怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

モズのはやにえ

モズのはやにえ1

庭で、ブルーベリーの枝に突き刺さった状態のミイラ化したトカゲが見付かった。
自分で突き刺さったのか、あるいは鳥かなにかの仕業なのかオレには分からず、Twitterにこの写真を載せたところ、
これは「モズのはやにえ(速贄)」だという返信を複数もらった。

モズは、獲物をこのように枝に突き刺したり挟んだりする性質があるらしい。
突き刺した獲物を再び食べに来ることもあるそうだが、そのまま放置されることが多いようだ。
このトカゲもずいぶん干からびているから、おそらく突き刺されるだけ突き刺され、
オレが気付くまでしばらく放置されていたのだろう。

モズのはやにえ2

モズのはやにえ3

首の辺りを突き刺されている以外はきれいに残っていて、尻尾も全く切られていない。
きっとこのトカゲは、モズに襲われ、自分がどうなったかも分からない一瞬の間に、枝に刺されて死んだのだろう。

昨日のエントリで、人はいつ死ぬかわからないということを書いたが、
それは動物にとっても同じことだ。
オレたちはそんな世界に、紙一重のところでかろうじて生かされているのである。

【今日のまとめ】
ここまで乾燥したら食べられないのではなかろうか。


というわけで。
  1. 2017/01/11(水) 18:22:50|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛙とトンボ

蛙

きのう物干し竿の筒の中にいたアマガエルだが
今朝も同じ場所に留まっていた。
最低でも24時間はここにいることになるが(もっとも、途中で抜け出て戻ったのかもしれない)
連休だというのにずっと引きこもり続けるその様子に、とても親近感が湧く。

蛙とトンボ

しかもきょうはトンボとの二人体制である。
人間には分からない何かがあり、それを監視しているのだろうか。

この後、蛙が苦手な母が物干し竿を叩くと
アマガエルは驚いてここを飛び出していった。
酷いことをするものだな、と思ったが
自分も苦手な虫や生き物はあるし、別にアマガエルは死んだわけでもないので何とも言えない。
母によれば、「数日するとまたここに戻ってくる」という。
そんなに居心地がいい場所なのだろうか。

【今日のまとめ】
マリオの砲台を思い出す。


というわけで。
  1. 2015/09/20(日) 19:25:17|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大海は知らない

蛙

久しぶりに晴れたので洗濯をした。
物干し竿に近づくと、パイプの中にアマガエルが。
先月キンカンの辺りにいた個体と色が似ているが、同じ個体だろうか。
もっとも、体色はコントロールできるらしいが。

それにしてもうまい所に入ったものだ。
日和見という言葉がしっくりくる。

この穴は地表から180cmほどの高さなのだが
果たしてこの後は飛び降りたのだろうか。
明日も覗いてみよう。

【今日のまとめ】
マリオ感。


というわけで。
  1. 2015/09/19(土) 19:45:10|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元のほおずき市

ほおずき
▲下にちょっと見えるけど、風鈴付き。

近所の神社で毎年曜日に関係なく13・14日に行われるほおずき市。
今年も赤々としたいいものが手に入った。

なぜ13・14日と固定かというと
浅草のほおずき市が7月9・10日、いわゆる四万六千日に行われ
このほおずきは浅草のものを持ってきているから。

もちろん売れ残りというわけではなくて、単に業者がそっちで忙しいということだろう。
これから赤くなる青々としたものから、写真のように既に熟したものまで、好みのものを選べる。

こういう縁日で季節の移ろいを知ることができるのは
趣があるというのもそうだが、単純に便利というか、わかりやすくて助かる。

しばらくは玄関に飾って、枯れるまで楽しみたい。

【今日のまとめ】
実は食べたことない。


というわけで。
  1. 2015/07/13(月) 20:24:05|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマガエル

150609ヒキガエル

ナミアゲハの幼虫の観察に一役買っている庭のキンカンの鉢。
そこに大きな白い物体が見えたと思ったら、アマガエルだった。

アマガエルというと緑色の個体を思い浮かべるが
このような白いものも実際にはそう珍しくない。
彼らは周囲の色によって体色を変化させるらしいので
このキンカンに停まる前はコンクリートの上にでもいたのだろう。

アマガエルがナミアゲハの幼虫を捕食することもあるようで
ちょうど一匹見当たらなかったので食べられてしまったのかと思ったが
その幼虫は少し離れた場所で見付かった。

田舎ゆえ、もう少し時期が進むと近所の田んぼでカエルの大合唱が始まるが
こうして一匹でいる分にはかわいいものである。

【今日のまとめ】
アマガエルは触っちゃ駄目らしい。


というわけで。
  1. 2015/06/10(水) 17:42:04|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: