FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

トーキョーパラダイス

先日、久々に半休を取ったので、
昼食に秋葉原の「トーキョーパラダイス」に行った。
ここは平日の昼にしか開いていないので、こういう時にしか行けないのだ。

13時前の到着で空席があり、すぐに着席できたが、客足は絶えなかった。
これが12時過ぎだと入れないこともあるので、人気の高さをうかがわせる。

おなじみの店主が水を持ってきてくれたタイミングで、もちろん「ビーフドライ」を注文。
相変わらずの速さで提供された。

190315トーキョーパラダイス
▲ビーフドライ(800円)。

このインパクトある見た目は、オレが学生のころからまったく変わらない。
心なしかビーフカレーがいつもより薄味だった気もするが、うまさは変わらないので意図的な変化かもしれない。
ボリュームのある量を一気に平らげ、軽く汗ばみながら店を出た。

初めて行ったのは大学生の頃だった。
その後、大学院生時代、無職時代、そして現在進行形のサラリーマン時代と、
頻度こそ減ったが、ずっとこの「トーキョーパラダイス」に通い続けている。
一時休業してしまったこともあったが、ずっと変わらぬ味を提供し続けてくれている。
間違いなく、オレが一番好きなカレーライス屋だ。

今後も、少ないチャンスを狙って積極的に通い続けたいと思っている。

【今日のまとめ】
神田和泉町のあの街並みが落ち着く。


というわけで。
  1. 2019/03/16(土) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルプスのわさび巻

きのう、久々に新宿の「アルプス」という居酒屋に行った。
元は数人で別の店で食事をする予定だったが、金曜の夜ということもあってか満席で入れず、
他のめぼしい店も軒並み混雑していた。
そのため、かつてよく行った「アルプス」に行ってみたところ、空いていたのでそのまま入ったのだ。

注文がタッチパネル式に変わっていた以外は、店内はほとんど変わっていない。
ビールやハイボールがやたらと安いのも、10年近く前と同じだ。

塩昆布ポップコーンやスタミナうずらはメニューになかったが、わさび巻は健在だった。
安いが味はまともなハイボールを飲みながら待っていると、おなじみの小さな巻き寿司が現れた。

緑色のきれいなそれを口に放り込み、噛む。
数秒すると、わさびの強烈な風味と刺激が粘膜を襲う。
そして、涙がとめどなく溢れる。

人によっては罰ゲームとしか感じないような食べ物で、実際、食べた直後は「もういい」と思うのだが、
なぜだか、すぐにもう一つ食べたくなってしまう中毒性がある。
酒に合うというのもあるが、それだけではない不思議な魅力だ。

学生の頃に一番行った居酒屋は、おそらくこの「アルプス」だろう。
サークルの先輩とここで夕方から飲み、深夜にその先輩の家まで歩いて泊めてもらったことが何度もある。
そんな思い出の場所で、スーツを着てまたわさび巻を食べることができたのは、感慨深い。

【今日のまとめ】
家で塩昆布ポップコーンを自作した思い出。

というわけで。
  1. 2019/02/02(土) 23:27:13|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち食いそばを食べる

最近、昼食に立ち食いそばを食べている。

今さら何を言っているんだと言われそうだが、
オレの職場の大崎駅周辺には、立ち食いそば店が全くと言っていいほど存在しないのである。
讃岐うどんの店は駅にあり、味は悪くないのだが、食べすぎて飽きてしまった。

そのため、五反田駅まで行き、
駅前の「後楽そば」でそばを食べることが増えた。
一駅だけの移動だが、定期券で降りられるし、電車に乗ることはいい気分転換にもなる。

「後楽そば」は焼きそばが有名で、もちろんうまいのだが、
何しろ立ち食いそば店なので、そばも当然ながらうまい。
先日食べたコロッケそばなどは、
コロッケがそばのつゆに溶けないよう、衣がとにかく頑丈に作られている。
その頑丈な衣の食感がたまらない。

また、たまに反対側の品川駅に行き、ホームにある「品川丼」を食べることもある。
品川丼は、ご飯の上にチープなかき揚げの乗ったジャンクフードだ。
脂っこく胃もたれするが、何とも言えない魅力がある。
セットで付いてくる異様に熱いスープもいい。
もっとも、品川駅は定期で降りられないので、
いったん五反田まで戻って改札を出て、
また改札に入って大崎に戻る必要があるのが少々面倒だ。

昼食はルーティンワークの中での数少ない楽しみである。
そこにコンテンツ性を見出せるか否かで、出勤するモチベーションも変わってくるというものだ。

【今日のまとめ】
500円台までが嬉しい。


というわけで。
  1. 2019/01/31(木) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みぼうじんカレー

先日、虎ノ門に仕事で用事があり、
その帰りに、ニュー新橋ビルの3階にある、
以前から行ってみたかったカレー店「みぼうじんカレー」に立ち寄った。

昭和の建築らしく天井の低いフロアには、マッサージ店や飲み屋などが点在する。
店の並びに統一感がなく、そのカオスさもまた魅力を醸し出している。

エスカレーターを降りて少し奥に入ったところに、「みぼうじんカレー」はある。
カフェのような落ち着いた照明の店内は、13時過ぎということもあり空いており、すぐにカウンターに着席した。
スタッフは3人の女性で、みんなきれいな人だ。
もしかすると、それを目当てに訪れている人も多いのかもしれない。

オレは「ビーフ野菜炒めカレー」を注文した。
水とともに淡路島産タマネギのピクルスがまず出され、それを食べて待つ。
シャキシャキした歯応えが実にうまい。
店員の一人が野菜を炒め、いい音が耳に入ってくる。
数分待つと、きれいに盛り付けられたカレーが提供された。

image1 (6)
▲ビーフ野菜炒めカレー(1000円)。

ハヤシライスのような黒みがかったカレーとターメリックライスの間に、カレー粉で炒められた野菜がたっぷり乗っている。
カレーはなかなかにスパイシーで、程よく汗ばむ。
ビーフは柔らかく、野菜炒めのシャキシャキ感とうまい具合に融合している。
よい意味でパサついたライスはカレーにぴったりで、量は少なめだが野菜があるぶんちょうどいい。

野菜をたっぷり摂れるおいしいカレーを大満足で平らげ、1000円を置いて退店した。
きれいな女性店員を前にカウンターで食べるのはなんだか少し緊張したが、
本格的な欧風カレーを野菜炒めとともに食べられるのはうれしい。
平日昼間の新橋にはなかなか来られないが、
次に訪れることがあればぜひ再び立ち寄りたい店だ。

【今日のまとめ】
ラーメン虎ノ門店とで迷った。


というわけで。
  1. 2019/01/25(金) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いづみやのもつ煮込み定食

先日の金曜、さいたま新都心で「ラブライブ!サンシャイン!!」の劇場版を観る前に大宮に立ち寄り、
おなじみの「いづみや 第二支店」に入った。
個人的には隣の本店よりもこの第二支店のほうが雰囲気が落ち着いていて好みである。

190104いづみや1
▲もつ煮込み定食(650円)。

今回はつまみでなく、初めて定食を頼んでみた。
もつ煮込み自体は毎回頼むが、定食で食べてみるとどうなのか、ずっと気になっていたのである。
ご飯と味噌汁、漬物と昆布の佃煮、冷奴にふりかけと盛りだくさんだ。

190104いづみや2

煮込みは単品で頼むよりもはるかに量が多い。
これだけのセット内容で650円はお得だ。
結局、今回は食事だけのつもりだったが、何だかんだで酎ハイ(350円)も注文してしまった。
しかし、これでぴったり1000円である。

正直、煮込みなしの定食部分だけでも充分ご飯が進む。
そこに煮込みがあるのだから、満足いかないわけがない。
甘さよりも塩辛さに振れたいづみやの名代もつ煮込みは、ふりかけをかけたご飯との相性が抜群だ。
完食後の満足感はこの上ないものだった。

この定食セットはそれだけでも350円で注文できるので、
店内に定食としてメニューが貼られていないものとも組み合わせられる。
たとえばハムカツと合わせることも可能なので、次回は試してみたい。

冒頭に「雰囲気が落ち着いている」と書いた第二支店だが、
この日はいわゆるクレーマーのような客が騒いでおり、やや険悪なムードだった。
しかし、店員こそその客をあしらっていたが、
オレも含めた他の客はそれにまったく動じずに、各々の飲食を楽しんでいた。

もちろんクレーマーはいないほうが嬉しいのだが、
そういう「ここではそんなこと日常茶飯事だ」というムードも含めていづみやの魅力であることも、また確かなのである。

【今日のまとめ】
おそらくあのクレーマーは出禁。


というわけで。
  1. 2019/01/06(日) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: