FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

麺家 紫極

先日、MOVIXさいたまで「響け!ユーフォニアム」劇場版の舞台挨拶付き上映を観た帰り、
以前から気になっていた「麺家 紫極」に寄った。

さいたま新都心駅と与野駅の中間くらいの場所に立地しており、MOVIXからは歩いて5分ほど。
15時前の入店ですぐに着席できた。

初めてなのでどのラーメンにするか悩んだが、1000円とキリがいいので「全部のせラーメン」の食券を購入した。

家系なので麺の硬さ・味の濃さ・油の量を指定できるが、
オレはほかの家系での例によって「味濃いめ・油少なめ」で注文した。
15時までライスが無料(それ以後は50円)とのことで、ライスももらった。

店内BGMは終始ももクロ。
店内の掲示にも「モノノフ」感を示すデザインが垣間見える。
店名から察するに、店主は高城れにさんのファンのようだ。

オレの地元の「稲葉」や、この前神戸で寄った「八坐和」のように、特定のアーティストのファンを自称するラーメン屋は強い。
こういうのが苦手な客もいるだろうが、そうした人はターゲットではないと割り切り、
むしろ同士の固定客を握れるメリットのほうが大きいと思われる。

そんなことを考えているうちに提供。

190505紫極1
▲全部のせラーメン(1000円)。

全部のせなので、ほうれん草や味玉、ノリ、九条ネギなどがたっぷりと乗っている。
麺は160グラムだそうだ。

味は家系の王道(店主は「武道家」出身らしい)だが、
食べていて感じたのは、臭みがないという点だ。
家系ラーメンは豚臭さがあることが多いが、このラーメンはそれがない。
それを物足りないと感じる人もいるとは思うが、味はしっかり濃厚。
食べやすさと濃さを両立してくれているのは嬉しい。

190505紫極2

麺は平打ちの太ちぢれ麺で、スープがよく絡む。
脂身がしっかり入ったチャーシューや、黄身によく味の染みた煮卵とともに、ライスが進む。

ももクロの曲を数曲聴いているうちに完食し、スープも半分ほど飲んで退店した。

この店は、3月に亡くなった、
一度お会いしたことのあるTwitterのフォロワー、地獄風景さんが絶賛していた店だ。
浦和在住で、オレが埼玉関連のツイートをすると決まって「いいね」を付けてくれていた彼は、30代で事故によりこの世を去った。
人はいついなくなってしまうか、どうなってしまうか、誰にもわからない。
だが、その人が好きなものや場所は、残り続ける。
それだけは確かなことだ。

【今日のまとめ】

というわけで。
  1. 2019/05/09(木) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

神戸牛らーめん 八坐和

先日の旅行で平成最後に食べたラーメンは、神戸の「神戸牛らーめん 八坐和」だった。

三宮駅近くの道路沿いのアーケードにその店はある。
20時過ぎの入店で並びはなく、すぐに着席できた。

「神戸牛らーめん」醤油味の肉増しと神戸牛3種盛皿、ライスを注文。
さほど待たずに提供された。

190430八坐和

190430八坐和2
▲神戸牛×清湯(醤油)・肉増し(1300円)+神戸牛3種盛皿(500円)。

細麺のラーメンは、醤油の味とは別個に肉の甘みを味わえる。
その甘みが神戸牛特有のものかどうかはわからないが、いい肉を使っているという感じは伝わってくる。

3種盛皿は神戸牛のレアチャーシュー、しぐれ煮、牛肉味噌ミンチ。
ミンチは半分ほどスープに混ぜ、そのほかはライスで食べる。
これとライスだけでいくらでもいける贅沢な味だ。
特にレアチャーシューとライスの組み合わせは肉寿司を食べているような気分になり、たまらない。

肉増ししたラーメンの肉とともにライスを平らげ、スープもほぼ完飲して退店した。

店名の「八坐和」は「やざわ」と読む。
店内BGMは終始矢沢永吉で、なるほどそういうことかと合点がいく。

神戸牛をまともにステーキで食べるほどのお金はないが、せっかく神戸に来たなら神戸牛を食べたいとか、
ラーメンが大好きなので神戸でもラーメンを食べたいが、どうせなら神戸牛も一緒に味わいたいという人間にはおすすめの店だ。
店舗も綺麗なので入りやすく、機会があれば再訪してもいいと思える。

【今日のまとめ】
PayPay対応なのもうれしい。


というわけで。
  1. 2019/05/08(水) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

つけめん三三㐂 本店

先週土曜、川崎のチネチッタで「響け!ユーフォニアム」劇場版を舞台挨拶付きで観た。
席は抽選で、なんと最後列の一番端というひどいクジ運だったが、
LIVE ZOUND上映の音はそんな席でもしっかりと良音に聴こえるよう作られていて感心した。

内容についてはここで深くは書かないが、
これまでのシリーズを追いかけてきたファンにはたまらない作品になっているということだけは間違いなく言える。


劇場を出た後、近隣に住む知人と合流し、徒歩で「つけめん三三㐂 本店」に行った。
14時過ぎにもかかわらず並びができており、入店までに10分以上かかった。
オレはまったく知らない店だったが、結構な有名店らしい。

並ぶ前に店の前の券売機で食券を買うシステム。
スタッフが並ぶ客の食券を確認するなど、並びの割にオペレーションはスムーズで、
到着から食べるまでに30分はかからなかったと思う。

IMG_1017.jpg
▲味玉煮番搾り・中盛り(950円)。

定番らしき「味玉煮番搾り」を注文してみた。
いかにもな濃厚魚介系つけ麺というルックス。

190420三三㐂1

麺はしっかりした太さの全粒粉麺。
ちゃんと水切りしてあり、硬さもばっちりでうまい。
この手の風味がいい麺は、あまりつけ汁に長く浸さずにサッと食べるのが好みだ。

190420三三㐂2

つけ汁は煮干の効いた濃厚魚介系だが、
前日に「蕾 煮干分家」のつけ麺を食べたばかりということもあってか、まったく臭みは感じない。
もっとも、当然ながら煮干が目立っていればいいという話ではなく、
オレはむしろこのくらいの方が好みだ。
スープ割りを頼んで完飲した。

この辺に詳しくグルメな知人がわざわざ連れてきてくれた店なので当然ではあるが、完全に「当たり」の店だった。
知らない土地、それもつけ麺となるとハズレが怖くて躊躇してしまうが、
こういう店があると知ることができたのはありがたい。

この店は大島の「玉(ぎょく)」という店の暖簾分けのような形らしいが、
その「玉」もかなりうまいと、今回連れて行ってくれた知人から聞いた。
大島となるとなかなかアクセスが難しいが、少し興味が湧いてくる。

【今日のまとめ】
川崎だと家系じゃないんだな、という気づき。


というわけで。
  1. 2019/04/24(水) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蕾 煮干分家

先週金曜、大宮に用事があったので、久々に西口の「蕾 煮干分家」に寄った。
19時40分頃の入店で並びは1人ほどで、すぐに着席できた。

もっとも、この店は着席してから提供までがかなり長く、最低15分程度待たされる。
太麺なので仕方がない部分はあるにせよ、
他にここまで待たせるつけ麺店はあまりないので、オペレーションの悪さを感じてしまう。

190419煮干分家3
▲辛煮干つけ麺・大盛(900円)。

190419煮干分家1

東口の「蕾 本家」よりもずっと太い多加水麺は食べごたえたっぷり。
途中でレモンを搾って味を変えることで、最後まで飽きずに食べられるのもうれしい気遣いだ。

190419煮干分家2

辛タレがブレンドされた濃厚な煮干のつけ汁は、やや煮干の臭みがあるが気になるほどでもない。
極太麺との相性もよく考えられているのだろう、ドロドロすぎない程よい粘度のスープである。
辛さはピリ辛程度で、水が欲しくなるようなものではない。
いつものごとく、スープ割りを頼んで完飲した。

上述の通り、待たされる時間が長いので用事がある際などには寄りにくいが、
味は相変わらずレベルが高く、また食べたいと思わせられる。
立地の隠れ家感も心地よく、末永く続いてほしい店だ。

【今日のまとめ】
店内BGMがNACK5なのもいい。


というわけで。
  1. 2019/04/23(火) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ラーメン池田

先日、久々に「ラーメン池田」に行った。
開店数分前に到着し、開店と同時に2番目の入店。
待ち客こそ出なかったものの、カウンターはすぐに埋まっていた。

入り口のすぐ横にある券売機で食券を買い、店員に手渡す。
提供は5分とかからず、かなりスピーディなのもうれしい。

190224池田1
▲鰹豚骨・かため(750円)。

前回食べて気に入った「鰹豚骨」を今回も注文した。
ほかにノーマルの豚骨とマー油豚骨がある。
マー油は未食だが、ノーマル豚骨より鰹豚骨のほうが個人的には好みだ。

190224池田2

見るからに濃厚な色のスープは期待を裏切らない濃厚さで、一緒に注文したライスが進む。
麺は博多豚骨ならではの細さだが、それでいて食感はよく、スープもしっかりと絡む。

この後、「ふつう」で替え玉を注文したが、ふつうの硬さでもラーメンとしてしっかりうまい。
麺の硬さに頼らない、一杯のラーメンとしてのうまさがあるということだ。

辛子高菜はなかなかの辛さで、スープに入れるとはっきりと味が変化する。
ライスのお供にもぴったりだ。

すっかり満腹になり退店した。
一番乗りのお客さんは常連のようだが、
店主との会話を聞く限り、その常連さんの博多出身の知人もここのラーメンを絶賛していたそうだ。
この手のご当地系ラーメンは、単にうまいまずいでなく、「本物の味」か否かというファクタも重要であるが、
この「ラーメン池田」は、博多豚骨ラーメンとしての本物ぶりと、ラーメンとしてのうまさを両立しているということなのだろう。

以前にも書いたが、これだけのレベルのラーメンが間近で食べられるというのはなかなかの幸せである。
これからも通うので、ぜひ長く続いてほしい。

【今日のまとめ】
もつ煮も気になるが。


というわけで。
  1. 2019/02/25(月) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: