fc2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

庭の梅

IMG_6836.jpg
IMG_6844.jpg
IMG_6841.jpg
IMG_6846.jpg

今年も庭の梅の花が満開になった。
きょうは暖かかったのでより開花が進み、蕾はほとんどなくなった。
雨や風が強くなければあと一週間程度は花を楽しめるだろう。

梅の魅力は花だけでなくその香りにもある。
この木はそれほど香りが強いわけではないが、それでも十分に梅の花だとわかるほのかな香りが周囲に漂う。
視覚だけでなく嗅覚でも楽しめる、サービス精神の旺盛な木だ。

上の4枚の写真はいずれもEOS EPで撮影したものだ、
数年前に購入したカメラで、安い買い物ではなかったが、多くの場面で活躍してくれている。
こうして庭の風景をきれいに収められるだけでも、買ってよかったといえるだろう。

IMG_6808.jpg

おまけに、こちらはiPhoneのカメラで撮影したクサガメの亀井と梅の花だ。
彼の目には、この花がどう映っただろう。

【今日のまとめ】
亀の目はあまり良くないらしいが。

というわけで。
  1. 2024/03/03(日) 21:01:52|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メダカの鉢を掃除した

日曜、庭のメダカの鉢を掃除した。
メダカの動きが活発でない冬場はあまり掃除をしたくないのだが、藻が繁殖してだいぶ水が汚れてしまったこともあり、思い切って掃除するに至った。
この日は暖かったこともあってかメダカも割と元気に泳いでおり、水換えもスムーズだった。

水換えをしたついでに、地元の道の駅に行き、白メダカを5匹買ってきて鉢に追加した。
これでメダカは計10匹となったが、それなりに大きな鉢なので、特に問題はない。
併せて買ってきたアナカリス(オオカナダモ)も水面に浮かべたので、これから暖かくなって繁殖が行われるのも楽しみだ。

庭のメダカはもともと父親が育てていたもので、オレはあまり関心がなかった。
繁殖がうまくいくこともときにはあるがなかなか難しく、次第に数は減っていった。
そのまま飼うのをやめようかと思ったが、数匹になったときに「仲間がいないのはかわいそうだ」と思い、買ってきたメダカを追加した。
すると、ときおりその子孫が増える。
また数が少なくなってきたら買い足し、世代交代を経ていまに至る。

庭で拾ったクサガメの「亀井」もそうだが、ペットを飼う動機はさして重要ではなく、重要なのは飼ったあとに大事にするかどうかだ。
彼らよりオレが先に死んでしまうことのないよう、健康には気をつけて生き抜きたい。

【今日のまとめ】
メダカも亀も餌代が安いのは助かる。


というわけで。
  1. 2024/01/30(火) 19:33:22|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クサガメの亀井

毎週のルーティンワークとして、クサガメの「亀井」の水槽を洗った。
夏場は水温が高くなり、汚れやすくもなるので、きちんと洗ってやる必要がある。
もっとも、夏場はヒーターを水槽に取り付けていないので、その分掃除は楽だ
(ヒーターには汚れが溜まるので、冬場はその掃除に時間を取られる)。

掃除の最後に、亀井を庭で散歩させる。
最近になって庭に隣地との境界のフェンスを設置し、砂利敷きもしてもらったので、散歩をさせやすい環境になった。
亀は歩くのが遅いイメージがあると思うが、クサガメは意外と歩くのが速い。
少し目を離せばいなくなってしまうので、注意が欠かせない。

今週の9月8日で、亀井が我が家に来て6年になる。
ゲリラ豪雨の直後、庭を歩いていた亀を拾い、その亀が亀井となったのだった。
亀は吉兆だというが、
実際、亀井を拾ってからゆるやかに人生が上向いたように思う。
それはきっと偶然なのだろうが、亀井とともに生きてきたこの7年間は確かな現実だ。
クサガメの寿命を考えても、オレや亀井に事故や病気のない限り、もうしばらくは亀井と生きていくことになるだろう。

人亀ともに、健やかでありたいものだ。

【今日のまとめ】
まだ完全黒化への道は長い。


というわけで。
  1. 2023/09/04(月) 00:07:22|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭の紫陽花

IMG_8657.jpg
IMG_8660.jpg
IMG_8665.jpg

きのうのエントリで「なかなか梅雨入りの発表がない」と書いたのも束の間、
その翌日であるきょう、関東甲信の梅雨入りが発表された。
例年通りなら一ヶ月程度であろうが、その向こう一ヶ月、湿気や蒸し暑さと戦うことになる。

上の写真は、庭に咲いた紫陽花だ。
日曜日に撮影したものなので、写真では蕾になっている部分も、いまはすっかり咲いている。
紫陽花の花はリトマス試験紙のように土壌のpHによって色が変わるというが、
こうして近くに咲いているものでもそれなりに色とりどりになるから不思議なものだ。

昨夜、ちょうど帰宅したときに庭でボトボトと大きな音がしたので驚いたが、それは梅の実が木から落ちた音だった。
梅雨が明けて本格的な夏が来るころには紫陽花は枯れてしまうだろうが、今度は百日紅がきっと花をつける。
季節の移り変わりを、庭の植物たちによって知ることができるのは嬉しい限りだ。

【今日のまとめ】
秋の金木犀も楽しみだ。

というわけで。
  1. 2023/06/08(木) 23:28:08|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クサガメの亀井

IMG_0973.jpg

2017年の秋に庭でクサガメを拾ってからもう5年半以上が経った。
オレの好きなGRAPEVINEのドラマーから名前を借りて「亀井」と命名し、時おり写真を撮ってはSNSに載せている。
それらの写真を見ていると、雄のクサガメ特有の黒化(体色が次第に黒くなる)が少しずつ進んでいることがよくわかる。
体もずいぶんと大きくなったようだ。
毎日見ていると気づきにくいが、こういうときに写真は役に立つ。

上の写真はきょうの午後に撮ったものだ。
週に一度水槽を洗うタイミングで、運動のために庭を少し散歩させる。
新緑とのコントラストで、黒化傾向がより際立つ。

亀井自身は、毎週散歩しているこの庭が、自分の拾われた場所であることをきっと理解していないだろう。
これから体が真っ黒になっても、毎週の散歩をルーティンとするのが、飼い主のせめてもの責務だ。

【今日のまとめ】
相変わらず元気はいい。


というわけで。
  1. 2023/04/23(日) 23:21:26|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

fdrbdrのほしい物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: