怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

若者の少ない街

先日、オレの住む古河市の市長選が行われた。
勝ったのは新人で、現職は一万票近い差で敗れた。
選挙は水物なので結果はなるようにしかならないし、誰が勝とうとメリット・デメリットはあるので、
結果に関しては正直言ってどうでもいい。

また、投票率は47パーセントあったらしく、ほとんど2人に1人が行っていると考えると、これは悪くない数字だと思う。
よく「選挙に行くのは年寄りばかり」などと言うが、
オレの祖父や祖母のように、脚が悪い上にホームに入っているような老人の多くはとても選挙になど行けない。
仮にそうした人間を母数から除けば、投票率は50パーセントを優に超えているだろう。

オレが気になったのは、この街の若者の少なさだ。
古河市の人口は14万8千人ほどだが、市長選の有権者数は約12万人だった。
有権者は18歳以上の人間なので、この市には、18歳未満の人間が3万人もいないということになる。
県や関東の他都県、もしくは日本全体の比率がどうなのかは知らないが、これはおそらくかなり低いだろう。

若者が投票に行く行かない以前に、
そもそも若者の数が少なければ、そうした世代への支援や投資が消極的になるのは当然のことだ。
そのような街からは当然若者は出ていくので、新たに若者が生まれることもなくなり悪循環に陥っていく。
それはとても緩やかとはいえないスピードでの衰退を招くだろう。
オレはこの街が嫌いではないし、現実的に考えてこの街から出ることも難しいから、当面はこの古河で過ごすことになる。
衰退から街を救う方法は単純で、若者を増やすしかないのだが、
それはもはや奇跡を望むようなものだ。

【今日のまとめ】
かといって、街のために結婚したいとも思わない。

というわけで。
  1. 2016/11/30(水) 22:44:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: