怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

七の庫

昨日、久々に地元古河の「七の庫」に行った。
17時頃の入店で客はまばらだったが、土日は通し営業なのでこんなものかもしれない。

IMG_4603.jpg
▲生姜らーめん(750円)。

透き通った美しいスープが特徴的な見た目の佐野系ラーメン。
「生姜らーめん」の名の通り、生姜ほぐし肉がたっぷり乗せられている。

IMG_4604.jpg

麺は佐野ラーメン特有の平太ちぢれ麺。
柔らかめに茹でられていて、オレはもう少し硬い方が好みだがこれはこれでうまい。

スープは塩ベースで、あっさりしていて飲みやすい。
生姜ほぐし肉の味が非常に濃いので、このくらいで丁度いいのだろう。

生姜ほぐし肉が乗っていないノーマルのラーメンもメニューにあり、
ちょっと味が濃すぎると感じてノーマルのラーメンを頼んでみたくもなるが、
冬場は特に生姜で身体が温まるのもまた事実で、悩ましいところだ。

チャーシューは柔らかくてうまい。
これをライスで食べるのもなかなかの贅沢だ。
つまみのチャーシューもメニューにあり、車でしか来られない立地で酒は飲めないが少し気になる。

地元でこのレベルの佐野ラーメンが食べられるのはうれしい。
餃子もなかなかうまく、安定して満足感を得られる名店だ。

【今日のまとめ】
BGMがちょっと大きいのが気になる。


というわけで。
  1. 2018/01/22(月) 18:46:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蒙古タンメン中本 御徒町店

先週金曜の夜、稲荷町の「寿湯」に初めて行った。

「ジオストーム」という映画とコラボしていて、
映画をイメージした銭湯画のほか、45度の風呂や100度のサウナを楽しめた。
浴場内には映画のパネルなども展示されていて、正直言ってあまり落ち着かなかったが、期間限定のイベントとしてはありだろう。

銭湯そのものは良い環境だったが、サウナ室の広さからいえば、鶯谷の「萩の湯」の方に軍配が上がりそうだ。
とはいえ、銭湯にサウナがあるだけで充分ありがたいし、何しろ塩サウナもあり、水風呂も二つあるのだから素晴らしい銭湯であることに違いない。

寿湯を出て20分弱歩き、御徒町駅前の「蒙古タンメン中本」に向かった。
中本は何度も来ているが、御徒町店は初めてだ。
人気店で金曜の夜、そして駅前ということもあって行列ができていて、並んでから食べるまでに一時間弱を要した。
しかし、寿湯の露天水風呂のおかげで身体が寒さに慣れ、外で並んでいても少しも寒さを感じなかった。

180119中本1
▲五目蒙古タンメン+半熟玉子。

今回は通常の蒙古タンメンに辛し肉と茹で卵、そしてネギが乗った五目蒙古タンメンを注文した。
中本は盛り付けが美しく、食欲をそそるビジュアルなのが毎度ながら嬉しい。

180119中本2

程よい硬さに茹でられた中太麺が濃厚な味噌スープによく絡む。
その味噌スープに麻婆豆腐と辛し肉の辛さがプラスされ、
味噌卵麺や北極ラーメンほどではないとはいえ、一気にすすると危ないレベルの辛さが舌を襲う。
オレにとってはこのくらいの辛さがちょうどいい。

オレは半ライスを注文し、そこに紅生姜を乗せて食べるのが好きだ。
舌が辛さに慣れるので、紅生姜の甘みがより一層際立ち、ライスが進む。
半熟玉子の甘みもまたライスに合う。
そしてまたスープに戻ると、舌を刺す辛さが味わえるのだ。

店には毎度悪いが、オレは中本では完飲はできない。
塩分を気にしているのではなく、単純に辛くて飲みきれないのだ。
中本フリークは北極でも平気で完飲するので、胃腸の構造からして違うのかもしれない。
だが、それでもオレも中本が好きであることに変わりはない。

中本はどの店舗も明るく清潔なのがいい。
女性客が多いのは、単に辛いもの好きが女性に多いからというだけではなく、その清潔さによるところも大きいだろう。
スタンプカードももうすぐ一枚貯まりそうだし、今後も通わせてもらいたい。

【今日のまとめ】
中本キャップ欲しい。


というわけで。
  1. 2018/01/21(日) 23:36:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

自家製麺 伊藤

昨日、美容室の帰りに赤羽で下車し、久々に「自家製麺 伊藤」に寄った。
19時頃の入店で空席が2、3あり、食券を買ってそのまま着席できた。

横のサラリーマンが同僚と、他の「伊藤」の店舗について話をしていた。
「赤羽が一番うまい」と言っていた。
オレはこの赤羽の「伊藤」しか食べたことがないが、そう言われると何だか嬉しくなる。

それほど待たされずに提供された。

180115伊藤
▲比内鶏肉そば(750円)。

相変わらずの美しい盛り付け。
煮干そばと異なりこちらは比内鶏のスープなので、臭みがなくあっさりしている。
具は麺の他に刻みネギとチャーシューだけというシンプルさだが、そのシンプルさは味に相当の自身がなければ実現できないものだ。
この一杯は、スープや麺の量から考えても、明らかに完飲することを前提に作られている。
そしてそこに押し付けがましさはまったくなく、メッセージに応えて喜んで完飲した。

駅前という立地ながらそこに店があることを知らなければ素通りしかねない、まさに隠れ家的な店だが、
それでも客足が絶えないのがそのクオリティの高さを物語っている。
そう遠くないうちにまた訪れたい。

【今日のまとめ】
ラーメン今年2杯目。


というわけで。
  1. 2018/01/16(火) 23:41:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

本格拉麺酒房もっけい

昨日は今年のラーメン初めに、古河の「もっけい」に寄った。
本当は都内か大宮でどこかに寄りたかったが、うまく小金井行きの湘南新宿ラインに乗れてしまったので、そのまま古河駅直結のもっけいで食べることにした。

22時前の入店だったがそれなりに人は入っている。
ここは立地もよく、0時近くまで営業していて味も悪くないのでガラガラであることは少ない。

メニューを見て、「辛味噌」という新メニューが気になったのでこれを注文した。
辛さは1-3辛、そしてハバネロ入りの辛さMAXの4段階から選択できるが、今回は中辛の2辛にした。

180105もっけい
▲辛味噌・2辛。

ここのラーメンは毎回丼が大きいが、このラーメンも例外ではなかった。

ネギやもやしがたっぷり入った盛り付けは美しい。
チャーシューは一枚だが味が沁みていて、パサつきもなくなかなかうまい。

特筆すべきは麺で、通常の味噌ラーメンとは異なる太麺が使われていた。
オレは太麺が好きなのでこれは嬉しい。

スープは濃厚な味噌で、唐辛子とガーリックがかなり効いている。
セットで注文した半ライスがどんどん進む味だ。
そして、2辛でもなかなかに辛い。
中本などの辛さとはまた違う、突き刺すようなタイプの辛さだ。
飲めない辛さではまったくなかったが、これは3辛以上にすると危なかったかもしれない。
おそらくMAXは北極レベルだろう。

ここは常に、ものすごくうまい訳ではないが、安定して食べられるレベルのラーメンを出してくれる。
わざわざ遠方から来る味ではないが、地元にあると助かる店だ。

今年から、食べたラーメンの数を記録することにした。
そろそろ健康管理も重要な年齢になるので、自分が普段どの程度ラーメンを食べているのか知りたいからだ。
年末に、その件について総括できればと思う。

【今日のまとめ】
70杯くらいは食べていそうだ。


というわけで。
  1. 2018/01/06(土) 23:44:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

狼煙 大宮店

金曜、大宮で昼に用事があり、その帰りに旧ラーメン二郎跡地の「狼煙」に寄った。
到着時点で店の前に4人ほど並びがあり、そこから12〜13分で入店した。

到着してすぐに食券を買い店員に渡すので、待っている最中に既に注文が通っており、入店してからはスムーズ。
3分待ったかどうかという速さで提供された。

171222狼煙1
▲辛つけ麺・中盛(890円)。

よくある辛ダレがつけ汁に入ったタイプではなく、別皿で一味唐辛子が来るタイプだった。

171222狼煙2

つけ汁は通常のものと同じ濃厚魚介系。
かなり濃厚でドロドロしており、汁気が少ない。
ここに一味を入れると赤みが出て辛くなるが、甘みがあるので唐辛子との相性はいい。
安定のうまさで、スープ割りで完飲した。

171222狼煙3

麺は中盛で300グラム。
よく水切りされた絶妙な茹で具合の麺は全粒粉ブレンドで風味もいい。
つけ汁には軽く浸す程度にして、麺の風味を楽しむのが個人的には好みだ。

171222狼煙4

辛味は前述の通り別皿の一味唐辛子。
見た目には非常に辛そうで、初めは半分ほどしか入れなかったが、全部投入しても問題ない辛さだった。
とはいえ、自分で辛さを調整できるのは悪くない。

平日の昼でも並びがあるのは流石というほかない。
オペレーションも以前より良くなっているし、場所もいいので長く続いてほしい。

【今日のまとめ】
冬至だったので「ん」が付く食べ物にした結果。


というわけで。
  1. 2017/12/24(日) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: