用していたが、最近は「オレ」だ。
この「オレ」という一人称は、最近読んでいた村上龍のエッセイで、80年代から90年代頃に彼が使っていた一人称を拝借したものだ。
何となくバブリーな雰囲気があって気に入ったのだ。
今は村上龍は「わたし」という一人称を使っているようだが。
オレも、この「オレ」という一人称に飽きたり、何となく気恥ずかしくなってくることがあれば
そのうち「わたし」に一人称を変えるかもしれない。

一人称というのはその程度にカジュアルに変えていいものだ。
かしこまった場所での選択さえ間違えなければ、いいも悪いもない。

【今日のまとめ】
「うぬ」という二人称を使ってみたい。

というわけで。
  1. 2015/10/10(土) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラーメン二郎 府中店 | ホーム | 石油鑿井機制作のパンフレット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1343-f7be93a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: