FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ザ・グランドスパ南大門

先週末は、2日続けてサウナに泊まった。
それぞれ大阪と宇都宮という、普段のオレならまずない移動距離での連泊である。

宇都宮にはGRAPEVINEのライブの後にもともと泊まる予定だったが、
大阪のほうは、友人が亡くなったため急遽行くことになったため、このような強行軍となったのだった。

今回は、2日とも、サウナ後にそのままサウナの館内で飲んだ。
大阪でそうしたことは先日のエントリにも書いたが、
宇都宮で泊まった「ザ・グランドスパ南大門」でも、同様に館内で飲んだ。
この「南大門」、館内に焼肉店があるのである。

サウナ後に館内から出ず、まだ身体の熱気も冷めやらぬまま食べる焼肉は最高だ。
価格も手頃な割に肉は悪くなく、満足いく内容だった。

サウナに入り、焼肉を食べ、眠る。
これが一度も外に出ることなくできてしまうというのはすごいことだ。

この「南大門」、フェイスタオルが一枚しかもらえない以外は完璧なサウナである。
宇都宮という立地ゆえ行きづらい人も多いだろうが、ぜひ一度訪れてほしい場所だ。

【今日のまとめ】
レモンサワーがいい。


というわけで。
  1. 2019/06/24(月) 13:08:26|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019春の旅⑥(神戸サウナ&スパ)

190430神戸サウナ改元

平成31年4月30日、23時半を過ぎた。
宿泊している神戸サウナ&スパの浴場へと向かうと、既にたくさんの人で賑わっている。
改元イベントのためだ。
メディアの取材も数多く駆けつけ、テレビカメラを抱えたスタッフが待ち構えている。

身体を洗い、サウナ室で平成最後のロウリュを終えて露天風呂の近くに集まる。
支配人のあいさつが始まり、生田神社の神主が現れた。
祈祷が行われ、居合わせた全員がお祓いを受けたあと、みんなでカウントダウン。
「弥栄!」の掛け声とともに時代は令和に移り変わり、頭上から「令和」の垂れ幕が下りてきた
(実はこの垂れ幕、一度目はうまく下りず、各種メディアに乗っている写真は仕切り直し後のものである)。

升酒が振る舞われた。
サウナでの飲酒は厳禁のはずだが、おめでたい席だ。
神主さんもいることだし、飲まなければ罰当たりなので、おかわりしつつ神戸の地酒を楽しむ。

そして、サウナでは令和最初のロウリュだ。
サウナ内でテレビ局のインタビューが行われ、客はともかくテレビスタッフや機材が心配になるが、滞りなく終わった。

ヴィヒタで背中を打たれてから脱衣所に戻ると、そこには赤飯のサービスがあった。
サウナで酒を飲み、赤飯まで食べられる日が来るとは思わなかった。
オレはこの改元イベントの存在すら知らなかったので、サプライズの幸福である。



オレが写っているニュース映像もあったが、ノーコメントだ。

めでたい気分に包まれたままカプセルに戻り、祝い酒のほろ酔いもあいまってぐっすりと眠った。

【今日のまとめ】
半裸でテレビに映る何とも言えない感じ。


というわけで。
  1. 2019/05/20(月) 20:00:00|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019春の旅①(サウナの梅湯)

17時前に自宅を出発し、圏央道の五霞インターから高速に乗り、京都へ向けて出発する。
途中で新東名の新規開通区間も走行し、行きに関してはほとんど渋滞もなかった。
順調に西に移動し、1時過ぎには大津サービスエリアまで到着した。

大津サービスエリアでうどんを食べてしばし横になり、4時前に起きて出発する。

大津サービスエリアからわずか数キロの京都東インターを降り、山科から京都市街をしばらく走ると、見覚えのある景色が現れる。
車で京都を訪れる際にはいつも利用している出町駐車場に、無事車を停めた。
この地下の駐車場、以前は携帯電話の電波が入らなかったのだが、いつの間にか使えるようになっていた。
車の中で旅の情報収集ができるようになったのはありがたいことだ。

車で少し休んだのち、京阪電車に乗って清水五条駅で下車。

190429梅湯1

高瀬川沿いにしばらく歩いていくと、おなじみのレトロな建物が姿を現す。

190429梅湯2

この「サウナの梅湯」の朝風呂が、今回の旅のひとつの目的だ。

6時の朝風呂オープン少し前に到着したのだが、
印象的だったのは、旅行客らしき若い女性の客が多かったことだ。
この梅湯はメディアでも頻繁に取り上げられており、「銭湯入門」を自称していることもあって、若者の姿も多い。
刺青が入っていても入浴できることもポイントで、オレが浴場入っているときも、大きな刺青の入った男性が身体を洗っていた。

京都の銭湯はサウナが無料なのがうれしい。
そして、梅湯のサウナは檜が香る100度超えの本格的なものであり、それを500円以下で楽しめるというのは素晴らしいものだ。
水風呂もいい塩梅に冷えており、情緖溢れる京都の銭湯でこれを味わえるというのはこの上ない贅沢である。

強烈な電気風呂も味わって朝からしっかりととのい、
これから始まる3泊4日の旅に向けて幸先のいいスタートを切った。

190429梅湯3

【今日のまとめ】
今回は2階へは行かなかった。


というわけで。
  1. 2019/05/06(月) 19:36:55|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナ&カプセルホテル ルーマプラザ

先日、京都のサウナ「ルーマプラザ」に行ったので、その感想をメモしておく。

ここに泊まるのは2度目だ。
京阪の祇園四条駅から歩いてすぐの好立地で、ゴールデンウィーク中ということもあり周辺の路地はものすごい人だったが、
ルーマプラザ自体はそこまで混んでいなかった(もっとも、カプセルは満室)。

3階のフロントでチェックインを済ませ、ロッカーに入った館内着に着替える。
ロッカーは縦長タイプで容量は充分。

ロッカーのすぐ近くにトイレや洗面台があるが、数年前にリニューアルされた様子で非常にきれいだ。
カプセルホテルでここまで清潔感があるのはなかなかない。

館内着でスリッパを履いてエレベータに乗り、6階の浴場へ向かう。
サウナのみ利用する客のフロントがあるが、館内着はカプセル客専用なので、顔パスで通ることができる。

カプセル客専用のロッカーに衣服を入れ、入り口でタオルやサウナパンツを取って浴場に入る。

入って手前にサウナ、奥に洗い場がある造りで、
その他にジャグジーと大型の風呂、水風呂がある。
水風呂は約16℃だ。

サウナは80℃台だが、30分に一度くらいのペースでオートロウリュが噴射されるので体感はかなり暑い。
サウナ内にデジタル時計があるので、入っている時間の管理もしやすいのがうれしい。
また、サウナ入り口に氷の入ったボックスや、冷えたタオルの入った冷蔵庫が置かれているのもホスピタリティを感じる。

浴場内に螺旋階段があり、そこを登ると露天の屋上に行ける。
屋上には寝椅子とテレビの置かれた外気浴コーナーと薬湯、塩サウナと水風呂(20℃ほど)がある。
薬湯はいわゆる「チンピリ」系なので、長時間入ると危険かもしれない。

外気浴コーナーが何より素晴らしい。
この時期の外気浴の気持ちよさはもちろんのこと、
立ち上がって外を見下ろすと、そこには祇園の街と東山の風景が広がる。
夜景も朝もいずれも美しく、非常に贅沢だ。

浴場の下の5階にはレストラン兼休憩スペースがある。
レストランは深夜2時まで空いているので、混雑する京都の街で食事をするのが面倒ならここで済ませてしまうのも手だ。

また、このレストランの朝食バイキングが素晴らしい。
ご飯、パン、カレー、納豆や漬け物、味噌汁など、カプセルホテルの朝食とは思えない豪華なラインナップ(全種類食べるのは不可能なほどだ)で、これだけでもここに泊まる価値があると感じる。
たとえサウナが好きでない人でも、綺麗なカプセルホテルとこの朝食があって5000円未満ならば大満足だろう。

今回の旅では3箇所のサウナ・カプセルホテルに泊まったが、
総合的にはこのルーマプラザが一位である。
やはり、カプセルホテル部が綺麗なのは大きいし、朝食がうまいのだ。

オレは秋にもまたルーマプラザに泊まる予定だ。
いまから楽しみである。

【今日のまとめ】
京阪特急が停まるのも最高。


というわけで。
  1. 2019/05/05(日) 16:23:19|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸サウナ&スパ

先日、三宮の「神戸サウナ&スパ」に行ったので、その感想をメモしておく。

三宮の繁華街にあり、駅からのアクセスもいい。
生田神社からも近いし、少し頑張れば徒歩でメリケンパークにも行ける距離だ。

建物はカフェのような綺麗でおしゃれな雰囲気で、おじさんサウナ的な雰囲気はまったくない。

エレベーターで6階に上がり、受付でチェックインを済ませる。
今回は併設のカプセルホテルも予約していた。

縦長で容量充分のロッカーに着替えを入れ、サウナパンツを履いて7階の大浴場に上がる。
館内着の上着はこのフロアと、5階のカプセルフロアにある。

大浴場は露天メインの清潔で広い造り。
中心に大きな円形の湯船があり、その周辺に洗い場やサウナ、ジャグジーなどが配置されている。

サウナは2種類あり、通常のサウナのほか、セルフロウリュやヴィヒタを楽しめるフィンランドサウナがある。
いずれも温度は100度を超えており、かなり熱い。
水風呂は17℃のものと14℃のものがあるが、時間によっては後者が11.4℃となる。
後者はかなり強烈だが、100度超えのサウナの後だと気持ちがいいし、「あまみ」もしっかり浮き出る。

ととのい用の椅子もたくさんあり、サウナ前には氷も置いてあるので、ホスピタリティを感じる。

髪を乾かしたのち、8階のレストラン兼休憩所で休憩。
ここは基本的に自販機がなく、飲料の持ち込みも禁止なので(一部、浴場内やカプセルフロア内でのみ飲めるペットボトル飲料はある)、
水以外が飲みたければここで注文するしかない。
オレはアサイーベリースムージーを飲んだが、冷たくてうまかった。

夜の神戸を楽しんだあと再び戻り、23時半からの改元イベントに参加した。
生田神社の神主による祈祷や、日本酒の鏡開きを行うなど、サウナらしからぬ賑やかなイベントだった
(テレビのカメラも複数入っており、どうやらオレも映ったようだ)。

その後はカプセルで熟睡してしまい、無料の朝食バイキングを逃してしまったが、改元イベントが楽しかったので悔いはない。

ゴールデンウィーク真っ最中でありながら5000円前後で宿泊できてこのクオリティの高さはありがたい。
また機械があればぜひ宿泊したいナイスサウナだった。

【今日のまとめ】
神戸と大阪の意外な近さ。


というわけで。
  1. 2019/05/04(土) 17:57:17|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: