FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

自販機食堂

IMG_5677.jpg
▲逆光で申し訳ない。

せっかくの好天だったので、車で2時間弱を走って伊勢崎の「自販機食堂」まで行ってきた。
日曜の昼ということもあり混雑も覚悟していたが、思ったほどでもなく、数組が出入りしている程度だった。
もっとも、店内のゴミ箱は満杯だったので、タイミングが良かっただけかもしれない。

IMG_5688.jpg

小奇麗な店内には、相変わらず美しい状態が保たれた自販機が立ち並ぶ。
この他に稼働中のトーストサンド自販機や瓶コーラ自販機などもあり、
レトロ自販機に馴染みのない層にとってはこれだけでテーマパーク感覚だろう。

IMG_5686.jpg
▲天ぷらうどん(330円)+ルートビア(150円)。

今回は、普段自販機店舗であまり食べない天ぷらうどんを購入。
飲料自販機でA&Wのルートビアが販売されていたので、それをお供にした。
ルートビアが自販機フードとともに飲めるというのは、いかにも客層を「わかっている」感じがする。

IMG_5687.jpg

しっかりした麺のうどんはほどよくコシがあり、醤油だしでやや濃い目のつゆによく合う。
野菜のかき揚げも風味が豊かで、これだけのうどんを自販機で食べられるというのは贅沢だ。
少なくとも、昔ながらの駅のホームで食べる天ぷらうどんには負けていない。

IMG_5692.jpg

IMG_5691.jpg

店内の自販機に、両替専用のボタンがあった。
ボトルの中の箱に500円玉と100円玉5枚が入って出てくる。
両替まで自販機でできるとは、これは面白いアイデアだ。

IMG_5689.jpg


店内には「コスモスベンダー」をはじめとしたおもちゃの自販機がたくさん並んでいるが、
その中にインベーダーグッズの自販機があったので2回購入した。
どちらもいい雰囲気のグッズだったので満足だ。

最後にハンバーガー自販機でチーズバーガーを買って帰ったのだが、ちょうどオレが買ったタイミングで売り切れた。
自販機店舗はやはりタイミングが重要である。

「オレンジハット」を展開するミトミのアンテナショップとして、レトロ自販機の魅力を発信し続ける「自販機食堂」。
その素晴らしさはいつ訪れても変わらない。
もう少し涼しい秋晴れの日になったら、ぜひまた訪れたいところだ。

【今日のまとめ】
Hacoめしが売り切れだったのは残念。


というわけで。
  1. 2018/10/07(日) 19:54:11|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレンジハット 沖之郷店

IMG_5474.jpg

今朝、ふと自販機そばが食べたくなり、車で群馬の「オレンジハット 沖之郷店」に行ってきた。
最新号の「POPEYE」にも取り上げられている、ロードサイドに濃いオレンジの塗装が映えるレトロな外観だ。



ちなみに前回の訪店は4月だったので、もう4ヶ月以上行っていないことになる。

IMG_5494.jpg

おなじみのロゴの看板は変わらず綺麗な状態を保っている。
デザインこそレトロだが、あまり古さを感じない。

IMG_5483.jpg

IMG_5484.jpg
▲素晴らしいコンディションの自販機たちに敬礼。

駐車場にはたくさんの車が停まっていたが、自販機コーナー目当ての客はほとんどおらず、
その多くが麻雀ゲーム目当ての人たちだった
(もっとも、彼らもゲームの合間に自販機フードを食べているのかもしれないが)。
きっと、地元の人々のコミュニケーションの場として機能しているのだろう。
コンビニではゲームはできないのだから、このオレンジハットはコンビニとは異なる独自の存在意義を有しているのだ。

IMG_5479.jpg
▲天ぷらそば(330円)。

前回も天ぷらそばだったので、今回はラーメンかうどんにすることも考えたのだが、
朝に「そばを食べたい」と思った気持ちは揺るがず、今回もそばを購入した。
ニキシー管のカウントが終わると心地いいベルの音が鳴り、取り出し口に丼が現れる。

IMG_5482.jpg

ここのそばはストレートのしっかりした平太麺で、とても食べごたえがある。
つゆも、業務用のものではあろうが出汁が効いていて、下手な立ち食いそばよりもよほどうまい。
柔らかめのかき揚げの風味もよく、盛り放題のネギとの相性も抜群だ。

IMG_5486.jpg

綺麗に清掃された白いテーブル席には、無料トッピングの刻みネギと一味唐辛子が置かれている。
刻みネギの下には保冷剤が敷かれており、タッパーにも入っているので衛生的だ。
このネギと一味のおかげで、そばやうどんがより美味しく食べられる。

IMG_5488.jpg
▲ピリ辛トースト(220円)。

トースト自販機で「ピリ辛トースト」も購入して食べた。
アルミホイルを剥がすにも一苦労の熱さのトーストは、ピリ辛ソースの塗られたハムがよく合う。

最後に、家で食べる土産として、ハンバーガー自販機でカレーバーガーを購入して帰った。
ここは、うどん・そば・ラーメン、トースト、ハンバーガーの「三種の神器」がすべて食べられるのも素晴らしい店舗である。

昨日の朝、群馬県のコンビニ「セーブオン」が全店閉店した。
オレはそれほどセーブオンを頻繁に利用していたわけではなかったが、閉店によるショックは思いのほか大きい。
もし、このオレンジハットにもそういう日が来るとしたら、オレが受ける精神的ダメージは計り知れない。
そのダメージを少なくすることは難しいかもしれないが、後悔を減らすことはきっと可能だ。
そのためにオレがいまできることは、ただ「行けるうちに行っておく」、それだけだ。

【今日のまとめ】
POPEYE効果はどれほどなのだろう。


というわけで。
  1. 2018/09/01(土) 21:44:13|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オートパーラーシオヤ

きのうに引き続き、きょうも秋を感じる涼しい陽気だった。
こんな陽気に外出しないのは罰が当たると思い、自販機ドライブを思い立った。
群馬県の自販機コーナーは某雑誌に掲載された影響で混雑が予想されるため、
今回は趣向を変え、千葉県まで向かうことにした。

五霞から圏央道に乗り、暫定2車線対面通行の窮屈な道路をしばらく走って神崎インターチェンジで下車。
インター付近の広大な道路から一転しての山道をしばらく走ると、そこに目的の「オートパーラーシオヤ」が見えてきた。

オートパーラーシオヤ1
▲レンガ調の外壁が、いい感じの昔っぽさを醸し出す。

オートパーラーシオヤ2

黄色い外壁は、おそらく近年になって再塗装されたものだろう。
昭和中〜後期くらいの建築と思われるいい感じにひなびた小屋に、レトロ自販機が立ち並ぶ。
向かいには「塩谷石油」という名のENEOSのガソリンスタンドがあり、「シオヤ」はその経営なのだと思われる。

オートパーラーシオヤ3

オートパーラーシオヤ4

オートパーラーシオヤ5

オートパーラーシオヤ10

稼働しているレトロ自販機は、富士電機製うどん・そば自販機と、新しめのホシザキ製ハンバーガー自販機。
カップヌードル自販機も現役だ。
稼動こそしていないが、「あらいやオートコーナー」のものと同じと思われる弁当自販機や、
ボンカレーライス自販機、富士電機製カップ飲料自販機まで置かれており、さながら自販機博物館のようだ。

店内には親子連れの先客がおり、子供たちもレトロ自販機フードを楽しんでいた。
オレも子供の頃からこうした自販機に興味があったが、結局訪れることはできなかったので、彼らが少しうらやましい。
その子供が親に「こういう場所は日本にたくさんあるの?」と聞いていたが、親は答えに窮している様子だった。
代わりに答えようかと思ったが、不審に思われるのも嫌なので、心の中で答えるにとどめた。

オートパーラーシオヤ6
▲天ぷらそば(300円)。

ニキシー管の30カウントで出てきた天ぷらそば。
スープをかき混ぜても比較的薄味だが、薄いおかげで完飲しやすいし、好みの味だった。
天ぷらは見ての通りフニャフニャだが、これもこれで、昔の駅そばのようで懐かしい。
そばは比較的細めの麺で、あまり自販機では食べたことのないものだったが、風味がちゃんとあってうまかった。

幸運なことに、オレがこれを食べている最中にお店の人が車で訪れ、うどん・そば自販機を補充したので、その様子を眺めることができた(写真は撮っていない)。
中身を見るのは初めてではないが、やはりワクワクしてしまった。

オートパーラーシオヤ7
▲ハンバーガー(250円)。

ハンバーガー自販機で「ハンバーガー」も購入した。
シンプルな紙箱に「ハンバーガー」とだけ印字されている。
同じ自販機でチーズバーガーも売っているが、オレはチーズがそれほど好きではないし、天そばの後なので、
チーズバーガーよりはあっさりしているであろうハンバーガーを選んだ。

オートパーラーシオヤ8

紙箱底部の販売者は「オートパーラーシオヤ」。
おそらくここだけのために卸しているハンバーガーだと思われる。
少なくとも、群馬や埼玉の自販機店舗ではこのハンバーガーは見たことがない。

オートパーラーシオヤ9

丁寧な包装を開くと、ごま付きバンズのうまそうなハンバーガーが現れた。
チーズバーガーとの差異か、もちろんチーズは入っておらず、中身はケチャップと合い挽きのハンバーグのみ。
肉の味がしっかりしていて、なかなか食べごたえのあるうまいハンバーガーだった。
なんとなく、かつて中山競馬場の内馬場にあったモスバーガーで食べたハンバーガーの味に似ている気がした。
単に千葉つながりで連想しただけかもしれないと思いつつも、
競馬場のモスバーガーは作り置きだったから、あながち間違いでもない気がする。

店内には冷房が置かれていないようだったが、この陽気の午前中だったこともあってか、まったく汗をかかなかった。
盆休みでみんな一通り遊びきったからなのか、土曜にもかかわらず空いている店内で、まったく売り切れのないレトロ自販機を楽しめたのは幸運というほかない。

分かりやすい立地で、駐車スペースも多く雰囲気のいい店だった。
時間こそ2時間弱かかったが、ぜひまた訪れたい名自販機店舗だ。

【今日のまとめ】
次はうどんとチーズバーガー。


というわけで。
  1. 2018/08/18(土) 22:01:37|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中古タイヤ市場 相模原店

IMG_5389.jpg

木曜、久々に相模原の「中古タイヤ市場」に行った。
SNSで見て知ってはいたが、店舗前面の畑だった部分が綺麗に整地され、入り口も設けられた駐車場になっていた。
駐車スペースはかなり広く、停められないという事態はそうないだろう。

IMG_5392.jpg

今回の目当ては最近導入されたこの川鉄製めん自販機だったが、残念ながら売り切れだった。
とはいえ、稼動しているというだけでも奇跡的だ。

オレの知る限りでは、この川鉄製めん自販機が現役で稼動しているのは、京都の「ドライブインダルマ」とこの「中古タイヤ市場」のみで、
神奈川という首都圏エリアでこの自販機からうどんを食べられるというのは素晴らしいことだ。
自販機はピカピカに磨かれていて、まるで新品のようだった。

ドライブインダルマのそれのように、出来上がったうどんの丼は提供口から半分はみ出てダイナミックに提供されるのだろうか。
もう少し涼しくなった頃合いに再訪し、ぜひそれを確認したいところだ。

IMG_5395.jpg
▲チャーシューメン(400円)。

きつねうどんが売り切れだったので、代わりにおなじみの富士電機製自販機でチャーシューメンを食べた。
通常のラーメンと100円しか変わらないが、これだけたっぷりチャーシューが乗ってくるのでお得感がある。

IMG_5396.jpg

コショウの効いた醤油スープにノリがたっぷり入り、メンマやナルトなどの具も充実した非常に本格的なラーメンだ。
ボソボソした麺の食感もよく、柔らかいチャーシューも絶品で、あっという間に完飲してしまった。

IMG_5400.jpg

いつの間にか登場していた紙パック飲料自販機で、いかにも昭和なパッケージの「ヨーグルッペ」を購入して飲んだ。
もちろん現役で製造されているものだが、なかなかその辺では最近見かけない。
こういう飲み物が自販機から気軽に買えるのもこの店の素晴らしさだ。

自販機の数も以前より明らかに増え、ゲームコーナーまでオープンしたこの「中古タイヤ市場」。
駄菓子やパン、アイスクリームも自販機で購入することができ、ちょっとしたおやつを買うならコンビニよりもはるかに便利だ。
こんな店舗が近所にある人を羨ましく思う。

【今日のまとめ】
ノンアルコールビール自販機まで増えたらしい。


というわけで。
  1. 2018/08/11(土) 22:41:01|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オートレストラン 鉄剣タロー

180606鉄剣タロー1

Twitterでフォローしているアカウントが相模原の「中古タイヤ市場」についてツイートしていて、久々に自販機コーナーに行きたくなった。
とはいえ相模原まではそう簡単に行けないので、一時間で行ける行田の「鉄剣タロー」に来た。
普段は明るいうちに来ることがほとんどなので、暗い時間の鉄剣タローは新鮮だ。
店舗上部の「オートレストラン ゲーム」の電飾は節電のためか点灯しておらず、
この立地を考えれば、営業していることを知らなければまず間違いなく立ち寄るのは不可能だろう。

180606鉄剣タロー2

入り口にこのような貼り紙があった。
手書きの貼り紙は鉄剣タロー名物である。
オレは「手書きの方が温かみがある」などという発言にはうんざりする方の人間だが、こと鉄剣タローに関してはその温かみを充分に理解できる。
昭和は自販機のジュースが100円で買えた時代で、粋なキャンペーンだ。

創業30周年ということは1988(昭和63年)のオープンということになるが、意外と新しい。
鉄剣タローは、オレよりも1歳年上ということになる。

180606鉄剣タロー3

180606鉄剣タロー4

180606鉄剣タロー5

うどん・そば自販機(販売されているのはうどんのみ)、ハンバーガー自販機、トーストサンド自販機の「御三家」は健在。
前回訪れた際はハンバーガー自販機は故障中だったが、凄腕で知られる「中古タイヤ市場」のオーナーの手によって無事直ったようだ。
そして、以前同オーナーによって修理されたアイス自販機も稼働中だ。

180606鉄剣タロー6
▲チーズバーガー(220円)。

180606鉄剣タロー7

前回は故障中につき冷蔵のものをお土産で持って帰ったチーズバーガーを、自販機で加熱された状態でその場で食べる。
味は安定のマルイケ食品クオリティで、下手なファストフード店のハンバーガーにも負けない。

180606鉄剣タロー8
▲天ぷらうどん(300円)。

鉄剣タロー名物の具だくさんの天ぷらうどんは今回も健在だった。
かき揚げ・ちくわ天・カニカマ天という盛りだくさんぶり。
自販機うどんでこれだけ豪華なトッピングは、オレがこれまで食べた中では他に類を見ない。
つゆも濃すぎず薄すぎず絶妙な味で、安心して飲み干せる
(ものによっては、濃すぎて飲むことに健康への不安を感じるものもあるのだ)。

オレとお店の方(途中で帰られたようだ)しかいない怪しい照明の店内でゆっくりと食べるうどんやチーズバーガーの味は格別だ。
来月、鉄剣タローが30歳を迎えた暁には、またお祝いに訪れたい。

【今日のまとめ】
入り口横のリポビタンD自販機の存在感。


というわけで。
  1. 2018/06/06(水) 23:16:46|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: