FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ブロンズ

190413ブロンズ1

ひたちなかの後、そのまま車を走らせ大洗に向かった。
磯前神社や商店街を巡ったあと、
おなじみの「ブロンズ」に立ち寄ると、空いている様子だったのでそのまま入店した。
17時頃の入店で、オレが入ったタイミングではほかに客はいなかったが、その後続々と入ってきた。

190413ブロンズ3
▲鉄板ナポリタン(1250円・ドリンク付)。

190413ブロンズ2

看板メニューの鉄板ナポリタンは相変わらず熱く、そして味が濃く、量が多い。
徒歩移動が多くなる大洗の巡礼においては、この味の濃さとボリュームは本当にありがたい。

磯前神社の蛙
▲巡礼者にはおなじみの蛙。

大洗の鳥居

この日の大洗は比較的風が少なく、「天気晴朗かつ波もなし」という感じだった。
磯前神社の一の鳥居も、いつもより穏やかな様子で観光客を迎えていた。

大洗からの帰り道で決まって思うのが、「大洗に行きたい」ということだ。
いつ来ても、どんなときに来ても楽しいのが、この大洗という街だ。
秋のあんこう祭の前に、あと何度か訪れたいものである。

【今日のまとめ】
もちろん岩には登っていない。

というわけで。
  1. 2019/04/15(月) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原カリガリ

土曜の夜、「秋葉原カリガリ」に行った。
訪れるのはまだ二度目で、夜は初めてだ。
18時過ぎの入店で客はいなかったが、その後すぐに数組入ってきた。

190407秋葉原カリガリ
▲バカ竜田カレー(1274円)。

今回は「バカ竜田カレー」を注文。
バカ竜田の「バカ」というのは量のことのようだが、なるほどたっぷりと乗っている。
前回食べたカレーにも竜田をトッピングしたが、その倍はある。
カレーは「カリガリカレー」と「インドカレー」が選べ、今回は後者にした。

辛さは控えめだが、濃厚でライスが進むタイプだ。
ガッツリ系というよりは上品系なのだが、それでいてどこかパンチが効いているのが不思議だ。
竜田はそれほどサクサク感はないものの、脂分が少なめでヘルシーな印象。
比較的薄味なので濃厚なカレーとの相性がよく、マストなトッピングのように思われる。
今回は注文しなかったもののメニューには酒類も充実しているので、
この竜田を酒のアテにするのもいいのかもしれない。

カレーがうまく、店員もかわいく、PayPayも使える。
土曜の夜でいつもこのくらい入りやすいのであれば、今後も訪れることは多そうだ。

【今日のまとめ】
東和酒場にも近い。


というわけで。
  1. 2019/04/08(月) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜の昼食はカレー

今週の金曜日も、昼食にカレーを食べた。
金曜の昼食はカレーと決めているからだ。
別に海上自衛隊を意識しているということもなく、
単に、きょう一日頑張れば休みだという開放感から、少しぜいたくがしたくなるのだ。


オレはたいてい、大崎のアヒリヤというカレー屋に行く。
カレー2種とサラダとタンドリーチキンのセットで990円。
ナンかライスのおかわりが自由だ。
オレはきまってナンをおかわりし2枚食べるが、非常に満腹になり、午後の仕事は眠い。

店の怪しげな雰囲気もいい。
店員がインド人なのはインドカレー屋としては普通だが、
ひとりで行くと、毎回狭いテーブル席に無理やり押し込まれる。
2人掛けの席を1人で使わせてくれるようなことはまず期待できない。
こういうところに、日本的なサービスとの違いの片鱗が感じられて、かえって心地いい。

ランチのカレーは3種類あり、オレの頼む990円のセットではそこから2種を選ぶ。
毎回メニューは違うが、必ずバターチキンマサラカレーがあり、それが非常にうまい。
かなり甘口で日本人向けに調味されたカレーだが、その中に見え隠れするスパイシーさがたまらない。
また、中に入っているチキンが、なんだか缶詰の焼き鳥のような食感で、そのチープさがいいのだ。

他のカレーもうまいのだが、
オレはこのバターチキンマサラカレー目当てで毎週ここに来ていると言っても過言ではない。

精神の無駄な消耗を避けるためにも、この金曜のカレーがオレには欠かせない。

【今日のまとめ】
ほうれん草のカレーもいい。

というわけで。
  1. 2019/04/06(土) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いくらは好きだが筋子は苦手だ

オレはいくらが好きだ。
オレが魚介類が苦手だということはこのブログを長く読んでくれている人には周知の事実だが、
なぜか、いくらと鰻だけは昔から大好きだった。
最近はマグロをはじめ、魚もある程度食べられるようになってきたが、
いまだに一番好きなのはいくらである。

他方で、オレは筋子が苦手だ。
ほとんど食べたことがないので食わず嫌いの可能性もあるが、いずれにせよ苦手だ。
いくらと違い、どうにも生臭いのである。




先日、Twitterで聞いてみたが、
やはりオレと同じで「いくらは好きだが筋子は苦手だ」という人は一定数いる。
他方で、「いくらは嫌いだが筋子は苦手だ」という人はごく少数である。
これはおそらく簡単な理屈で、筋子のほうが生臭いので、
生臭いほうが好きなら生臭くないほうも食べられる(好きだ)ということなのだろう。

筋子をばらしたものがいくらだが、
いくらは基本的に塩漬けや醤油漬けで提供される。
そのため、生臭さが軽減されるので、オレのような人間でも好むのだ。
オレはいくら以外の魚卵は軒並み食べられない。
数の子もうにもキャビアもどれもだめで、それは生臭いからだ。

逆に言えば、生臭ささえ好きになれれば、オレは好き嫌いがほとんどなくなるということになる。
オレは今年で30歳になるが、そろそろ味覚の劇的な変化が訪れるのだろうか。

【今日のまとめ】
いくら丼が食べたくなってきた。


というわけで。
  1. 2019/03/31(日) 21:09:26|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーキョーパラダイス

金曜、地元の市役所に用事があり午後休を取ったので、
地元に帰る前に秋葉原の「トーキョーパラダイス」に立ち寄った。

12時40分過ぎの到着で空席があり、すぐに着席。
店主が水を持ってきてくれたタイミングで注文をし、相変わらずスピーディーな提供。

190329トーキョーパラダイス
▲ポークドライ(750円)。

今回はポークドライ。
ポークカレーはビーフカレー同様甘めの味で、柔らかい豚肉がとにかく美味しい。
完全にカレーライスとしての役割に振り切ったカレーで、ライスとの相性は最高だ。

いままで一度も頼まなかったことがないドライカレーは相変わらず濃厚だ。
キーマカレー風の見た目だが、味付けはかなり濃い目のガッツリ系。
これもまたライスとの相性だけを考えて調味されているとしか思えない。

福神漬をたっぷり盛り付け、大満足で完食。

オレの初年度の労働はこの金曜日で終わった。
オレは10月入社だったので有給は5日のみで、そのうち3日を忌引で使ってしまった
(試用期間のため公休が使えなかった)のでほとんど休みは取れなかったが、来年度は10日分ある。
午後休を取ればちょうどいい時間帯にトーキョーパラダイスに行けることがわかったので、
来年度は積極的に狙っていきたいところだ。

【今日のまとめ】
半休からのサウナも狙いたい。

というわけで。
  1. 2019/03/30(土) 20:00:00|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: