FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

大和の湯(成田市)

千葉県成田市の「大和の湯」にきのう行ったので、感想をメモしておく。

きのうのエントリに書いた「オートパーラーシオヤ」から車で30分ほどで到着。
同じ成田市内だが、かなり細い道(場所によっては、一通ではないが離合困難)を通った田園地帯にあり、アクセスはお世辞にもいいとは言えない。

入口近くの山のハイキングコースのような場所には「下総松崎駅まで1.6km」の立て看板があるが、
この時期に徒歩で訪れるのは現実的ではなさそうだ
(公式サイトは、安食駅からのタクシーを推奨している)。
シャトルバスなどもないので、車がない人の訪問難度はかなり高い。

だが、その分周囲に何もなく、露天風呂や後述する展望サウナからの眺めはいい。
また、アクセスが悪いからか、土曜の昼間にもかかわらず人はかなり少なく、浴槽やサウナを独り占めできる時間も多かった。

駐車場から数十メートル歩き、坂を登って入館する。
館内はホテルのような綺麗さで、日帰り温泉の中ではかなりグレードが高い部類に感じる。
成田空港を利用する外国人も狙っているのかもしれない。

受付で土日祝料金の1000円を払い、ロッカーキーを受け取る。
タオルは別料金だと調べておいたので、今回は「サウナしきじ」で購入したフェイスタオルを持参した。

浴場はA館・B館の2つがあり、これを偶数日・奇数日で男女入れ替えている。
今回はB館が男湯だったが、サービスには大差はないと思われる。

ロッカーは縦長タイプを上下二分割したものだが、容量に問題はない。
更衣室には紙パック飲料の自販機と冷水機がある。
トイレはかなり清潔なものが2室。
洗面台はドライヤー完備のものが複数あるが、化粧水などは設置されていない(ティッシュ・綿棒はある)。

浴室は3フロアあり、更衣室があるフロアが2階だ。

1階が露天風呂と大きな内風呂で、どちらも黒い温泉を使っている。
露天スペースには井戸水を使った一人サイズの桶風呂が3つあり、外気浴用のチェアが2つある。
2階は寝転がれるウッドデッキがメインで、数人入れる桶風呂が2つと一人サイズのジャグジー。
3階が大きなジャグジーと水風呂、そして展望サウナと3基のラディアントバス(輻射熱温浴というらしい)。
なお、各フロアにシャワーブースがある。

サウナ室は比較的広く、室温計は95℃を示していた。
段差のスペースの他、億には寝転がれる広さのスペースもあり、サウナとしては珍しい。
ガラスから外が見えるようになっており、田園風景を眺めながらサウナを楽しめる、かなり贅沢な作りだ。
解放感があるため、温度はそれなりに高いのだが息苦しさがなく、思わず長居してしまう。
水風呂が21℃台だったのが残念だが、サウナが熱いので、相対的にはそれなりにととのう。

サウナ後に外気浴をするには階段を移動しなくてはならない。
だが、この秋の陽気の下の外気浴は非常に心地よく、そのマイナス面も充分払拭していた。
休憩スペースが充実しているのは、サウナ専門施設ではない温泉としては高得点だといえる。

上述したように外国人をターゲットにしているのか、刺青の入店規制がないのも特徴的だ。
オレが露天風呂に入っているときも、背中に見事な和彫の入った3人組が入ってきた。
以前に行った野田のスーパー銭湯でもそういった人を見たので、千葉県はおおらかなのかもしれない。
和彫とはいかなくとも、小さなタトゥーなどを入れていて温泉に行きづらいという人には、ここはいい場所かもしれない。

清潔感と風呂やサウナの充実感、それに比した料金を考えれば、かなり素晴らしい施設だ。
しかし、オレの家からは遠く、また成田に到着してからのアクセスも良くないので、常用するのは難しいのが残念である。
だが、その秘境感こそが、この「大和の湯」の価値を高めているのもまた事実だと思われる。

【今日のまとめ】
サウンドハウス系列らしい。


というわけで。
  1. 2018/08/19(日) 20:00:00|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナしきじ

IMG_5408.jpg

IMG_5409.jpg

先日、友人を連れて静岡の「サウナしきじ」に行った。
オレはこれで5回目のしきじで、初めて訪れたのが昨年の12月だから、約2ヶ月に1回のペースで行っていることになる。

大きな縦長ロッカー、
フェイスタオル使い放題、
強烈な水圧で、しかも勝手に止まらないシャワー、
異様にさっぱりする歯磨き粉、
耳が取れそうになる熱さのフィンランドサウナ、
強烈なスチームに蒸され、その後数日間にわたり頭皮から薬草の香りが漂ってくる薬草サウナ、
消毒なしでまろやかな「飲める」水風呂、
大きな休憩スペースと足つぼマッサージ板、
冷水機から出てくる天然水、
着心地のいい館内着、
糸ようじまで置かれたドレッサールーム、
座り心地のいいリクライニングチェア、
漫画のラインナップ、
何を注文してもうまい食事、
ぐっすり眠れる仮眠室。

どれを取っても高水準、または唯一無二で、何よりも居心地がいい。
作りは古いがきれいに清掃された館内は、さながらサークルの合宿で訪れた宿のようだ。
下手に新築でピカピカの建物よりも、こういう場所のほうがよほど安心できる。

地元から2人で行った場合、高速道路の休日割引が使える日であれば、宿泊代を含めても1万円もしない。
数ヶ月に一度であれば充分に許容でき、旅行としては安上がりな部類に入る。
そもそもこれはほとんどオレにとっての「湯治」であり、身体のメンテナンスのための必要経費だ。
電気代やガス代や食費と同じで、欠かせない出費なので、贅沢でもなんでもない。

しきじから地元に帰ってきた直後が、最も「またしきじに行きたい」という気持ちが強い。
いいサウナは他にもたくさんあり、しきじよりも優れた部分を持つサウナもまた少なくない。

だが、これだけすぐに「また行きたい」と思ってしまうサウナはしきじだけだ。
それこそが、しきじが「聖地」たる所以であり、そんな引力は狙って作り出せるものではない。

そう遠くないうちに、オレはまたしきじに行き、同じようなエントリをまたこのブログに書くことになるだろう。

【今日のまとめ】
次はカツカレーを食いたい。


というわけで。
  1. 2018/08/12(日) 22:50:49|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナに通うようになってから、汗の質が変わった

昨日のエントリでも書いたが、暑い日が続いている。
オレは室内にいることが多いが、何らかの用事で少し外に出ただけで、汗がしたたり落ちてくる。

もっとも、今年の夏は、そうやって汗が流れてくることに対する不快感が少なくなった。
オレは去年の秋からサウナに通うようになったのだが、そうなってから初めての夏だというのが大きい。

オレはもともとかなりの汗かきなのだが、
サウナに通うようになってから、汗の質が変わった。
無臭でサラサラの汗が出るようになったのだ。
これまでは、臭いというわけではないが、汗独特の匂いがあり、何となくべたついた感じの汗だった。
サウナで汗を出し、汗腺を開くことを定期的にやっているおかげで、身体が清潔な状態に保たれているのかもしれない。

これには、オレの思い込みも多少はあるということは理解している。
きっと、実際には、サウナだけで汗の質が大幅に変わることもないのだろうとは思う。
だが、これまで汗をかくことに「汚い、臭い、べたべたする」というネガティブな感想しか抱けなかったオレが、
サウナ通いを経て、堂々と汗をかけるようになった。
それだけでも、「サウナで汗がきれいになった」というイメージを自分に植え付けることに意味があった。

少なくとも、汗が以前よりも出やすくなったことは紛れもない事実だ。
汗は、体温調節に必要な消耗であり、まさしく無駄な消耗の対極にある。

冷房が効いた部屋では汗が出ないので、「クーラー病になるからよくない」などと言われることがある。
だが、昨今の酷暑で冷房を我慢していたら、クーラー病になる前に熱中症で死んでしまう。
要は、定期的に汗を出していればいいのだから、その汗はサウナで出せばいいのだ。
そう割り切ることで、きちんと冷房も使えるようになる。
その意味でも、サウナ通いは有効だ。

【今日のまとめ】
早くまた「しきじ」に行きたい。


というわけで。
  1. 2018/07/20(金) 20:00:00|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯の泉 草加健康センター

きょう、埼玉県の「湯の泉 草加健康センター」に行ってきたので、感想をメモしておく。

□草加インター付近の国道4号沿いの細い道を入ってすぐの立地。
4号上にもラッコのキャラクターが目立つ大きな看板が出ているのでわかりやすい。

どこかで見たことがある看板だなと思ったが、どうやら厚木と相模原にも系列店があるらしい。
以前、たしか厚木の店舗の脇を通ったことがある。

多くのサウナやスーパー銭湯と同様、靴ロッカーの鍵を受付でバーコード付きのロッカーキーと交換する方式。
靴ロッカーの番号とロッカーキーの番号は共通のようだ。
ということは、いま考えると靴ロッカーも男女別だったということになるが、あまり意識せずに正解を選んでしまった。

料金は完全に後払い制(一部の自販機は現金払い)。
通常料金は10時から深夜3時までで1800円だが、Webサイトのクーポンを使うと1200円で入れる。
その他様々な割引サービスがあり、受付でクーポンや割引券の有無を尋ねられるので、通常料金で入る客はまずいないと考えられる。

受付で貸し出されるバッグには、フェイスタオルとバスタオルと館内着が入っている。
館内着は独特の柄で、いかにも昔ながらの健康ランドという感じがしていい。

受付のすぐ奥に男女の浴場の入口がある。
入るとすぐにロッカールームがあり、縦長のロッカーが並んでいる。
ロッカーは上下2段式。

洗面所とトイレも同じエリアにあり、歯ブラシや髭剃り、ヘアブラシや化粧水も完備されている。
ここは簡易宿泊も可能な施設だが、何も持ってこずに泊まってもそのまま出勤が可能だと思われる。
下着や肌着などはロッカールーム内の自販機(現金払い専用)で購入できる。
この自販機でラッコタオル(湯の泉のキャラクターのタオル)が200円で売っていたのでお土産にした。

給水器はロッカールームと浴場の間にあった。

□浴場は広く清潔な雰囲気。
室内には白湯(41℃ほど)と炭酸風呂(38℃弱)、薬湯(38℃弱)を中心とする風呂がある。
薬湯は8種の生薬がブレンドされた色濃いもので、いわゆる「チンピリ」もしっかり味わえる。
その他、バイブラやマッサージ風呂、電気風呂などのアトラクション系も一通り揃っていて楽しい。
もちろんアカスリのブースもあった。

シャワーブースは数が多く、混雑時でも使えないことはなさそうだ。
特定の時間にはスタッフが「三助」として背中を洗ってくれるサービスがあり、希望すれば洗ってもらえる。

露天風呂は草津温泉直送の温泉で、乳白色の風呂に時おり黄色い源泉のエキスが流入する。
匂いからして本物の温泉であり、とても効きそうだ。

サウナは30人くらいは入れそうな3段式のもので、室温は上段で90℃強。
だが、湿度があるのか数字以上に熱く、上段では短時間で汗がしみ出る。
女性用サウナにはオートロウリュの設備もあるようで羨ましい。
男女ともに、スタッフがドライヤーのような送風機でアウフグースを行う「爆風ロウリュ」が毎日行われているようだが、
平日は19時のみらしく、オレは体験できなかった。

サウナ室内には入り口付近に個人用の小さなサウナマットが大量に積まれていて、その都度取り替えられるのは素晴らしい。
また、入り口の前に氷のたっぷり入ったクーラーボックスがあり、頬張ってサウナに挑めるのもうれしかった。

露天の水風呂は15℃台。
ジャグジーの勢いがかなり強く、体感的にはもっと冷たく感じる。
スーパー銭湯では普通ここまで冷たい水風呂はなかなかないので、非常に素晴らしい。
ととのうための椅子も7脚ほど置かれていて、ととのいが順番待ちになることも少ない。

□風呂上がりに一回の大広間で唐揚げ定食を食べた。
座敷であぐらをかきながら食べることができ、味も悪くないので満足度は高い。

その後、階段を上がった先(2階ではなく3階のようだ)にある休憩室で小一時間昼寝した。
全席テレビ完備のリクライニングチェアで、漫画も人気作が充実している。
ブランケットもあり、空調も涼しく快適に昼寝できる。

その後館内を少し散策したが、カラオケルームや麻雀室、メダルスロットが中心のゲームコーナーなどがあり、昔ながらの遊びは一通り可能な感じだ。
平日の昼だがカラオケルームから演歌も聞こえ、地元の中高年の憩いの場として機能しているようだ。
ちなみに、3階にも食堂はあったが、今回は入っていないのでメニューの違いはわからない。

□昼寝ののち、サウナと水風呂に再び入り、その他の風呂も一通り楽しんでから退出した。
サウナ室内では高校野球の埼玉県予選が放映されており、こういう地元感が素晴らしい。

最後に精算した料金は唐揚げ定食と自販機の飲料も含めて2400円ほどだった。
今回は5時間ほどで退館してしまったが、深夜3時まで滞在しても基本料金が1200円なのは凄い。
充実した本物の温泉と15℃の水風呂、休憩室の快適性、食事の程よいうまさなど、数あるスーパー銭湯の中でもかなりの上位施設だ。
とりわけ、15℃の水風呂は、もはや健康ランドでなく「サウナ」と言っていいレベルだろう。

オレの家からでは車で片道90分ほどかかってしまうが、それでも今後の再訪は確実な施設だ。

【今日のまとめ】
「チンピリ」の言いたくなる感。


というわけで。
  1. 2018/07/12(木) 20:55:08|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナの休憩室のおじさんは、眠るスピードが異常に速い

サウナに行った時にもっとも楽しみなのが、サウナ後の休憩室だ。

サウナと水風呂を何度も往復した後、
タオルで身体を拭き、館内着を着て、髪を乾かし、満を持して休憩室に向かう。
背もたれに角度のついた椅子にどっしりと腰掛け、そのまま一眠りし、「ととのい」という名のディープリラックスを味わう。
その後はそのまま眠ってもいいし、漫画を読んでもいいし、ネットサーフィンをしてもいい。
何も考えずに自由なことをできる時間が与えられる喜びを、全身でかみしめる。

サウナの休憩室には、おじさんが多い。
サウナ自体おじさんが多いので当然だが、サウナの休憩室は、8割方おじさんだ。
オレのような若者(オレもアラサーなので、「若者」と言ったら怒られるかもしれないが、まだおじさんではないと思いたい)は、あまりいない。

サウナの休憩室のおじさんは、眠るスピードが異常に速い。

オレは、サウナは大好きだが、サウナ後にはなかなか寝付けないことが多い。
オレは体力が人一倍ないので、眠るための体力までサウナで使ってしまうのだろう
(よく、年をとると早起きになるのは加齢で眠る体力がなくなるからだというが、眠るにも体力は必要なのだ)。
だから、眠らないまま目だけ閉じていることが多いのだが、おじさんは、みんなすぐに眠る。

中には、椅子に座ってから10秒後にはもういびきをかき始めているおじさんもいる。
これは誇張ではなく、本当の話だ。
10秒で眠れたらどれだけ気持ちいいだろうなと、毎回おじさんが羨ましくなってしまう。

サウナにいるおじさんは、たいてい腹が出ている。
だが、そんな腹が出ているおじさんも、椅子に座れば10秒で眠ってしまう。
見た目によらず、体力があるのだ。

オレも、そんな体力のあるおじさんにならなければいけないなと思う。

【今日のまとめ】
腹は出たくないが。


というわけで。
  1. 2018/07/10(火) 21:36:48|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: