FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

もの作りをしていて一番辛いのは、酷評よりも何の感想も貰えないことだ

昨日配信したメールマガジンは、周囲の感想がいつもよりも多かった。
個人的にも、大満足とは言えないまでもそこそこのものが書けた気がしていたので、
それがある程度正しかったということを、こうした形である程度確認できるのは嬉しい。

感想と言えば、数カ月前にとある賞に小説を応募した。
その作品は来春に落選が決定するまで公表はできないのだが、
知人に見せるのは「公表」には当たらないと考えて
「読みたい」と言ってくれた数人の知人にそのデータを送った。

酷評でも構わないから感想を貰えると嬉しい、とデータを送付したメールに書いたのだが
結局、感想をくれたのはその中の一人だけだった。

「感想がない」というのは、もの作りにおいて最も作り手を不安にさせる。

たとえ、「つまらなかった」「この点が良くない」などという否定的な感想であったとしても
それはその作品に触れてくれたからこそ生まれた感想だ。
作り手にとっては、まず自身の作品に触れてもらわなければ何も始まらないのだから
感想という形で、受け手が作品に少なくとも触れてくれたという事実を確認できるのはやはり嬉しい。
その意味で、否定的な感想であっても作り手にはプラスのエネルギーになり得る。

しかし、何の感想も返ってこないと、果たしてその人が作品に触れてくれたどうかさえ、こちらからは分からない。
むしろ、良かったなら「良かった」とすぐに言ってくれるはずだよな、という邪推が働き
感想がないということはきっと悪かったのだろう、と思って落ち込んでしまう。
プラマイゼロではありえても、感想のないことがプラスのエネルギーになることはない。

勘違いしないで欲しいが、オレは別に「作品の受け手は作り手に感想を伝えるべきだ」と言っているのではない。
そもそも受け手にそんな義務はないし、正直な感想を伝えることで人間関係にトラブルが生じることもあるだろう。
何でもかんでも伝えればいいなどとはオレも思っていない。

今回オレの小説を読みたいと言ってくれた人は先輩や歳上の人が多かった。
関係も良好な相手ばかりだ。
きっと否定的な感想を抱き、それを正直に書けばオレが傷付くと考えた結果、何も伝えないことにしたのだと思う。
「それは優しさではない」などと分かったようなこと言うつもりはオレにはないし、その点に関してオレが言えることは何もない。

もし、結局読んでもらえなかったのだとすればそれは残念だが
それも結局、「読もう」と思えるような作品を作ることのできなかったオレの能力不足に尽きる。
送付してから数ヶ月経ってもまだ読む気にならないような作品しか作れなかったことを反省し、
それを次のもの作りに活かすのが、オレにできる唯一のことだ。

【今日のまとめ】
文章だけで表現するのは、いつまでも面白いが難しい。


というわけで。
  1. 2015/10/01(木) 20:46:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレは頭が悪く文章が下手で、それは客観的事実だ | ホーム | 「女は子供を産め」というのは、男の無駄な抵抗だ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1334-abe0fd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: