怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「トナリ」の焼そば

MOVIXさいたまで映画「BLAME!」を観た。
平日の朝一ということもあり人はあまりおらず、快適に観ることができた。
かなり上手くまとまっていて、一つのエンターテイメントとして滿足度の高い映画だった。

こういうSFの映画は設定や進行などで引っかかりを感じるとそこで置いていかれてしまい、その後の話が頭に入ってこないということもよくあるが、
この映画は世界観や登場人物の置かれた状況が丁寧に説明され、それでいてくどくない。
そのおかげで、爽やかな内容の話ではないのだが、観終えた後にすっきりできた。
設定があまりに難解で複数回観ることが前提のような姑息な映画が多い中
(簡単な方がいいというわけではないが、芸術ではなく商品なのだから、金を払って観たことでモヤモヤするのはおかしいとオレは思う)、
この「BLAME!」は直球勝負の名作だと思う。

その帰り、大宮の「トナリ」に久々に寄り、焼そばを食べた。
前日にトーニャハーディング先輩がTwitterに写真をアップしていて、食べたくなってしまったのだった。

170523トナリ焼そば
▲焼そば・大盛り(750円)。

今回は半熟卵を追加せずにデフォルトの味のまま食べた。
甘辛いソースが極太麺に絡むその焼きそばは、替えが効かないうまさだ。
一緒に盛られた野菜炒めと併せてやや塩気が濃いが、小細工せず塩分で勝負するその様は潔い。
今回も、皿に溜まったスープまでしっかり完飲した。

トナリはチェーン店ではあるが、
この焼きそばは、オレの中で二郎のラーメンやトーキョーパラダイスのカレーと並ぶ存在である。
それは、上にも書いたが、替えが効かないからにほかならない。

【今日のまとめ】
「タンつけ」も気になるのだが...。


というわけで。
  1. 2017/05/23(火) 21:52:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「おにやんま」の冷とり天ちくわ天ぶっかけ

IMG_2863.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2865.jpg

IMG_2866.jpg

IMG_2867.jpg

この五日間、五反田で用事があったので、
火曜から土曜まで毎晩「おにやんま」で「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べた。
大盛りと並盛りを食べた日がそれぞれあったが、大盛りだとやはり結構なボリュームがある。

これまでに何度も書いてきているが、この「おにやんま」には色々なメニューがあるのに、
どうしてもこの「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べてしまう。
自分でも異常なのではないかという気がするが、これがうまいので他を食べる理由もないというのが正直なところである。
よく引き締まった冷やしならではの麺、サクサクの天ぷら、飲みやすいつゆ。
価格も安い(並が490円、大が590円)。
他のメニューを食べたいと思う以上に、この「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べたいと思ってしまうのだ。

いったいいつになればオレは他のメニューを食べることができるのか。
もしかしたら、その日は来ないのかもしれないとさえ感じる。

【今日のまとめ】
オレ以外も大体これを食べている。

というわけで。
  1. 2017/05/21(日) 21:50:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高砂駅ホームの天そば

今年も例によって柴又帝釈天と中山鬼子母神に行った。
祖父の母親が熱心な日蓮宗徒だったので、その縁で毎年祈祷に行っているのである。

日暮里から高砂に行き、そこで金町線に乗り換えるのだが、
毎年、その高砂駅のホームの立ち食いそば店でそばを食べるのが恒例になっている。

170502天そば
▲天ぷらそば(420円)。

何の変哲もない駅の立ち食いそば店の天ぷらそばなのだが、
いまや、そうした何の変哲もない立ち食いそば店が少ない
(最近の駅そばは、無駄にクオリティが高くなってしまっている)ので、これが嬉しいのである。
つなぎの多い麺、柔らかい天ぷら、甘めのつゆ。
オレはこういうものが食べたいのだ。
食券ではなく現金払いというのも、このご時世ではレアな体験だ。
階段下の狭いスペースを効率よく使った小さなそば店は、他ではまず味わえない気分を毎年与えてくれる。

蒋介石銅像

法華経寺にある蒋介石の銅像を「はいふりカメラ」で撮影した。
この蒋介石の銅像が置かれた経緯については結局諸説があるようだが、
現在の日台の良好な関係を考えれば、その存在はプラスであるように思える。

ちなみに、柴又駅前には、フーテンの寅像に加えて、サクラの銅像も新たに設置されていた。
今考えると、こちらをはいふりカメラのサクラちゃんのフレームで撮ればよかったのかもしれない。

【今日のまとめ】
京成線のローカルな雰囲気には毎回心を洗われる。


というわけで。
  1. 2017/05/03(水) 21:34:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

狼煙 大宮店

北大宮のつけ麺有名店「狼煙」の姉妹店が大宮にオープンしたと聞き、昨日行ってきた。
ラーメン二郎大宮店の跡地を居抜きで使っていて、
店内は綺麗に改装されているが、カウンター形状や食券機・給水器の位置などはそのままだ。

11時半過ぎの到着で並びは14人ほど。
二郎の時と同じで、店側に並びきれない客は道路を挟んで反対側に並ぶようになっている。
反対側に並んだ客は店員の指示で食券を買い、順次店側の列に並ぶ。

今回は「かれつけ(カレーつけ麺)」の中盛(300g)の食券を購入した。
思ったより並びがあったが、1時間弱で提供までありつけた。

170414狼煙1
▲かれつけ・中(890円)。

170414狼煙2

つけ汁はドロドロの濃厚魚介スープにカレーの味がよく効いたもの。
提供時に店員から「熱いのでお気をつけください」と言われたが、本当に熱すぎて思わず器を落としそうになった。
明らかに、器自体が別個に加熱されている。

こういう店は他にもあるし、最後までつけ汁が冷めない配慮なのはわかるが、個人的には不要だと思う。
何しろ、熱すぎて器を持てないため、終始カウンターにつけ汁の器を置いたまま下を向いて食べるしかないのである。
カウンターがもう少し高ければいいが、ここはカウンターがやや低めだったこともあって非常に食べにくかった。

170414狼煙3

麺は全粒粉の太麺。
これはさすがに美味い。
通常のつけ麺では細麺も選べるようで、そちらで食べている客もいたが、せっかくならこの太麺の方がいいと思う。
チャーシューは大ぶりだが可もなく不可もなくという味。

ただ、つけ汁がドロドロのため、麺につけ汁が過剰に絡み、普通に食べているだけでつけ汁がなくなってしまう。
足りないということはなかったが、食後にスープ割りを楽しむ余裕はまったくなかった
(卓上に割りスープがあったので一応割ってみたが、何しろつけ汁がほぼゼロなので味がしなかった)。
割りスープを置いているのなら、せめてそれを楽しめる量のつけ汁が欲しいところである。

味は満足の行くレベルだったが、オレは同じ大宮なら、駅の東西にそれぞれある「蕾」の方が上かなという印象を持った。
ただし、まぜそばを注文している客が多かったので、まぜそばに関してはこの「狼煙」に軍配が上がる可能性もある
(以前に北大宮のほうで一度食べたが、かなりうまかった記憶がある)。
カレーまぜそばもあるので、今度はそちらを食べてみたいと思う。

【今日のまとめ】
二郎がなくなったことをあらためて実感。


というわけで。
  1. 2017/04/15(土) 20:44:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「おにやんま」のとり天ちくわ天ぶっかけ

昨日もまた五反田で用事があり、例のごとく、
昼と夜に「おにやんま」で「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べた。

IMG_2484.jpg
▲冷とり天ちくわ天ぶっかけ(490円)。

相変わらず食感の良い麺と天ぷら。
この食感が良くて通っているようなものである。
味ももちろんうまいのだが、決してうますぎて死ぬというようなものではない。
だが、それが麻薬のような中毒症状を生むのである。

昼は回転がよかったが、夜は食券を買わずに並んでいる人が多かったようで何度か店員による列整理があり、テンポが悪かった。
ここは先に食券を買ってから並ぶシステム(食券を買うと店内に注文されたメニューの情報が行き、店員はその順番で作る)なので、
食券を買わずに並ぶ人がいると順番が狂ってしまう。
並ぶ場所の先頭にある立て看板にはそのことが書かれているが、
何しろ小さな手書きの紙なので、気付かない人が多いのも仕方ない。
そのことを周知する独立した看板を作るよりは、店員が捌いてしまったほうが早いというこの店のスタンスなのかもしれない。

ともあれ、オレはうどんがうまければそれでいいので、今後もこの回転の早さでがんばってほしいものだ。

【今日のまとめ】
地味に画像を大きくした。


というわけで。
  1. 2017/03/30(木) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: