FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

漏洩

ローのA教授が漏洩。
…お粗末様でした。

これはもちろん完全にアウトな行為だし、同情の余地もない
(はじめこの話を聞いた時、せいぜい論点を教えた程度だろうと思っていたが
実際に解かせて添削までしていたと聞いて椅子から転げ落ちた。
一番気の毒なのは隣で受けていた受験生である。
隣の人間が開始の合図と同時に答案をいきなり書き始め、さぞプレッシャーを受けただろう)。

とはいえ、「ロースクールの教授が考査委員として本試験の問題を作成し、かつ考査委員である間も講義を受け持つ」
というシステム自体にも問題はある。
今回のように完全にネタバレしてしまうケースは論外としても
自分で問題を作って、その結果「ここは絶対に出ない」と分かっている論点があるとして
そこを普段の講義で熱心に教えることができるだろうかという話だ。

むろん熱心に教えられる先生が多いのであろうが、それでも、ロボットではないのだから
同じ熱心でも、出るところと出ないところでやはり教え方に濃淡は出ると思うのである。

そのくらいは仕方ないだろう、と言われればその通りなのだが
考査委員の授業を受けられるロースクール生とそうでないロースクール生、
もっと言えば、ロースクールの講義自体を受けていない予備試験組という差がある以上
突き詰めるのであれば、この点はやはり排除すべきものであると思われる。

とはいえ、「考査委員の間は講義ができない」なんてことになれば誰も引き受けないだろうし
完全に実務家だけが作問に関わるシステムに切り替えるのも容易ではないだろう。
結局、誰もが納得のいくシステムになるのは無理強いでしかなく
いつものように「法曹養成制度自体の問題」というマクロな視点に問題がすり替えられて決着することになる。

今回は教えた側も教わった側もやり口があからさますぎただけであって
こういうケースはきっと以前にもあったし、今後もあるのだろうと思う。
上述のように「教え方の濃淡」でいえば、当事者がそれと気付かないうちに漏洩が行われたケースもあるだろう
(もっとも、それを「漏洩」と言っていいかどうかはわからないが)。

旧試験では漏洩などなかった、という意見も見受けられるが
旧試験の問題文を実際に見たことのある人であれば
たとえ漏洩したところで、「論点が的中した」程度にしか見られなかったであろうことが分かるはずだ。

いずれにしても、私は来年合格しないとそろそろまずいなと思うのであった。

【今日のまとめ】
どちらかと言うと出題趣旨を漏洩してほしい。


というわけで。
  1. 2015/09/10(木) 20:20:35|
  2. 法学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豪雨によるFP試験中止 | ホーム | 刃物クリーナー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1312-86500c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: