FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

多賀城跡

仙台に行っておきながら二郎と牛たんだけで終わってしまうというのも少し寂しいので
せめて史跡の一つでも行っておくことにした。
近場では仙台城と多賀城辺りが目ぼしいところだが
個人的には戦国時代より古代の方が好きなので、多賀城跡を覗いてみることに。

国府多賀城1
▲むすび丸。

仙台駅から東北本線で15分弱、国府多賀城駅で下車。
この駅は21世紀になってからできた新しい駅で、駅舎も綺麗。

駅を出ると多賀城跡への案内板があり、それに沿って数百メートル歩いていく。

国府多賀城3
▲この奥が政庁跡。

途中に歌枕の「つぼのいしぶみ(壺碑)」として有名な多賀城碑の置かれた丘があり
そこから見えるのが、政庁跡に続く長い路地の跡。
いかに多賀城が大きな施設だったかを感じさせる。

国府多賀城2

たどり着いた先には模型があり、かつてここにどんな建物が置かれていたかが分かるようになっている。
実際に復元されているのは基礎だけだが、下手に建物を復元するよりも想像力をかきたてられる。

国府多賀城5

国府多賀城4

まるでRPGの荒廃した村のような風景。
枯れ木や曇りの天候もあって、いいムードになっていた。

国府多賀城6

復元された土台はしっかり固められていて、自由に登ることができる。
上にも書いたが、建物をそれらしく復元するより、ここに立って「昔ここはどんな風だったんだろうか」と
想像力を働かせるほうがよほど楽しい気がする。

国府多賀城7

政庁跡側から国府多賀城駅方面を望む。
多賀城市もこの写真奥に当たる地域は津波による被害を受けたようで
検索すると恐ろしい動画が結構出てくる。
街そのものは復旧したが、その時住民が受けた恐怖はきっと今も忘れられてはいないだろう。

近代以降の派手な天守閣付きの城の史跡もいいが
こうしたもっとずっと昔の城を見るのも面白いものである。

【今日のまとめ】
日本史は古代で点を稼いでたタイプ。


というわけで。
  1. 2015/03/08(日) 22:54:16|
  2. 史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多賀城碑 | ホーム | 炭焼き牛たん おやま>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1126-bb833259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: