FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

サウナしきじ

unnamed.jpg

昨日のエントリにも書いた通り、4ヶ月ぶりに「サウナしきじ」に行ってきた。
薬草サウナに蒸され、水風呂に浸かり、
マッサージを受け、仮眠室で眠り、カウンターでゆっくり飲む。
ぜいたくな休日を過ごした。

今回は「しきじインター」こと日本平久能山ICを初めて利用したが、なるほど快適だった。
インターを降りて右折し、まっすぐ進むだけでしきじに到着できる。
これは今後も利用しない手はない。

それにしても、しきじの薬草サウナはやはり唯一無二だ。
名サウナは数あれど、この薬草サウナの感覚はしきじでしか味わえない。
この薬草サウナ目当てで、そう遠くないうちに、オレはまたしきじを訪れることになるだろう。

【今日のまとめ】
頭皮に染み込む薬草の香り。


というわけで。
  1. 2020/01/12(日) 23:05:34|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナしきじ

静岡の「サウナしきじ」に来ている。
前回は9月だったので、約4か月ぶりだ。

ひとまず薬草サウナと水風呂を3セット。
久々のスチームですっかり蒸され、ばっちりととのった。

いまは休憩室でコーラを飲みながらこのエントリを書いている。
三連休の初日にふさわしい優雅な時間だ。

明日は同行の友人たちと「さわやか」に行く予定だ。
久々のさわやかのハンバーグも楽しみである。

それ以外は完全にノープランなのだが、
旅行ではなくサウナが主目的なので、ノープランなのも当然といえば当然だ。
こういう休日も悪くないものである。

【今日のまとめ】
思ったより空いている。


というわけで。

  1. 2020/01/11(土) 17:57:49|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナ・スパプロフェッショナル

先日、サウナ・スパプロフェッショナルの試験を受けた。
試験を受けたと言っても、在宅での受験なのであまり緊張感はなかったが、
試験問題はそれなりに難しく、伊達にサウナ・スパ健康アドバイザーの上位資格ではないと感じる。

サウナ・スパプロフェッショナルはサウナ管理士でもあり、
日本サウナ・スパ協会は、この資格を持っていることを、サウナ施設の管理者になるための条件として定めている。
オレはサウナの管理者にまでなるつもりはいまのところないが、
そのレベルの知識を有したうえでサウナに入りたいと思う程度にはサウナが好きだ。

テキストは分厚く、サウナの歴史やサウナでの人体の様子、サウナや温浴施設に求められる構造など、まさに「プロフェッショナル」な内容となっている。
特に、防火や防水、そしてベストなロウリュの求められるサウナの構造についての記述はとても面白い。
これから色々なサウナを訪れ、その構造を観察するのが楽しみになってくる。

まだ試験の結果はわからないが、
もしオレがサウナ・スパプロフェッショナル(管理士)になることができれば、
今後、このブログにもより堂々とサウナについて書いていけるようになる。
その日がとても楽しみだ。

【今日のまとめ】
水風呂は日本の文化。


というわけで。
  1. 2020/01/08(水) 13:09:11|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の北欧

久々に上野のサウナ「北欧」に行った。
スカイツリータウンで遊んだ帰り、ひとり上野に立ち寄って向かう北欧。
下駄箱からして明らかに混んでいるが、土曜の夜なのだから、入れるだけでもいいと思うしかない。

浴室に行くと、脱衣ロッカーはほとんど満杯だ。
浴室にも人は多い。
しかし、サウナこそ混んでいるがそれでも座れるし、
水風呂や露天スペースは常時空いていた。
寒い時期なので、風呂にだけ入る人が多いのかもしれない。

水風呂は、この時間でも13℃ほどをキープしていた。
チラーの調子が戻ったようだ。
これなら、サウナ・外気浴とのコンビネーションでばっちり気持ちよくなれる。
文句なしの名サウナだ。

この北欧の浴室は、健康ランドのような広さはない。
サウナと水風呂と露天スペースの良さはあるが、
あくまでも、「ホテルの大浴場」というレベルである。

しかし、それがいい。
普段使いのサウナでは自分の導線が決まっているので、広すぎないほうがありがたいのだ。
サウナ、水風呂、外気浴。
その動きを無駄なく行える浴場こそが、求めるものなのだ。

夜風に当たりながら上野駅まで戻り、グリーン車で地元に帰りながらこのエントリを書いている。
非常に気持ちがいいが、寝過ごさないことを祈るのみだ。

【今日のまとめ】

というわけで。
  1. 2019/12/21(土) 23:30:50|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊香保温泉のサウナ

先日は伊香保温泉のホテルに宿泊した。
オレは週に一回はサウナに行くと決めているが、この週は、その週に一回のサウナがこの温泉だった。

ホテルには浴場が二つあり、夕方と朝にそれぞれの浴場に入ったのだが、
特に、朝に入ったほうの浴場がすばらしかった。

サウナは平凡だが(もちろん、悪くはない)、
水風呂が強烈な冷たさで、消毒臭さもない。
洗面所の水道には「榛名山の天然水なので飲める」旨の貼り紙があったが、
おそらく、この水風呂もそうなのではないかと思う。

サウナ施設ではないので、おそらくは特にチラーが効いているわけでもないし、温度計もない。
しかし、冬の伊香保であるから、むしろ水温は非常に低い。
サウナ後に水風呂に浸かると、足先が痛くなるほどの冷たさである。
高く見積もっても12-13℃で、あるいはもっと冷たいかもしれなかった。

その後、露天風呂のスペースに出て外気浴をする。
フィンランドだ、と思った。
周囲の林から木漏れ日がのぞき、吐く息は白い。
周囲は静寂で、ただ鳥のさえずりが聴こえるだけだ。
サウナから出てきた身体からは湯気が立ちのぼる。

浴槽の縁に適当に腰掛け、天を仰ぎ見ると、全身が心地よさに包まれる。

これを3セット繰り返したあとで、部屋に戻ってしばし休み、レストランで朝食バイキングを堪能した。

身体が完全にリセットされた気分だ。

サウナ施設やスーパー銭湯ではない温泉のサウナは「二流」だと思っていた自分が恥ずかしい。
紛れもなく一流の、ととのえるサウナだった。

【今日のまとめ】
夏場の水風呂の温度が気になるが。


というわけで。
  1. 2019/12/05(木) 13:04:40|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: