FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

小山駅の「きそば」

IMG_3174.jpg

両毛線に乗って栃木まで行く用事があったので、
帰りに東北本線の上りホームにある「きそば」に立ち寄った。

15時台後半だが客はそれなりにおり、その人気がうかがえる。

IMG_3173.jpg
▲月見そば+天ぷら+岩下の新生姜(600円)。

「天玉そば」の食券がないので、月見そばに天ぷらの食券をプラス。
せっかくの栃木県なので、ご当地フードの「岩下の新生姜」もプラスした。

関東ならではの濃いだしに、そばの風味がしっかり感じられる茹で麺。
つゆが染み渡った天ぷらの柔らかい食感もたまらない。
そこに新生姜の酸味のあるピリ辛さがアクセントにもなるから、一杯の丼の上でさまざまな味を楽しめる。
電車を待ちながら食べる5、6分の間に、すっかり「きそば」の虜になってしまった。

都内からわざわざ訪れる客も多いという、この「きそば」。
オレも昔からなじみがあり、水戸線ホームでも食べた記憶があるが、
いまはこの東北本線ホームにだけ残っている。

なまじ近くにあると、「いつでも行けるから」と思ってしまいなかなか訪れないということもよくあるが、
せっかくの近所なのだから、また近いうちに食べにいきたい。

【今日のまとめ】
FP2級はさすがに一夜漬けでいけるほど甘くなかった。


というわけで。
  1. 2021/09/12(日) 19:49:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蒙古タンメン中本 大宮店

IMG_2489.jpg
▲味噌卵麺(900円)+バター(70円)。

およそ2ヶ月ぶりに「蒙古タンメン中本 大宮店」に行った。

前回は売切れとなっていた「味噌卵麺」のボタンが今回は無事押せたので、味噌卵麺とバターを注文した。
スタッフに「少々時間がかかる」と言われたが、味噌卵麺は都度調理なので織り込み済み。
トイレに行くなどして待っていると、程なくして提供された。

いかにも辛そうな色をした味噌卵麺。
実際、大宮の味噌卵麺は割と辛く、オレでは完飲できない。
とはいえ北極に比べればだいぶマイルドで、味噌のうまみもしっかり感じられる。
途中で卵やトッピングのバターを駆使して味変すれば、最後までおいしく食べられる。

以前、山田ワープさんと「味噌卵麺が一番、辛さとうまさのバランスがいい」という話をした記憶がある。
その印象は、いまでも変わらない。

また身体が辛さを欲したタイミングで、中本を訪れたい。

【今日のまとめ】
卓上に酢があればもっと食べやすいのだが。


というわけで。
  1. 2021/08/15(日) 21:45:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蒙古タンメン中本 大宮店

続きを読む
  1. 2021/06/20(日) 21:48:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「七越本店」の肉うどん

IMG_1495.jpg

先日、名古屋から車で鳥羽水族館に行った。
その前の昼食に、鳥羽水族館からもほど近い「七越本店」で伊勢うどんを食べた。
昨秋に訪れて気に入り、また訪れたいと思っていたが、その日は案外早かった。

今回は肉うどんを食べた。
伊勢うどんに牛肉と生卵が乗ったものだ。

最初はそのまま食べ、途中でかき混ぜて食べる。
伊勢うどん特有の、長茹でのもちもち感を有しつつ、それでいてほどよくコシもある麺。
甘辛いタレが牛肉・生卵と絡むことで、さながらすき焼きを食べている感覚になる。

名物にうまいものなし、と言うが、少なくともこの伊勢うどんは抜群にうまい。

そのうちまた鳥羽水族館のラッコに会いに行きたいが、
そのときには、またこの伊勢うどんを食べたいと思う。

【今日のまとめ】
蕎麦もうまいらしいが。


というわけで。
  1. 2021/06/15(火) 22:14:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

香川でうどんを食べる

37322560_Unknown.jpg
▲「長田in香の香」(善通寺市)の「釜揚げうどん」(ピンボケすみません)。

37322608_Unknown.jpg
▲なかむらうどん(丸亀市)の「釜玉うどん」(赤天トッピング)。

37322624_Unknown.jpg
▲がもううどん(坂出市)の「かけうどん(冷)」(生卵・ちくわ天トッピング)。

先日、「サンライズ瀬戸」で東京から高松へ行き、
レンタカーで「うどん県」こと香川のうどん店を3軒はしごした。

オレが髪を切ってもらっている美容師さんが香川出身で、
3軒ともその人に教えてもらった店だ。

釜揚げ・釜玉・冷かけと違うメニューを堪能したが、どれも当然うまい。
店ごとに麺の太さやコシも違う。
個人的に好みだったのは、最後に食べた「がもううどん」の冷かけで、
器に入った麺だけを受け取り、自分で蛇口から出汁を注ぐスタイルが外様のオレには新鮮だった。
店外のベンチに腰掛けてすするうどんの味は、今も忘れられない。

その一方で感じたのは、
オレの住む関東にもある全国チェーンの讃岐うどん店のうどんも、割といい線行っているということだ。
今回食べた香川のうどんは納得のうまさだったが、
チェーン店のうどんとまったく別物という感じではなく、「上位互換」といった印象だった。
しかし同時に、その差が埋まることはないとも感じた。
その差はどこにあるのだろうか。
やはり水だろうか。

オレが四国に上陸したのは人生で初めてだ。
上質な3杯を堪能し、悔いのない初上陸となったことは言うまでもない。

【今日のまとめ】
神保町の丸香にも行きたくなってきた。


というわけで。
  1. 2021/05/08(土) 22:41:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

広告欄

広告欄その2

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: