FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

麺堂 稲葉

先日、遠方に住む友人が親戚のいる古河に来ており、
その友人を誘い、久々に「麺堂 稲葉」に行った。
19時半頃の到着で並びは店外設置の待ち椅子を超えていたが、
回転は比較的早く、30分ほどで着席することができた。

久々ということもあり、基本の「鶏白湯つけめん」を注文。
麺はいつもの国産小麦麺に変更したのだが、
いつの間にか、土日祝は国産小麦麺に変更すると「あつもり」しか選べない仕様になっていた。
オレは普段つけ麺であつもりを頼むことは少ないのだが、
これもいい機会と思い、そのまま国産小麦麺を選択した。

181110稲葉2
▲鶏白湯つけめん・大盛り・国産小麦麺(950円)。

着席から10分ほど待って提供。
つけ汁に柚子、麺の上に生姜が乗った美しい盛り付けだ。

181110稲葉1

つけ汁はポタージュのように濃厚な鶏白湯スープで、
塩ベースの味付けが食を進ませる。
臭みもまったくなく、濃厚ながら最後まで飽きさせない。
具として入っているチャーシューやメンマも風味豊かで、スープ割りまで残しておきたくなる。

181110稲葉3

麺は極太でしっかり硬さのある国産小麦麺。
初めてのあつもりだったが、熱い麺も悪くない。
すする時にやや熱く感じるが、猫舌のオレでも大丈夫なレベルだったので、問題ないだろう。
極太の麺に濃厚なつけ汁がたっぷり絡み、
それを口の中に放り込むと、
鶏のうまみと小麦の風味が同時に押し寄せる。
この上なく贅沢な味だ。

スープ割りを頼んで完飲し、大満足で退店した。
友人たちもその味に満足していたようで嬉しい。

この「稲葉」、
都内の名店と比べても、というのではなく、
単純につけ麺としてトップクラスの一杯を提供してくれる。
そんな名店がこの古河にあるというのだから、古河も捨てたものではない。

【今日のまとめ】
でも、ひやもりの方が好きだ。


というわけで。
  1. 2018/11/14(水) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サウナ後のラーメン

先日、埼玉の「草加健康センター」に行った。
詳しいことはメールマガジンにでも書こうと思っているが、
イベント開催の「耐久ロウリュ」は、それはもう凄まじいものだった。

サウナで大量の汗を流した後、大宴会場に行った。
ここは、大宴会場が食堂も兼ねていて、
客の歌うカラオケを聴きながら食事を楽しめる
(逆に、そういうノリが苦手な人には辛いかもしれない)。
オレは、味噌バターコーンラーメンを注文した。

これはかなりレアな体験である。
ラーメンを頼むのがどうしてレアなんだと言われそうだが、
オレは、こういう場所ではほとんどラーメンは注文しない。
たいていの場合、がっかりするからだ。
ラーメン専門店でない場所で食べるラーメンは、ほとんどの場合、がっかりする
(自販機ラーメンはまた別だ)。

だが、サウナで大量の汗をかいて塩分が欲しくなったからか、
オレはほとんど迷わずに味噌バターコーンラーメンを注文してしまった。

出てきた味噌バターコーンラーメンは、案の定、何の変哲もない見た目のラーメンだった。
大きな具が乗っているわけでもなく、麺もいかにも業務用という感じだ。

だが、一口すすってみると、思わず唸る。
味が濃いのだ。
これは、サウナ後の塩分不足の状態を見越して、あえて濃くしているとしか思えない
(事実、卓上には、
味噌バターコーンラーメンを含む一部のメニューは減塩にも対応している旨書かれたプレートが置かれている)。

具も麺も何の変哲もないのに、
「味が濃い」というただその一点だけで、うまい。
これは「サウナ飯」として完成されている。

他のサウナのラーメンも、このようにサウナ後に食べることを考慮した味付けになっているのだろうか。
そう考えると、サウナでラーメンを食べることに、俄然興味が湧いてきてしまう。

そういえば「サウナしきじ」にもラーメンがあったなと考えると、またサウナ欲が刺激されてくるのだった。

【今日のまとめ】
サウナと関係ないがいづみやのラーメンも気になる。


というわけで。
  1. 2018/11/02(金) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蕾 本家

先日、大宮の東口側で用事があったので、久々に「蕾 本家」に行った。
20時過ぎの入店で空席がいくつかあり、すぐに着席できた。

辛つけ麺(大)の食券を買い、スタッフの「煮干か魚介か」との問いかけに煮干を選択し、待つこと数分。

IMG_5696.jpg
▲辛煮干つけ麺・大(900円)。

トレイに乗って提供され、つけ汁に三つ葉が乗っているという上品なスタイルは変わらずだ。

IMG_5698.jpg

麺は多加水タイプの太麺だが、西口の「蕾 煮干分家」よりは細く、縮れ度も高い。
どちらがうまいというよりは、好みの問題だろう。
俺は煮干分家の麺のほうが好きだが、たまにこちらも食べたくなる。
レモンが乗ってくるが、途中で絞るようにし、味に変化をつけると最後まで飽きない。

IMG_5697.jpg

つけ汁は濃厚魚介ベースに煮干がプラスされ、かつ辛味がブレンドされたもの。
三田製麺所などのような辛ダレ追加ではなく、はじめからつけ汁全体に辛味がよく混ざっているタイプだ。
すすってもむせない程よい辛さに煮干の苦味が加わり、絶妙なバランス。
煮干分家ほど煮干のえぐみもないので、こちらのほうが万人受けしそうな印象がある。
スープ割りを頼んで完飲したが、やはり、煮干分家のそれのように器の底に大量の煮干粉末は残っていなかった。

先日も書いた通り、このところラーメンやつけ麺よりそば・うどんを選択していたので、
こうして久々につけ麺を食べると、そのうまさをよりありがたく感じる気がする。
こういう感じでのラーメンやつけ麺との付き合い方も、いいのかもしれない。

【今日のまとめ】
いつもステーキ丼を食べ忘れる。


というわけで。
  1. 2018/10/25(木) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ラーメン池田

先日の連休最終日、近所の「ラーメン池田」を再訪した。
ちょうど正午ころだったということもあり店外に待ちが3名ほどいたが、自分もすぐ店内に案内された。
祝日だが、周辺の現場系の人たちを中心に賑わっている様子だ。

前回は通常の豚骨ラーメンを食べたので、今回は「鰹豚骨」を注文。
麺は前回の「かため」よりワンランク硬い「バリカタ」にした。
前回食べてみて、ライスが欲しい味だと感じたので、今回は半ライス(150円)も合わせて注文した。

IMG_5694.jpg
▲鰹豚骨ラーメン(750円)・バリカタ。

きくらげ・ネギ・チャーシューがトッピングされた、シンプルで美しい盛り付け。
卓上に紅生姜・辛子高菜・すりおろしにんにく・ラーメンのタレが置かれており、自由に追加できる。
また、きくらげやネギは有料で追加も可能なので、替え玉の際にまた具が欲しい人も安心だ。

IMG_5695.jpg

極細麺はバリカタでも粉っぽさはなく、しっかり風味がある。
きくらげをその麺に絡めて食べると、食感が心地いい。
濃厚な鰹豚骨スープは、もちろん博多豚骨ラーメンのそれではあるが、まるで家系ラーメンのような雰囲気も漂わせる。
だからこそライスも合うのだ。
チャーシューも柔らかく、味がしっかり染みている。

途中で辛子高菜を入れてスープに混ぜると味がピリ辛になり、スープに深みが出る。
この辛子高菜は単体ではかなり辛いが、ライスに少量乗せるといいおかずにもなる。

今回は替え玉の代わりに半ライスを注文したつもりだったが、
スープがあまりにうまいので、結局現金で替え玉(100円)も注文してしまった。
替え玉の硬さは「ふつう」で頼んでみたが、これもこれでいい食感だ。

本当は完飲したかったが、ここ最近の食生活も鑑み、ほんの少しスープを残して退店した。

店内はきれいで、ラーメンもうまく、店主の愛想もいい。
こんな店が近所に出現したのは奇跡的である。
祝日でも昼に空いているのはありがたいことで、今後もぜひ通いたい名店だ。

【今日のまとめ】
次はマー油豚骨。


というわけで。
  1. 2018/10/11(木) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ラーメン池田

IMG_5665.jpg

以前は同じ古河市ながら少し遠い立地だった豚骨ラーメンの店「ラーメン池田」が、自宅から徒歩圏内に移転してきたので、きょうの昼に行ってみた。
開店時刻の11時半過ぎの到着で、客はオレを含めて2名だったが、その後に続々と入ってきた。
12時を回る前にこれなので、昼時はなかなか混んでいるのかもしれない。

若く愛想のいい店主が一人で経営していて、店内は落ち着いた雰囲気で綺麗だ。

豚骨ラーメン専門店で、食券機を見ると、ノーマルの豚骨ラーメンの他に、鰹やマー油の豚骨ラーメンがあるようだ。
麺の硬さは柔らかめからハリガネまで選べる。
オレは「かため」で注文した。

IMG_5663.jpg
▲豚骨ラーメン・かため(700円)。

程よいサイズの丼に綺麗な盛りつけ。
具はキクラゲとネギとチャーシュー。
卓上にはにんにくと紅生姜と辛子高菜があり、好きなだけトッピングできる。

IMG_5664.jpg

麺は博多豚骨ラーメンならではの極細麺。
ボソボソした食感が心地よく、濃厚なスープにしっかりと絡む。
そのスープは、濃厚でありながら豚臭さがまったくなく飲みやすい。
途中で紅生姜や辛子高菜、にんにくを入れて味を変えながら食べてみたが、辛子高菜が絶品だ。
これをライスとともに食べるのもいいかもしれない。
チャーシューも味が染みていて柔らかく、追加トッピングや「キャベチャー」を頼むのもよさそうだ。

せっかくの豚骨ラーメンなので、あらかじめ買っておいた替え玉(100円)の食券をカウンターに出し、替え玉をもらった。
再び「かため」で頼んだが、今考えると違う硬さを楽しんだほうがよかったのかもしれない。

替え玉も完食したあと、スープのうまさに思わず完飲し、満腹で店を出た。
豚骨ラーメンは当たり外れが多く敬遠しがちだが、これだけハイレベルな店が近所にできたというのは実にありがたい。
ぜひまたお邪魔しようと思う。

【今日のまとめ】
自転車を停めるスペースがあったら嬉しいのだが。


というわけで。
  1. 2018/09/20(木) 16:33:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: