FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

富士そばのタピオカ丼

新宿は三光町の富士そばで、いくら風タピオカ丼を食べた。
インターネットで話題のメニューだが、この富士そばでしか提供していない。
富士そばは各店舗に与えられた裁量が大きいことで知られるが、これもその一例だ。

IMG_2883.jpg

IMG_2885.jpg

見た目はほとんどいくら丼だが、いくらと違い中心に赤い丸がない。

いざ食べてみると、これが非常にうまいので驚いた。
食感はいくらのプチプチ感とは違い、またミルクティーのタピオカのようなもちもち感もない独特の食感だが、決して不快ではない。

味付けにはそばつゆを使っているというが、そのうまみはいくら醤油漬けに肉薄する。
むしろ、いくらの生臭さがないぶん、このタピオカのほうが好きという人も少なくないのではないだろうか。
これは決していくらの代用品ではない、一つの立派な食べ物だ。

今回はそばとミニ丼のセットで注文したが、
これなら、タピオカ丼単体で食べても充分に満足できそうだ。

早ければ今月末で終了してしまうという話も聞いたが、
単なる流行りものではないうまさを感じる。
ぜひ長く提供されてほしいし、他の店舗でも展開してほしい逸品だ。

【今日のまとめ】
タピット。


というわけで。
  1. 2019/08/23(金) 19:52:16|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々のカロリー焼き

先日、久々に御茶ノ水で降りた。
時刻は14時過ぎだったが、まだ昼食を食べていなかったので、
駅前の小諸そばに行ったが、閉まっていた。
盆の連休なので、飲食店は開いていないところが多い。

途方に暮れていると、目に止まったのが駅前の「キッチンカロリー」だった。
もう一軒あるキッチンカロリーにはロースクール生のころにお世話になったので、その味はよく知っている。
あのころより胃腸は弱くなったが、たまにはがっつり系も悪くないかと思い入店した。

IMG_2779.jpg

昔ながらの喫茶店のような狭くレトロな店内で出されるカロリー焼き。
オレは、カニクリームコロッケが乗ったものを注文した。
ほかにも、ハンバーグや唐揚げなどいろいろなトッピングがあるが、オレはこれが一番好きだ。

少し筋張っているが食べやすい甘めの味付けの肉は、ライスによく合う。
学生街の食べ物は、基本的にライスを大量に食べるための味付けだ。
クリームコロッケは非常に熱いので、フォークで割り、よく冷まさないと口内をやけどする。
ロースクールの講義の内容はほとんど忘れたが、そういうことはいまだに覚えているものだ。

はねた脂でべたついたスマートフォンの画面を眺めながら、オレは店を後にした。
御茶ノ水の駅は少し変わったが、街の様子はあまり変わらない。

【今日のまとめ】
昼食は9割が小諸そばだったが。

というわけで。
  1. 2019/08/16(金) 22:12:26|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椿華亭 目黒権之助坂店

日曜、中目黒の美容室で髪を切ってもらった帰り、
ラーメン二郎目黒店へと歩いた。
すると、日曜ということもあるのか、
14時前とは思えない長蛇の列ができていたので断念した。
二郎は食べたかったが、きょうはそこまでのモードではない。

さて代わりに何を食べようものかと考えながら、JR目黒駅の方向へと歩いていく。
すると、権之助坂の手前のアーケードに、ラーメンと餃子がメインの中華屋を見つけた。
店外に出ているメニューの垂れ幕を見ると、
「マウンテンチキンカツカリー」といういかにもガッツリ系のメニューがある。
これを注文すべく入店した。

店はオレ以外に客がなく、準備中かと心配したが営業していた。
着席し、すぐにマウンテンチキンカツカリーの並盛りを注文する。

先に玉子入りの中華スープが提供され、
それからしばらくしてカレーが提供された。

190707椿華亭
▲マウンテンチキンカツカリー・並(950円)。

並盛りでこれかという、インパクト絶大なカレーだ。
マウンテンの名のごとく、ささみのチキンカツが6切れ、山盛りになっている。
その下にはライスがあるが、並盛りにしてはいささか多い量だ。
カレーソースは松屋のようなシャバシャバ系で、スパイシーな香りが漂う。

チキンカツはすべてささみでボリューム感があり、これだけで満腹になる量だ。
そこに大盛り(あくまで「並盛り」なのだが)のライス、
そして松屋よりもずっと辛いカレー
(イメージとしては、そんなものはないが、松屋のカレーをプラス2辛くらいした感じ)
が組み合わさるので、すっかり胃が痛めつけられた。
しかし、味のほうはなかなか上等で文句なく、これは「当たり」である。

二郎は食べられなかったが、二郎同様の満腹感に満たされ、オレは権之助坂を登り駅に向かった。
こんな偶然の出会いも、たまには悪くない。

【今日のまとめ】
特盛はライスが1.5キロあるらしい。


というわけで。
  1. 2019/07/09(火) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロンズ

190413ブロンズ1

ひたちなかの後、そのまま車を走らせ大洗に向かった。
磯前神社や商店街を巡ったあと、
おなじみの「ブロンズ」に立ち寄ると、空いている様子だったのでそのまま入店した。
17時頃の入店で、オレが入ったタイミングではほかに客はいなかったが、その後続々と入ってきた。

190413ブロンズ3
▲鉄板ナポリタン(1250円・ドリンク付)。

190413ブロンズ2

看板メニューの鉄板ナポリタンは相変わらず熱く、そして味が濃く、量が多い。
徒歩移動が多くなる大洗の巡礼においては、この味の濃さとボリュームは本当にありがたい。

磯前神社の蛙
▲巡礼者にはおなじみの蛙。

大洗の鳥居

この日の大洗は比較的風が少なく、「天気晴朗かつ波もなし」という感じだった。
磯前神社の一の鳥居も、いつもより穏やかな様子で観光客を迎えていた。

大洗からの帰り道で決まって思うのが、「大洗に行きたい」ということだ。
いつ来ても、どんなときに来ても楽しいのが、この大洗という街だ。
秋のあんこう祭の前に、あと何度か訪れたいものである。

【今日のまとめ】
もちろん岩には登っていない。

というわけで。
  1. 2019/04/15(月) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原カリガリ

土曜の夜、「秋葉原カリガリ」に行った。
訪れるのはまだ二度目で、夜は初めてだ。
18時過ぎの入店で客はいなかったが、その後すぐに数組入ってきた。

190407秋葉原カリガリ
▲バカ竜田カレー(1274円)。

今回は「バカ竜田カレー」を注文。
バカ竜田の「バカ」というのは量のことのようだが、なるほどたっぷりと乗っている。
前回食べたカレーにも竜田をトッピングしたが、その倍はある。
カレーは「カリガリカレー」と「インドカレー」が選べ、今回は後者にした。

辛さは控えめだが、濃厚でライスが進むタイプだ。
ガッツリ系というよりは上品系なのだが、それでいてどこかパンチが効いているのが不思議だ。
竜田はそれほどサクサク感はないものの、脂分が少なめでヘルシーな印象。
比較的薄味なので濃厚なカレーとの相性がよく、マストなトッピングのように思われる。
今回は注文しなかったもののメニューには酒類も充実しているので、
この竜田を酒のアテにするのもいいのかもしれない。

カレーがうまく、店員もかわいく、PayPayも使える。
土曜の夜でいつもこのくらい入りやすいのであれば、今後も訪れることは多そうだ。

【今日のまとめ】
東和酒場にも近い。


というわけで。
  1. 2019/04/08(月) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: