怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「マドラグ」の玉子サンド

昨日は都内で予定があったので、神楽坂の「la kagu」を訪れ、
その中に入っている「マドラグ」で「コロナの玉子サンド」を注文した。
店内は連休中ということもあり混んでおり、待ちが出来ていたので、テイクアウトして近隣の公園のベンチで食べた。

171105玉子サンド1

171105玉子サンド2
▲玉子サンド(950円+税)。

知っている人は写真を見ればわかるのだと思うが、京都の「マドラグ」と「ガボール」で出している玉子サンドと基本的に同じものだ。
オレは現役時代を知らないが、京都の「コロナ」という喫茶店の玉子サンドを受け継いだものらしい。
先日京都を訪れた際に四条烏丸の「マドラグ」に立ち寄ったのだが90分待ちで食べられず(あちらの店舗ではテイクアウトもできない)、あえなく諦めた。
そのためいつか神楽坂のほうでリベンジしようと考えていたのだが、ものの数日でそれが叶った。

見ればわかる通り、玉子の部分だけで5センチメートル近くある分厚さが特徴だ。
食感はやや硬めを想像していたのだが、玉子はかなりゆる目になっていて、パンの柔らかさも相まってふわふわしている。
うまく食べられないかと思ったが案外そうでもなく、ほとんど手を汚すことなく食べられた。

パンの片面にはデミグラスソースのような甘辛いソースが塗ってあり、うまく片側ずつ食べることで味の変化も楽しめる。
もっとも、分厚さゆえにそうした食べ方をすると崩れやすくなって難しいかもしれない。

一人で食べられる量だが、玉子サンドとしては多いので、二人くらいで食べるのに適しているように思われた。
実際、手拭きが二つ付いていた。
洒落た箱に入っているので、近場でその日に食べるのであれば手土産にも良さそうだ。

IMG_4201.jpg
▲9日まで毎日増える模様。

この日はこの玉子サンドを食べる前にさいたま新都心で映画を観て、
玉子サンドを食べた後は池袋西武で「志村貴子原画展」を見て、その後渋谷でAPOGEEのライブを鑑賞するという、
オレにしてはやけに文化的な一日だった。
柄ではないが、たまにはこういう日も悪くはない。

【今日のまとめ】
東京の地下鉄は京都より汚いイメージ。


というわけで。
  1. 2017/11/05(日) 20:45:29|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピネライス

今回の京都行きにおいて、食べたかったものがラーメン二郎京都店のほかにもう一つあった。
それは第一旭や新福菜館のラーメンではなく、「ピネライス」だ。
たまたまTwitterに流れてきたことでその存在を知ったのだが、オレが無知だっただけで、京都ではかなり有名なメニューらしい。

ピネライスは「キッチンゴン」という洋食店が出しているワンプレートの洋食で、
チャーハンの上にトンカツやカレーなどの様々なトッピングが乗ったものだ。
「キッチンゴン」の本店は西陣にあるそうだが、今回はアクセスのいい、京都駅ビルの11階にある店舗に行った。
昼時ではあったが、既に雨が本降りだったこともあってか、カウンター席は空いていてすぐに座ることができた。

メニューを見ると、なんとピネライスだけで10種類ほどある。
事前に調べて知っていたチャーハン+トンカツ+カレーのピネライスをはじめ、
牛カツが乗ったもの、エビフライが乗ったもの、卵が乗ってオムライス状になったものなど、あまりの種類の豊富さに驚いた。
ベーシックなピネライスを食べようとも考えたのだが、ちょうど肉を食べたい気分だったので、
メニューの一番上にあった「テキピネライス」を注文することにした。

先に出てきたサラダと味噌汁を食べながら待っていると、それほど時間はかからずに提供された。

171021テキピネライス
▲テキピネライス(1580円)。


鉄板の上にチャーハンが乗り、そしてその上にカットステーキが乗った豪快な見た目だ。
チャーハンとステーキが同時に食べられる、まさに夢のようなメニューである。
ゴボウチップとガーリックチップの黄色が見た目のアクセントにもなっていて美しい。

チャーハンとステーキは味が濃くて食べ合わせが悪いのではないかと不安になったが、
そこも計算されているのだろう、チャーハンは比較的薄味に炒められているように感じた。
その分玉子の味がしっかり効いていて、このチャーハンだけでもうまい。
そして、ミディアムレアのカットステーキは薄切りながら食べごたえたっぷりで、「肉を食べたい」という欲を存分に満たしてくれる。
ゴボウチップとガーリックチップは食感においてもアクセントになり、甘めのステーキソースに対するいい舌休めにもなった。

京都に来るとどうしてもラーメンを食べてしまうのがこれまでのオレの常だったが、
こんなに素晴らしい洋食があると知ってしまった以上、今後は悩ましい選択を強いられることになりそうだ。

【今日のまとめ】
エスカレーターで大階段を11階まで上がるのは辛かった。


というわけで。
  1. 2017/10/25(水) 23:30:20|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーキョーパラダイス




上記のPOPEYEコラボのTIMEXキャンパーを買いに原宿に行った帰り、秋葉原に立ち寄った。
久々に「トーキョーパラダイス」のカレーを食べるためだ。
雑誌のカレー特集を読んでいたら、うまいカレーを食べたくなってしまったのだった
(トーキョーパラダイスはその雑誌には載っていなかったが)。

12時頃の入店で、その時は空いていたが、食べている途中で続々と客が入店し、オレの席も相席となった。
前回は少し遅く行き、オレの番でちょうどカレーが切れて終了となっていたが、相変わらず盛況のようだ。

170728トーキョーパラダイス
▲ビーフドライ(800円)。

注文は例によってビーフドライ。
周囲の人々は、ポークカレーやドライカレー単品、
ビーフチキンをルウ多めでご飯少なめなど、それぞれの好みに併せたメニューを注文していた。
だが、オレはやはりビーフドライが食べたいのである。

きわめてスパイシーなドライカレーと、たくさんの野菜が溶け込んだ甘口のビーフカレーの相性は抜群だ。
ポークやチキンとドライカレーの組み合わせも試したことがあるが、やはりビーフが最も合う。
福神漬けをたっぷり乗せ、絶妙なパサつき具合のライスとカレーを一緒に口に運ぶ。
ボリュームがあるので、そのスパイス感ゆえに一気に食べると胃に来るが、
お客さんが詰まってしまうので急いで食べる。
周辺はオフィス街であり、昼休みのサラリーマンやOLの邪魔をするわけにはいかない。
きれいに完食して料金を払い、むせ返るような暑さの街に戻った。

人気店でありながらあまりSNSなどに情報が載らないため、こうして自ら定期的に食べに行き確認するのだが、
相変わらずのうまさで安心した。
あと何度このカレーを食べられるだろうか。
そう考えると、「そのうちまた」などとは言っていられない。

【今日のまとめ】
チキンカレーもそろそろ食べたい。


というわけで。
  1. 2017/07/28(金) 18:14:16|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガシウマイ弁当

メガシウマイ弁当1
▲メガシウマイ弁当(1250円)。

シウマイ弁当ではなく、「メガ」シウマイ弁当である。
東京駅の売店で一個だけ残っていたものを何とか購入した。

崎陽軒のお弁当|メガシウマイ弁当 (期間限定)

上記リンクにある通り、崎陽軒横浜工場の弁当生産ライン新設を記念した限定弁当である。
東京駅で販売されている通常のシウマイ弁当はボール紙とビニール包装だが、
このメガシウマイ弁当は包み紙に紐という神奈川県内と同様のスタイルだ。

メガシウマイ弁当2

具の種類はシウマイ弁当と同じで、俵型のご飯やシウマイの大きさも同じだが、個数が多い。
だが、マグロの照り焼きは1.5倍の大きさになり、卵焼きは2倍の厚みになっている。
唐揚げが2個入っていたり、そのほかの具も通常のシウマイ弁当より増量されている。
食べきれなかったらどうしようかと思ったが、そんなことはなく最後まで飽きずに完食できた。
そこは流石の崎陽軒であって、単に悪ノリでふざけただけのメニューは出してこない。

オレはシウマイ弁当が大好きだが、その一方でシウマイ弁当を食べると決まって胸焼けする。
通常のシウマイ弁当でさえそうなのだから、メガとなれば相当なことになるだろうと危惧していたのだが、案外大丈夫だ。
もしかすると、ご飯が多い分、塩分が中和されているのかもしれない。

限定メニューなのがいささか惜しい優秀な弁当である。
とはいえ、味そのものは通常のシウマイ弁当と同じなので、一度食べれば充分という気もする。
やはり、いつものあのちょうどいいコンパクト感こそが、シウマイ弁当の美徳なのかもしれないとも思うところだ。

【今日のまとめ】
と書いている最中に胸焼けしてきた。


というわけで。
  1. 2017/07/09(日) 23:32:47|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーキョーパラダイス

IMG_2870.jpg

都内で用事があったので、秋葉原に寄って東京アニメセンターで「ポッピンQ」展を見た。
作画クオリティの高さが話題になった作品だけあり、複製原画の展示は見ごたえがあった。
そういえば、本編ラストで示唆された続編の存在は結局どうなったのだろう。

その帰り、トーキョーパラダイスに寄った。
12時45分頃の入店だったが、団体の客が多く混んでいて、
空席はあったがまだ片付けも済んでおらず、店主はとにかく忙しそうな様子。
チキンカレーがいつにも増して人気だったようで、オレが注文するときには売り切れてしまっていた。

そして、ライスも無くなったのだろうか、ちょうどオレで終了となり、オレの後に来た客は断られていたのだった。
もう少し来るのが遅かったら食べられなかったので間一髪だが、
いつも盛況とはいえ、トーキョーパラダイスでここまでの状況に出くわすのは初めてである。
人気なのは嬉しいが、何かのメディアに取り上げられでもしたのだろうか。

IMG_2876.jpg
▲ビーフドライ(800円)。

しかしカレーはいつもと変わらない最高の味。
こってりしすぎの感もあるがそれがたまらないドライカレーと、肉がたっぷりのビーフカレーの相性は抜群。
水気の少ない絶妙な炊き具合のライスも、カレーライスとしてのクオリティを高めている。

普段は13時過ぎに来て空いた店でゆっくり食べるのだが、今回はたまたま早く来て正解だった。
こういう運の良さは嬉しいものだ。

【今日のまとめ】
スーツで訪れたのは初めてかもしれない。


というわけで。
  1. 2017/05/24(水) 23:23:01|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: