怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

夢日記

冬の憂鬱により睡眠時間が長くなり、その結果眠りが浅くなって夢を見ることが増えた。
きょうの夢は割とはっきりと覚えているので、久々に夢日記を書いておく。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オレは京都かどこかのホテルに、出張か何かで一人で泊まっている。
朝か昼に目が覚め、カーテンを開けると、窓の外で大学のサークルの同期が眠っていた。
ホテルには耐震補強のような太い骨組みが窓の外に付いていて、そこに布団を用意して横になっていたのだ。
そこは15階(なぜか「15階」とはっきり認識していた)で、オレは夢にもかかわらず本気で驚いたのだが、彼は目を覚まして平然とオレに話し掛けてくる。
オレの部屋番号をフロントで聞き、その部屋の外で待機していたのだそうだ。
オレは、それは個人情報保護に反するのではないかとか、普通に部屋に入ってくればいいのにと思った。
もっと色々と考えるべきことがあると思うが、夢のオレはそんな呑気なことだけを考えた。
窓は簡単に開閉でき、オレは彼を部屋に招き入れた。

その後、彼とはまた違うサークルの同期数人と外のどこかで落ち合い、
先ほどの、窓の外の骨組みで同期が布団を敷いて寝ていた話をして一緒に大笑いした。
普通に考えれば笑える話ではないのだが、夢の中では確かに笑っていた。

そして場面が変わった。
他の人がどうなのかわからないが、オレの夢はいつも突然に場面が切り替わる。

オレは仕事だか遊びをこなしてホテル(これははっきり覚えておらず、
違う場所だったか、ホテルだとしても同期が外で寝ていたのとは別のホテルのような気がする)に戻ってくる。
そのホテルでオレはTwitterを見ている。
見ていたツイートは女のもので、その女はなんとTwitterで堂々と売春の申込みをしていた。
詳しくは覚えていないが、どこまではいくら、さらにどこまではいくらだという金額の提示があったと思う。

オレは、何を思ったか、その女に、何円(金額は覚えていない)で買います、とリプライを飛ばしたのだった。
オレは、そのリプライを他人に見られてしまうのは恥ずかしいな、と思ったのだが、
それでもリプライしてしまった。

しかし、その女から返事はない。
オレはその後どこかスーパーのような場所に買い物に行くのだが、
そこでも返事が気になり、スマートフォンをしきりに確認する。
そして、Twitterのその女のページを開くと、なんとその女は50代のおばさんだった。
写真も投稿しているが、歳の割にはきれいだが、とてもオレの対象ではない。

まだ返事は来ていないが、むしろ返事は来てほしくない。
オレはそんなおばさん相手では立たないし、それは夢のオレも同じだ。
すぐに追加のリプライでキャンセルすべきなのだろうが、オレは何もしないでただ怯えるだけだった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

とても胸糞悪い内容の夢だった。
前半は怖くもありつつ面白かったが、後半は生々しく地獄のようだった。
こういうことがあるから、オレは「夢は深層心理の現れ」という説には断固反対だ。
オレは50代のおばさんと寝たいとは思わないし、そうなったらむしろ金を払ってでも断りたいからである。

【今日のまとめ】
普通に犯罪である。


というわけで。
  1. 2016/12/13(火) 21:46:56|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢日記(2015/7/30)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

自分は高校生くらい。
修学旅行だか宿泊学習だかのイベントで、クラスメイト(実際の高校時代のクラスメイトもいたし、知らない人もいた)と
ゴルフの打ちっ放しのようなことをやっている。
何回かクラブを振った後、古い学校の校舎のようなところに行く。
校舎は先月行った滋賀の豊郷小学校旧校舎(けいおんの高校)によく似ていた。

教室に入ろうとすると、生徒たちは掃除をしていた。
入れないので再び校舎の外に出る。

すると、困っている様子の小学生くらいの男の子と
先生らしき男性がいる。
その先生は、男の子が「土管に幽霊が現れた(?)」と言って怖がっているので
私が男の子と一緒になってその土管を見てきてほしいと言う。

その「土管」はすぐそこなのかと思ったら、気付くと自動車に乗っている。
しばらく走行したところで、自動車を運転しているのが私ではなくその男の子であることに気付いた。
どうしてそこまで気付かなかったのかは不明。
「危ないよ」と言った矢先、車はさっそく大勢の人が横断中の横断歩道に突っ込んでいく。

幸い誰も轢かずに済み、車を停車させると
車を降りることなく身体をくねらせて座席を入れ替わり、今度は私が運転する。
運転した感覚からして明らかにオートマ車なのだが、何故か左足部分にペダルがあったり
入れ替わる途中でクリープを始めたりして危なかった。

運転中、なぜか私は急に引っ越しのことを考え、マンションの廊下らしき風景が脳裏に浮かんでくる。
関東から西日本に引っ越す予定らしく、「京都がいいな」とかそんな考えが浮かんでいた。

途中のあまりにも細い道で何度も横転(!)しながらも、男の子が「あと少し!」と言う辺りまで来た。
横転する様子を、その道沿いに住んでいるらしきおばさん達が笑って見ていて、
私は「笑ってないで手伝ってくれればいいのに…」と思っていた。

ところが、突然目の前に、助手席にいたはずの男の子が自転車に乗った状態で現れ、
私の運転する車がそれを轢いてしまう(轢いた/撥ねた瞬間の映像はなかった)。

いきなり場面が切り替わり、「そして一年後―」的なエピローグっぽい雰囲気に。
隣にいる高校生らしき男性(クラスメイト?)が「仕方なかったんだ」みたいなことを言う。
しかし、その時の私はあまり後悔とか悲しみを覚えていなかったので、どうやら男の子は無事だった雰囲気。

この辺で目が覚めた。

----------------------------------------------------------------------------------------------

盛りだくさんすぎて全く意味不明な夢。
夢でお馴染みの突然場面が切り替わる現象もあったし
何ですぐ気付かないんだよ!という突っ込みどころ満載の自動車シーンまで。
こんなのが「深層心理の現れ」だったら怖くて仕方ないので
単なる脳のイタズラであってほしい。

【今日のまとめ】
男の子は坊主でした。


というわけで。
  1. 2015/07/30(木) 20:16:59|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢日記(2015/04/17)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ホテル、あるいは高層ビルのような建物にいる。
自分は9階だか10階にいて、他の見知らぬ人たちと一緒に、19階に行くべくエレベーターホールで並んでいる。

エレベーターが到着し、開いた扉から乗り込もうとする。
ところが他の人たちは何かに気付いたらしく、そのエレベーターに乗らない。
自分はその理由が分からず乗ってしまうが、扉が閉まった直後に、そのエレベーターが下りであることに気付く。

慌てて近い階で降りるのも恥ずかしいというのと、ちょうどいいので1階で飲み物でも買おうということで、
そのまま1階のボタンを押す。
他に乗客はおらず、すぐに一階に着くが、降りようとしたところで見たことのある顔が乗り込んでくる。
高校のクラスメイトで、仲もかなり良かったF君だ。

「久しぶりだね」などと挨拶をするが、こちらの挨拶に対するF君の反応がない。
「あれ、F君だよね?キムラだよ」と問いかけるが、
F君は「人違いじゃないですか」と言う。

しかし、顔も背丈も声も、どう見てもF君である。
他人の空似というにはあまりにも不自然すぎる。
それに、僕に対する「知らない」という反応も、
心なしか「本当は知っているが、シラを切ってあしらっている」という感じだ。
なぜそんな反応なのか。

ここで場面が切り替わり、タクシーに乗っている。
運転手は小太りの愛想のいい若い女性で、どこかの駅に送ってもらっているようだ。
何か世間話をしながら駅に着く。

ここで降りた後の挨拶が不思議で、
まるで知り合いに送ってもらったかのように「今回はありがとうございました。助かりました」
「またよろしくお願いします」などと丁寧な応酬が繰り広げられる。
挙句の果てに、運転手は「音源、帰りに聴かせていただきますね」と
どうやら僕の音源を購入してくれ、それを早速聴くと思しきコメントを残して立ち去る。
場面が切り替わる前のやり取りで、音源の売買があったのだろうか。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

今回は昼寝の際の夢。花粉症の薬などは何も飲んでいない。
まさかのF君登場と、音源を聴いてくれる謎の女性運転手(こっちは知らない人)。
ホテル(ビル?)もタクシーから見る景色も、どこかに似ているといえば似ているが、知っている特定の場所ではないと思う。

知り合いが自分のことを知らない(と言い張る)というのは、夢であってもそれなりにショックだ。
これは心理学的にはどういう評価を受けるんだろう。
後半の方は、夢で変な展開になること自体は珍しくないので、それほど気にならないが。

「白昼夢」ともいうが、昼寝の際に見る夢の方が彩度や内容の面白さは高い気がする。
夜の睡眠より浅いからかな。

【今日のまとめ】
何にせよ、音源を買ってくれる人は神様。


というわけで。
  1. 2015/04/17(金) 20:50:07|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢日記(2015/03/22)

-----------------------------------------------------------------------------------------------
地下鉄に乗っている。
クロスシートばかりの構造で、あまり見たことがない車両。

自分はシートに座ってスマートフォンで乗り換えを調べている。
ところが、自分の入力ミスなのかアプリのエラーなのか、何度調べても「再度入力してください」と表示されてしまう。
苛つきながらも何度も操作を繰り返していると、スマートフォンの画面を小さな手がベタベタと触ってくる。
左を見ると、小学校低学年くらいの男の子が母親の膝の上に座っている。
彼が画面を触っているのだ。

元々乗り換えがうまく表示されなかったこともあって苛ついていたので、
「やめてくれないかな」と少し怒り気味に少年に言う。
すると、母親が「子供なんだから少しくらい触らせてくれたっていいじゃないの」と反抗してきた。
自分は母親に対し困っている旨を伝えると、こちらは悪くないのになぜか喧嘩両成敗のような形になり
「少年は画面を触るのをやめ、こちらは少年に謝る」という結果になった。
その時、こちらは少年に名前を聞いた上で「◯◯君」と呼びかけたのだが
母親はまるでこちらが名前を言い間違えたかのように強い語調で「◯◯ね!◯◯」と釘を差し
最後までいやみったらしい感じだった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

いわゆるキチママが夢に登場である。
幸い、リアルでこういうタイプの人に絡まれたことはほとんどないのだが
まとめサイトなどでこういう事案を読んでいるせいなのか、出てきてしまった。

電車はおそらく自由席で混んでいる様子もなかったので、こっちも面倒なら席を立てばよかったのだし
母親も幼児ならともかく小学生くらいの子をわざわざ膝の上に乗せることはなかったのにと思うが
こういう謎も夢にありがちなことである。

地下鉄で全席クロスシートというのも珍しい、というか見たことがない。
混雑度から考えて無理だろうが、ちょっと実現したら面白いと思った。

【今日のまとめ】
また胸糞悪い系の夢。

というわけで。
  1. 2015/03/22(日) 12:18:33|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢日記(2015/02/17)

----------------------------------------------------------------------------
小説のようなもの(ラノベ?)を書いた原稿用紙が目の前にあり、
自分は対面式の机を前に、椅子に腰掛けている。
机の向かいには担当の編集者のような男女が座っている。

原稿用紙は自分が書いたもので、正直言って内容にはそこそこ自信がある。
きっと一発OKが来るだろう。

ところが、原稿を読んで、まず男性の方が渋い顔をする。
直接的にこそ言わないが、どうも内容に不満がある様子だ。
これだけで既に不安になるが、それに続く女性編集者のコメントで一気にKO。
彼女は「ショボい」と言い放った。
それに続き「こんなんで面白いと思う?書きなおしてください」といった旨のコメント
(「書き直せ」と言う辺り、ここでの自分は持ち込みではなく一応固定の担当がいるようだ)。

かなり自信があったので、今更書き直そうにもアイデアが浮かばない。
絶望に陥る。
----------------------------------------------------------------------------

自分の境遇とは遠い設定とはいえ、かなりリアルな内容の夢。
現実では自分の書いた文章や作品に対してキツい評価を下してくる人はほとんどいないが
この夢の女性編集者は容赦がなかった。
もっとも現実のこの手の職業の人の辛辣さはこんなレベルではないだろうし
これでも甘いほうだろうが…

ブログやメルマガの文章はお金を貰って書いているわけではないので
つい「こんなものでいいか」と妥協しがちになるものだが
ときおり彼女のような存在を脳内に思い描き、
本当にこれでいいか?とセルフチェックをしてから投稿するように心がけたいものである。

【今日のまとめ】
なぜこんな夢を…


というわけで。
  1. 2015/02/17(火) 21:06:58|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: