FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

しきじ飯

IMG_3201.jpg

連日書いている通り、「サウナしきじ」に行ってきた。
そのサウナと水風呂の良さについてはこれまたさんざん書いているが、
もう一つ、しきじを語る上で欠かせないのが、食事のおいしさである。
しきじが食事の質にこだわっていることは公式ウェブサイトにも書かれているし、
実際、食べてみればそのこだわりが伝わってくる。

今回食べたメニューを載せておこうと思う。

IMG_3190.jpg
▲白もつガーリック丼。

その名の通り、もつをガーリックや野菜とともに炒めた丼ものである。
ピーマンやニンジン、玉ねぎのシャキシャキした食感ともつの柔らかさがマッチし、
ガーリックの香ばしさも相まって食が進む。
風呂上がりの食事にもってこいな一杯である。

IMG_3193.jpg
▲ちくわ揚げ。

IMG_3194.jpg
▲カニカマ磯辺揚げ。

ちくわ揚げは毎回注文する定番メニューであるが、
今回はホワイトボードの不定期メニューにカニカマ磯辺揚げもあり、それも注文した。
練り物と青のりの醸し出す香ばしさと、揚げ物としてのサクサク感が、絶妙なハーモニーを醸し出す。
ハイボールにも焼酎にも合い、しきじで注文するつまみとして真っ先におすすめしたい。

IMG_3195.jpg
▲オニオンリング。

こちらも不定期メニュー。
オニオンリングという食べ物自体好きなので、迷わず注文した。
しきじクオリティなので、出来合いではなくちゃんと自家製のように思われる。
玉ねぎの甘みと衣のサクサク感がたまらない。
酒のつまみでも、コーラなどのソフトドリンクのお供でも、どちらにもふさわしい。

IMG_3197.jpg
▲ウインナー炒め。

一緒に行った友人が注文していたもの。
なんの変哲もないウインナー炒めだが、小細工のない感じがむしろいい。
炒め具合が絶妙で、焦げていたり、焼き足りない部分がまったくない。
案外、こういうメニューにこそ、料理人の腕が出る。

IMG_3199.jpg
▲唐揚げ定食。

翌朝に食べた定食。
何度も食べており、このブログにも書いているので、いまさら説明するまでもない。
あえて言えば、やはりご飯のうまさである。
しきじの天然水で炊かれたご飯は独特の甘みやまろやかさを感じ、
このご飯と、同じく天然水を使った味噌汁だけでも充分に満足できるほどだ。

こうして書いていると、また腹が減ってきてしまう。
次はいつしきじに行き、何を食べようか、悩ましいところだ。

【今日のまとめ】
朝食は時間との戦い。


というわけで。
  1. 2019/09/23(月) 21:41:11|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しきじから帰宅した




先ほど、静岡への旅から帰宅した。
しきじでの朝サウナから始まったきょうという日は、素晴らしいものだった。

「サ道」の効果か、館内の混雑ぶりはすさまじいものとなっていたが、
サウナと水風呂の素晴らしさ、そして食事のおいしさは以前と変わるところがない。

当地の人からすれば、なぜ並んでまで静岡に来るのか、地元の空いているサウナのほうがいいのではないか、と思うかもしれない。
だが、そうではないから行ってしまうのである。

新しいスマートインターチェンジが先週開通し、
そちらからのほうが静岡インターからよりも近いということをあとになって知った。
それを確認するという意味でも、近いうちにもう一度しきじに行きたい。

【今日のまとめ】
カニカマ磯辺揚げが最高だった。


というわけで。
  1. 2019/09/23(月) 00:28:42|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に聖地に来ている

久々に「サウナしきじ」に来ている。
言わずもがな、サウナの聖地である。

三連休の初日ということで、かなりの混雑は覚悟していたのだが、
なんと入り口に行列ができていた。
館内のロッカーがいっぱいで、退館する客と入れ替わりの入場となっていたのである。

あとで地元の友人に聞いたところ、静岡ではドラマ版「サ道」のしきじ回が先日放送されたばかりだそうだ。
その効果もあるのかもしれない。

幸い、それほど待たされることなく入場することができた。

早速、薬草サウナと水風呂を3セット。
スチームが本気の薬草サウナは、あっという間に汗が吹き出す。
耐えられなくなったところで、天然水の水風呂に飛び込む。
身体のストレスが洗われていくようだ。

風呂から上がり、二階の休憩室で食事をする。
これからまた入浴するため、まだ飲酒はせずにコーラを飲む。
初めて食べる「白もつガーリック丼」は、塩分の抜けた身体に絶妙に合う。

まだ入館から数時間だが、すでに大満足だ。
この後、ふたたび入浴し、今度は酒を飲みながら何かをつまもうと思っている。
三連休初日、まだまだ夜は長い。

【今日のまとめ】
ハイボールが楽しみだ。


というわけで。
  1. 2019/09/21(土) 18:48:46|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュアいわき駅前店

福島県いわき市のサウナ「キュアいわき駅前店」に泊まったので、その感想をメモしておく。

いわき駅から徒歩数分の好立地で、建物も清潔感がある。
オレは「デラックスカプセル」に泊まったが、
施錠のできるアコーディオンカーテンがついた個室タイプのカプセルで、机と椅子もある。
三連休の初日でもこれで4000円なのは素晴らしい。

大浴場は地下にある。
大きい42℃の風呂と18℃前後の水風呂、そして90℃前後のサウナという無駄のない作り。
休憩用の椅子は4つあり、人があまりいなかったので充分だった。
ビート板タイプのサウナマットがあるのもうれしい。

サウナと水風呂のコンディションはいい感じなのだが、常連と思われる客のマナーが悪かった。
サウナ室内では他の常連と大声で話し、汗を流さずに水風呂に潜り、
挙句の果てにタオルをサウナストーンに絞って汗ロウリュ。

オレも常連であればスタッフに文句を言いにいきたいところだが、
ここではオレは外様である。
それに、土曜の夜でこの人の少なさを見ると、
こういう常連でも、注意によりいなくなれば店が潰れてしまうかもしれない。
嫌なら次から行かなければいいのだと考え、大人しくサウナ・水風呂・小休憩を3セットして上がった
(しかし、悔しいが、汗ロウリュの熱さはそこそこ効いた)。

施設はきれいなのだが、どうにも寂しい雰囲気が漂う。
館内は静かすぎるし、人はいるのだが「人気(ひとけ)がない」雰囲気が漂っている。
館内に食堂はない(閉店したようだ)し、
浴場には、「人手不足でクシの提供をやめた」旨の張り紙が貼ってあった
(ちなみに、宿泊者はカプセルフロアにあるクシやフェイスタオルの替えを使える)。

せっかくきれいな施設なのだから、改善の余地はいくらでもありそうなものだが、
いかんせん人が少なく、やりようがないのかもしれない。
これが地方都市の現状だとすると、少し寂しくもなる。

【今日のまとめ】
あくまでも悪くはない。


というわけで。
  1. 2019/09/16(月) 21:54:43|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイムタオルでサウナに行く

スイムタオルはサウナーに向いている、という話をどこかで目にしたので、Amazonで購入した。



購入後しばらく、タオル備え付けのサウナに行く機会が続いたので、
きょうになってようやく、
地元のスーパー銭湯(タオルが有料なので、いつも持参している)にて実戦投入した。

スイムタオルというのは、早い話が合成のセーム革である。
洗車などで使うものと同じで、
吸水性に優れており、濡れた箇所に当てるだけですぐに水を吸い取る。
水はけがよく、絞るとすぐに乾燥するので、再び水を吸い取ることができる。

スイムタオルの名の通り、水泳をやっている人はこれを身体の水分を拭き取るのに使うが、
銭湯愛好家やサウナーは、そこに目をつけたのである。
身体が濡れるという点では、水泳も入浴も同じだからだ。

実際に使ってみると、これはなかなかいい。
サウナ前にシャワーで身体を清め、濡れた身体にスイムタオルを当てる。
通常のフェイスタオルとは異なり、拭くというよりは「当てる」感覚だ。
当てた部分の水滴や汗はすぐに吸われる。

スイムタオルが水を吸い重くなってきたら、絞って再び身体に当てる。
これを何度か繰り返せば、すぐにサウナに入れる状態となる。
サウナから出て水風呂に入ったら、同じことを繰り返す。

これだけならフェイスタオルとそれほど違わないが、
スイムタオルの利点は、すぐに乾くという点だ。
入浴が終わり濡れたタオルを持ち帰るには、ビニール袋を幾重にも重ねる必要があるが、
スイムタオルは撥水性がいいため、付属のケースに入れる程度で十分だ。
家に帰って10分も干せば、すぐに次回また使える状態になる。

なるほど、これは銭湯愛好家やサウナーには欠かせないアイテムだ。
なんなら、フェイスタオル備え付けのサウナでも、別途持ってきていいくらいかもしれない。

カラーバリエーションも豊富で、
水泳用なので、ミズノ以外にもスピードやアリーナなどいくつもブランドがあり、どれもロゴが入っていてかっこいい。
おしゃれさと実用性を兼ね備えたこのスイムタオル、持っていて損はない。

【今日のまとめ】
OLDCODEXが脳内再生される。


というわけで。
  1. 2019/08/25(日) 22:09:11|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: