FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

サウナセンター

先日、鶯谷の「サウナセンター」に行ったので、その感想をメモしておく。

□鶯谷駅から徒歩圏内の距離にある。
入口付近に置かれた大きなガンダムのフィギュアが目印だ。

深夜1時から翌日の正午まで3000円で滞在できるという良心的な価格設定で、しかもこの価格は休日でも変わらない。
移動の電車賃を払ってでも、下手なホテルやネットカフェに宿泊するより、ここに宿泊する方が安いかもしれない。
実際にそうしたのだが、終電後であっても上野から充分歩ける距離だ。
もっとも、男性専用施設なので注意を要する。

フロントで3000円を支払い、リストバンドを受け取る。
フロントの奥にロッカー室があり、縦長のロッカーを開けると中に館内着とタオルセットが入っている。

館内着に着替え、タオルを持ってエレベータで6階に上がる。
2階が仮眠室、3・4階が休憩室(禁煙・喫煙)、5階が食堂とドレッサールーム、6階が浴場という構成で、
階段でも移動は可能だ。


□浴場フロアには、貴重品ロッカーと、脱いだ服を入れるための扉のない棚がある。

浴場はそれほど広くないが、無駄のない作りだ。
やや古さを感じるものの、掃除はされているので汚くはない。

浴槽は二つで、通常の風呂(浴槽内にジャグジー・マッサージバス有り)と水風呂の2種類だ。
水風呂は15℃前後で、なかなかの冷たさだ。
水風呂から見える位置にも12分計があるのはうれしい。

サウナは90℃台後半の3段構成で、詰めれば20人ほどは入れそうだ。
室内にはテレビがある。
また、朝に入った際にはサウナストーンの前に水の入ったバケツと柄杓が置かれ、セルフロウリュが楽しめる。
ビート板タイプのサウナマットも入り口前に置かれているので、清潔感もある。

また、水風呂の他に「クールダウンルーム」という冷房の効いた外気浴室があり、
椅子が2脚と掛け水、テレビが設置されている。
水風呂が苦手な人も、ここで温冷交代浴が楽しめる。

そして、浴場内には休憩用の椅子が一脚と、3人ほど座れるベンチがある。
サウナが熱く水風呂が冷たいおかげで、しっかりと皮膚に「あまみ」も浮かび上がる。

浴場内には歯ブラシと歯磨き粉、カミソリ、シャンプー用の頭皮マッサージャー、硬めのボディタオルなどが完備されている。
また、冷水機もあり、時間帯によっては氷の入ったクーラーボックスも置かれる。
食塩まで設置されており、水分だけでなく塩分も補給可能なのは非常に行き届いている。

洗面台は充分な数があり、シャンプー・リンス・ボディーソープや髭剃り用のフォームが設置されている。
ここで特筆すべきは、シャワーが勝手に止まるタイプでなく、レバーを倒している間はお湯が出続けるタイプのものであることだ。
「しきじ」のそれほど水圧は強くないが、このタイプであるだけでもすばらしい。

□入浴後、5階のドレッサールームで髪を乾かし(化粧水や櫛も完備されている)、2階の仮眠室で就寝。
この仮眠室のクオリティもすばらしい。

2段ベッドがたくさん用意された静かな部屋で、各ベッドには柔らかいマットレスが敷かれ、枕と毛布も置いてある。
デフォルトの枕は硬いタイプだが、入り口には低反発枕もあり、好きなほうを使える。
耳栓とアイマスクを装着して眠ってしまえばカプセルホテルと遜色ないレベルであり、
これを追加料金なしで使えるのは称賛に値する。

□翌朝、再度入浴し、禁煙の休憩室でしばしくつろいだ後に退館した。
朝食も捨てがたかったが、この日はトーキョーパラダイスのカレーがどうしても食べたかったためスルーした。
ここは休日でも来られるから、いつかまたチャンスがあるだろう。

全体的に古さがあり、それゆえの汚れなども目立つが、
掃除は行き届いているし、むしろ風格として機能しているため、不快感はまったくない。
分煙もなされているため快適だし、サウナと水風呂のクオリティも高い。
何より、3000円で宿泊できて、上野まで一駅の鶯谷駅のすぐ近くという立地がすばらしい。
都内で終電を逃した時の宿泊場所として、ぜひ頭に入れておきたい名サウナである。

【今日のまとめ】
さすがに萩の湯ハシゴはしなかった。

というわけで。
  1. 2018/10/06(土) 17:51:08|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナは第II領域の活動だ

最近、とある理由で「7つの習慣」を読み返している。



8年ほど前に尊敬する大学の先輩からいただいて以来、数十回は読んでいるのだが、
読み返すたびに新たな発見があるし、まだ実践できていないことが数多くあることに気付かされ、反省点の洗い出しにもつながっている。

今回読み返していて気が付いたのが、サウナに行くことは「第II領域」の活動だということだ。

第I領域から第IV領域というのは、第3の習慣である「最優先事項を優先する」において紹介されている活動の分類だ。
日々の活動を「緊急なことか否か」「重要なことか否か」を構成要素とした4種類の領域に分けたもので、

第I領域:緊急かつ重要なこと
第II領域:緊急ではないが重要なこと
第III領域:緊急だが重要ではないこと
第IV領域:緊急ではないし重要でもないこと


という分類になっている。
オレを含め、多くの人は第III領域や第IV領域に時間を使ってしまうことが多いが、
それをうまく減らし、第II領域に使う時間を増やすことで、私的成功を目指していくというのが、この第3の習慣の目指すところだ。

よく「時間管理」という言葉が使われるが、
時間は自分の意思に関係なく流れるものなので、実際には管理できない。
だが、時間そのものは管理できなくても、時間を自分がどの領域に使うかはかなりの割合で管理できる。
だから、第II領域に使うための時間を、オレたちは管理するのだ。



第II領域に含まれる活動にはさまざまなものがあるが、その中には、身体のメンテナンスが含まれる。
身体のメンテナンスをしなかったからといってすぐに病気になったり死ぬことはないが、
しばらくしてその影響が現れることを考えれば、それはまさに「緊急ではないが重要なこと」である。

そう考えるとき、サウナはまさに第II領域の活動だ。
サウナは身体のメンテナンスだからである。
サウナと水風呂(または外気浴)の温冷交代浴により、交感神経と副交感神経の切り替えが活発になり、健康な状態が保たれる。
それにより勉強や仕事や人間関係の構築がスムーズになる。

サウナに行くことは気持ちがいいが、それは第IV領域の娯楽とは本質的に異なる活動なのである
(ここで勘違いしないでほしいが、「7つの習慣」では、第IV領域の活動が不要だとは書かれていない
あくまで、娯楽ばかりを楽しんでいては何も生まれないので、その時間を減らそうということだ)。

サウナに行くこと自体が第II領域の活動であるが、
サウナにいる間は、喧騒から離れ、クリアな状態の頭で物事を考えることができる。
それが結果的に、サウナ以外の第II領域活動を行う上での大いなる手助けになることは言うまでもない。

やはり、サウナは、無駄な消耗の対極にあるものなのだ。

【今日のまとめ】
「完訳」の方はまだそれほど読み返せていない。


というわけで。
  1. 2018/09/25(火) 10:28:32|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・グランドスパ南大門

昨日、宇都宮の「ザ・グランドスパ南大門」に行ってきたので、その感想をメモしておく。

□JR宇都宮駅から徒歩圏内にある大型の健康ランドで、隣には系列のパチンコ店がある。
そのパチンコ店と共用の大型立体駐車場があるので、自動車で行っても安心だ
(駐車券をスパのカウンターで帰りに提示すれば駐車料金は無料になる)。

オレは自宅から車で行ったが、退勤ラッシュと大雨が重なり道路の流れが悪く、2時間弱かかってしまった。
距離的には空いていれば1時間半かからないはずだ。

□受付で料金を支払い、リストバンドに加えて、館内着とタオルセットの入ったバッグを受け取る。
ちなみに、靴ロッカーの鍵は自分で管理する方式だ。

脱衣所のロッカーは縦長で、かなり余裕のある大きさになっている。
雨の日は傘もロッカーに入れろとの指示がある。

ドレスルームは充分な広さがあり、ドライヤーも5本ほどあったように思う。
ドライヤーはもちろん無料だが、一つだけ、5分100円のダイソンのドライヤーがあった。
消毒済みヘアブラシや綿棒、化粧水やヘアリキッド、ギャツビーのヘアワックスなども充実していて、宿泊する人も手ぶらで大丈夫そうだ。
肌着や下着も自動販売機で購入できる。

□浴室は非常に広く、健康ランドでもなかなかないレベルの広さだったので驚いた。
イメージとしては新宿の「テルマー湯」のような白を貴重とした雰囲気(あそこまでピカピカではないが)だ。

シャワーブースもかなり広く取られており、アカスリタオルや歯ブラシ、髭剃りも使い放題なのが嬉しい。
シャンプー・ボディソープ類はPOLAやDHCなど複数の種類があり、ブース毎に異なるようだ。

何より、浴槽の数が非常に多い。
白湯の他に、炭酸泉、檜風呂、高麗人参風呂、薬草風呂、ジェットバス、
そして25度と16度の水風呂、挙句の果てに大きな温水プーロ(プーロというのはプールと風呂を掛け合わせた造語か?)まである。
さらにこの他に、外気浴スペース付きの露天風呂(露天風呂も二種類)と、サウナ二種類(ドライサウナとアロマスチームサウナ)があるのだ。
そしてそのどれもが充分に大きいのだから、地方都市の郊外の健康ランドの贅沢さ、土地の広さを思い知らされる。

そして、最も驚いたのが、ドライサウナの大きさだ。
おそらく50人は収容可能と思われる巨大なサウナは、室内で中温ゾーンと高温ゾーンに別れている。
中温ゾーンは80度以下、高温ゾーンは高いところで100度を超えている。
100度を超えるサウナに入れるというだけで、サウナーはテンションが上がるものだ。
室内ではNHKのテレビとインストのBGMが静かに流れていて、やかましい感じはしない。

水風呂は上述の通り16度前後のもの(オレが見た限り、一番低い時に15.7度だった)と、25度前後のものがある。
そして、16度の方は水深が1メートル以上あり、立ったままでも胸の辺りまで浸かることができるのだ。
100度を超えるサウナと16度の水風呂の交互浴で、身体には「あまみ」が浮かび上がる。
サウナと水風呂が苦手な人でも、中温ゾーンと25度の水風呂なら刺激は低いだろうから、サウナ入門にちょうどいい。
何なら、水風呂の代わりに温水プーロ(こちらは31度ほどだった)でもかまわない。
その後のととのいスペース(椅子)は充分な数がある。

また、ロウリュが一日に四回ある。
オレは21時のロウリュに参加したが、3人の熱波師が大きな団扇で扇いでくれる。
熱波のおかわりもできるので、思う存分熱くなれる。
なお、このときはレモンのアロマオイルだった。

ちなみに、アロマスチームサウナのスチームのほうは、それほど強烈ではなかった。
こちらは水風呂よりも外気浴とのセットがいいかもしれない。
もっとも、昨日は本降りの雨だったため、外気浴スペースは使えなかったのだが。

□入浴後は自販機で「氷点下の三ツ矢サイダー」を買って飲み、2階のレストランで唐揚げ定食を食べた。
揚げたての唐揚げはサクサクでうまく、レストランのレベルも高いように感じる。
風呂の多さだけでなく、ここはレストランも三種類(普通のレストラン・焼肉屋・居酒屋)ある。
サウナ後に焼肉を食べるというのも、友人と来たときなどはありかもしれない。
また、フロントでカップ麺なども販売しているので、レストランが閉まる深夜でも食事は可能だ。

そして、24時間のゲームコーナー、コミックコーナー、
広いレストルーム(男女共用のものと男女別のものがあるが、男性専用のものは現在改装工事中だった)など、休憩にも事欠かない。
今回は宿泊せず帰ったが、館内の写真を見る限り、カプセルルームもなかなか上質な雰囲気だった。

□宇都宮線沿線に住んでいることもあってオレは宇都宮には比較的馴染みがあるが、
そんな宇都宮にこんな巨大で上質なサウナ施設があるとは驚きだ。
今回は自動車で行ったが、宇都宮駅から徒歩圏内であり、電車で行けばサウナ後に飲酒できることを考えると、電車で行くのも面白そうだ。
間違いなく、ここは再訪することになるだろう。

【今日のまとめ】
雨の新4号はいつ走っても恐ろしい。


というわけで。
  1. 2018/09/21(金) 18:09:41|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカイスパYOKOHAMA

先日、横浜の「スカイスパYOKOHAMA」に行ってきたので、その感想をメモしておく。

■横浜駅東口のポルタ地下街から直結しており、駅の改札から一度も屋外に出ずにたどり着ける
(深夜から早朝の時間帯は地下道が使えないため、一度外に出る必要がある)。
このアクセスの良さは素晴らしい。

スカイスパはスカイビルに入居しているのだが、地下街の頭上案内板には「スカイビル」も明記されているため、初めてであっても迷わずにたどり着くことができた。

地下街からスカイビルのB2階エントランスに入り、高層階用エレベータで14階まで向かうと、スカイスパの受付がある。
スカイスパは14階と15階に入居しており、14階からのみ入ることができる。

靴を脱いで下駄箱のキーを抜き、それを受付でリストバンド・館内着と交換する、サウナやスーパー銭湯ではポピュラーな方式だ。
プランは1時間入浴・2時間入浴・一般入浴(22時まで)があり、それぞれ1400円・1950円・2370円(税込)となっている。
延長料金や宿泊のプランも別途あるが、ここでは割愛する(公式サイトに詳細あり)。

もっとも、オレはサウナ・スパ健康アドバイザーの会員証を持っているため、
これを受付で提示することにより、一般入浴が2060円に割引となる。
すると、2時間入浴と一般入浴で110円しか変わらないことになるので、一般入浴のほうがお得だ。
一般入浴はサイト掲載のクーポンでも2100円になるが、サウナ・スパ健康アドバイザー割引のほうが安く、役得である。

■浴場は男女ともにあり、14階が浴場と男女混合の床暖休憩スペース、
15階が男女別のリクライニングルームと有料のカプセルルームとなっている。

浴場に隣接するロッカールームはかなり広く、着替えにストレスがない。
もっとも、ロッカーは縦長タイプながら横幅がやや狭く、大きいバックパックやスーツケースは入らない可能性があるので注意が必要だ。

浴場前にはフェイスタオルが置かれたスペースがある。
浴場用の小タオルと湯上がり用の大タオルが山積みにされていて、自由に使うことができる。
オレの肌感覚として、タオルが使い放題のサウナはナイスサウナだ。
この時点で期待度が飛躍的に高まる。

■浴場に入る。
シャワーブースは充分な数があり、混雑時でも待たされることはなさそうだ。
シャンプー・コンディショナー・ボディソープはビジネスホテルでお馴染みのPOLAのものが設置されている。
この香りを嗅ぐと、ビジネスホテルに泊まりに来たような特別感に浸ることができ、お得感がある。
また、シャワーブースの手前には歯ブラシとボディタオルが設置されていて、この点でも抜かりがない。

身体をよく洗い、まずジャグジーの風呂で温まる。
しばらく身体を温めたのち、大量に置かれた休憩イスに座りながら身体を拭き、サウナに入る。

サウナ室内はテレビがなく、かなり落ち着いた雰囲気だ。
温度は70〜80℃ほどだが、湿度が高いようで体感温度としては熱く、汗はかきやすい。
窓ガラスからベイクォーター方面の横浜の景色が見え、精神的な満足感が非常に高い。
これがあの「サ道」に登場したサウナかと思うと、感慨もひとしおだ。



オレが入ってまもなく、17時のアウフグースの案内があり、たくさんの人がサウナに集まってくる。
20人以上は入れる大きめのサウナだが、すぐに満杯になった。

アウフグースは、熱波師がロウリュ(ストーンにアロマオイルを含んだ水をかけ、タオルで熱気をサウナ室じゅうに撹拌する)を行い、その後一人ひとりをタオルで仰いでくれるオーソドックスなスタイルだ。
有名サウナだけあって熱波師のレベルも高く、うなるほどの熱さを体験できた。

オレは普段は初回のサウナは短めに入るが、今回はいきなりアウフグースが始まったこともあり、初回から10分以上サウナに入ってしまった。
それもあり、その後の水風呂は最高に気持ちがよかった。
17℃ほどの水風呂は肩まで浸かれる深さだ。

充分に水風呂に浸かった後、浴場奥に2脚だけある景色の見えるスペースのイスに座り、じっくりと「ととのう」。
アウフグースで熱波を浴びてからの水風呂からの休憩。
全身に血流が行き渡るその感覚は、なるほど、並のサウナではそう味わえないものだ。

その後、サウナと水風呂と休憩、そして水分補給(冷水機は浴場内にある)を数回繰り返しているうち、
すぐに18時のアウフグースの時間となった。

基本的には先ほどのアウフグースと変わらないのだが、この回は一日に3度の「エクストラ・アウフグース」だ。
通常のアウフグースは水をサウナストーンにかけるが、エクストラ・アウフグースでは氷をかける。
そのため、とんでもない量の水蒸気が発生し、気化熱でサウナ室内が猛烈に熱くなる。
その状態で浴びる熱波は強烈で、多くの人が心地よいうめき声をあげていた。
サウナが苦手な人には無理なレベルであろうが、さすがサウナーの集うスカイスパだけあり、ほとんどの人が終了までサウナ室内に残っていた。

二度のアウフグースを含んだサウナと水風呂の何度もの往復で、身体が心地よい疲労に包まれた。
浴場には塩サウナもあったのだが今回は利用せず、ジャグジーや寝湯で身体を軽くマッサージして浴場を出た。
化粧台スペースで髪を乾かし(櫛・綿棒・化粧水などは完備されている)、15階のリクライニングルームでしばし休息した。
リクライニングチェアは電動式のもので、各チェアにテレビの付いた豪華なものだ。
このリクライニングルームも、窓ガラスから横浜の景色を楽しめる。
この頃には既に周囲が暗くなっており、美しい夜景となっていた。

ロッカールームで館内着から着替え、受付で精算を済ませて退館した。
帰りも地下道を経由して横浜駅まで向かうことができるので、暑さや悪天候にさらされることがなくとても心地がいい。

前述の通り「サ道」にも登場する名サウナながら、これまで行ったことがなかった「スカイスパYOKOHAMA」。
その評判に違わぬ屈指の名サウナであった。
近辺で意図的に終電を逃し、宿泊するという計画もそのうち練っていきたい。

【今日のまとめ】
サウナ後の地下街の飲食店の誘惑。


というわけで。
  1. 2018/08/24(金) 18:56:15|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大和の湯(成田市)

千葉県成田市の「大和の湯」にきのう行ったので、感想をメモしておく。

きのうのエントリに書いた「オートパーラーシオヤ」から車で30分ほどで到着。
同じ成田市内だが、かなり細い道(場所によっては、一通ではないが離合困難)を通った田園地帯にあり、アクセスはお世辞にもいいとは言えない。

入口近くの山のハイキングコースのような場所には「下総松崎駅まで1.6km」の立て看板があるが、
この時期に徒歩で訪れるのは現実的ではなさそうだ
(公式サイトは、安食駅からのタクシーを推奨している)。
シャトルバスなどもないので、車がない人の訪問難度はかなり高い。

だが、その分周囲に何もなく、露天風呂や後述する展望サウナからの眺めはいい。
また、アクセスが悪いからか、土曜の昼間にもかかわらず人はかなり少なく、浴槽やサウナを独り占めできる時間も多かった。

駐車場から数十メートル歩き、坂を登って入館する。
館内はホテルのような綺麗さで、日帰り温泉の中ではかなりグレードが高い部類に感じる。
成田空港を利用する外国人も狙っているのかもしれない。

受付で土日祝料金の1000円を払い、ロッカーキーを受け取る。
タオルは別料金だと調べておいたので、今回は「サウナしきじ」で購入したフェイスタオルを持参した。

浴場はA館・B館の2つがあり、これを偶数日・奇数日で男女入れ替えている。
今回はB館が男湯だったが、サービスには大差はないと思われる。

ロッカーは縦長タイプを上下二分割したものだが、容量に問題はない。
更衣室には紙パック飲料の自販機と冷水機がある。
トイレはかなり清潔なものが2室。
洗面台はドライヤー完備のものが複数あるが、化粧水などは設置されていない(ティッシュ・綿棒はある)。

浴室は3フロアあり、更衣室があるフロアが2階だ。

1階が露天風呂と大きな内風呂で、どちらも黒い温泉を使っている。
露天スペースには井戸水を使った一人サイズの桶風呂が3つあり、外気浴用のチェアが2つある。
2階は寝転がれるウッドデッキがメインで、数人入れる桶風呂が2つと一人サイズのジャグジー。
3階が大きなジャグジーと水風呂、そして展望サウナと3基のラディアントバス(輻射熱温浴というらしい)。
なお、各フロアにシャワーブースがある。

サウナ室は比較的広く、室温計は95℃を示していた。
段差のスペースの他、億には寝転がれる広さのスペースもあり、サウナとしては珍しい。
ガラスから外が見えるようになっており、田園風景を眺めながらサウナを楽しめる、かなり贅沢な作りだ。
解放感があるため、温度はそれなりに高いのだが息苦しさがなく、思わず長居してしまう。
水風呂が21℃台だったのが残念だが、サウナが熱いので、相対的にはそれなりにととのう。

サウナ後に外気浴をするには階段を移動しなくてはならない。
だが、この秋の陽気の下の外気浴は非常に心地よく、そのマイナス面も充分払拭していた。
休憩スペースが充実しているのは、サウナ専門施設ではない温泉としては高得点だといえる。

上述したように外国人をターゲットにしているのか、刺青の入店規制がないのも特徴的だ。
オレが露天風呂に入っているときも、背中に見事な和彫の入った3人組が入ってきた。
以前に行った野田のスーパー銭湯でもそういった人を見たので、千葉県はおおらかなのかもしれない。
和彫とはいかなくとも、小さなタトゥーなどを入れていて温泉に行きづらいという人には、ここはいい場所かもしれない。

清潔感と風呂やサウナの充実感、それに比した料金を考えれば、かなり素晴らしい施設だ。
しかし、オレの家からは遠く、また成田に到着してからのアクセスも良くないので、常用するのは難しいのが残念である。
だが、その秘境感こそが、この「大和の湯」の価値を高めているのもまた事実だと思われる。

【今日のまとめ】
サウンドハウス系列らしい。


というわけで。
  1. 2018/08/19(日) 20:00:00|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: