FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「ラリる」という言葉の語源をずっと勘違いしていた

飲酒やクスリで朦朧としている人間を「ラリっている」と表現することがある。
オレは、その「ラリる」の「ラリ」を、ずっと「ラリアット」の略だと思っていた。
今日、たまたまWikipediaで「ラリる」の頁を目にし、

もともとは的屋が使う隠語であったともいわれる。語源としてはいくつかの説があり、

・発音が不鮮明で何をしゃべってもラ行の音に聞こえることから
・「らり」が馬鹿者を示す隠語で、それを動詞化した
・「めちゃくちゃ」を意味する言葉「乱離骨灰(らりこっぱい)」を縮めて動詞化した

などが挙げられる。


という記述から、それが誤りであったと知ったのだ。

なぜ「ラリアット」の略だと思っていたのか。
これは記憶があり。
小学校の頃の友人が、フラフラになっている別のクラスメイトを見て
「ラリッてる。ラリアット状態だ」
と言ったからで、オレは「ラリる=ラリアットしている」だと思い込んで15年以上生きてきたのだ。
彼は別にオレを騙した訳ではないのだろうが。

もちろん、「ラリアット」がプロレス技の名前なのは知っている。
しかし、英単語に複数の意味があるのは普通のことだから、
オレはてっきり「酩酊する、朦朧とする」のような意味もあるのだと思っていた。
だが、いま「lariat」で調べて見ると、そこには「投げ縄」や「輪縄」という意味しかない。
完全な誤解だったのである。

もっとも、「ラリる」という言葉を日常生活で使うことはまずないし
使うとしても、「ラリる」を略さずに言うこともない(もちろん、本来はそんな語はないのだが)。
その結果、今日まで誤解を引きずることになったが、何の害もなかった。

おそらく、このような「無害な勘違い」はオレやそれ以外の人たちにも大量に存在し
そのほとんどの誤りに気付かぬまま一生を終えるのだろう。
それを口に出せば誰かが「それは違うよ」と訂正してくれるかもしれないが
人間が日常会話で使うボキャブラリーは案外そう多くはなく、きっとそんなことは稀だ。

誤解や無知は罪だと言われることもあるが
大半のそれは、罪になるどころか発覚されずに終わるのだろう。

【今日のまとめ】
先輩が間違ってても指摘しにくい。


というわけで。
  1. 2015/09/24(木) 19:31:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「結婚はコストパフォーマンスが悪い」と言う人がいる | ホーム | 裏庭の謎の木>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1327-09bd48e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: