怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

埼玉の鳩笛

鳩笛1

先月、埼玉の「古代蓮の里」に行った際に売店で見付け購入した鳩笛である。
この鳩笛はメインカラーが白だが、緑や水色というおよそ鳩らしくないボディカラーのものも売られていた。
それらはそれらで面白いのだが、一つだけ買うならベーシックなものをということでこれを選んだ。
とはいえ、これも黄色や水色というビビッドな色使いが散りばめられていて異色だ。

鳩笛2

鳩笛3

地元埼玉の工房で手作りされているものらしく、
ボディはオカリナのように厚く頑丈な作りになっている。
実際に吹いてみると、薄い作りのものに比べてやはり音は太く安定していて、一定の音を出しやすい。
穴は一個なので音程は二音だけだが、吹き方の強弱がダイレクトに出音に影響するのでなかなか遊べる。
これまでに買ったどの鳩笛とも違う特徴を持っているし、単純に楽器として優秀だ。

埼玉の県鳥はシラコバトであり、鳩笛もその鳩をかたどったものとして愛されているのかもしれない。
600円程度で購入できるので、ぜひ見かけたら手にとってみてほしい。

【今日のまとめ】
そろそろ音源を作れそうな数が揃ってきた。


というわけで。
  1. 2016/10/11(火) 23:28:44|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぐんまちゃんカスタネット

ぐんまちゃんカスタネット

先日、昨日のエントリで紹介した鳩笛とともに群馬で購入したのが、このぐんまちゃんカスタネットだ。
最初に寄った道の駅(鳩笛を買った場所とは別のところだ)で見かけながら、
どうせ別のところでも買えると思って一度はスルーしたのだが、
次に寄った道の駅で売っていなかったので、帰りにもう一度寄ってもらい購入したのだった。

何の変哲もないカスタネットにぐんまちゃんのイラストが描かれているだけだが、なかなか良い音がする。


後から調べたところ、この群馬の木工所の手作りだそうだ。
こうしたご当地おみやげは、得てして実は中国製であったりするものだが、しっかり地元で作っているのは素晴らしい。

鳩笛もそうだが、口琴やミニアコーディオン、リコーダーなど、チープな飛び道具的楽器を集めるのはなかなか楽しい。
あくまで効果音として使えるかどうかというもので、オレの作るような音楽に取り込むのはなかなか難しいが、
実験的に使ってみるのはそれはそれで面白いかもしれない。

【今日のまとめ】
ヨーヨーも少し欲しかった。


というわけで。
  1. 2016/07/12(火) 20:42:24|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩笛らしき何か

鳩笛らしき何か

先日「丸美屋自販機コーナー」に行った際に付近のドライブインでこんなものを見かけ、購入した。350円だった。

オレはこれを一目見て「鳩笛だ」と思い購入したのだが、鳩笛であるような気もするし、そうでないような気もする。
尻尾に当たる部分に口を当てて息を吹き込むと、音らしきものが出ているような気もするし、出ていないような気もする。
胴体と尻の部分の穴を指で塞ぐと音が変わるが、何しろ音量が小さいため、それが意図されたものかどうかわからない。

もしこれが鳩笛でないとすれば、「竹を使った結果、たまたま笛のような穴が存在してしまった鳥の人形」ということになる。
だが、胴体部分の下面にアールがかかっていて自立しないため、
人形として作ったにしてはその役割を果たしきれておらず、やはり鳩笛の可能性が高い。
しかし、鳩笛にしては音量が小さい…というループに陥ってしまう。

おそらく鳩をかたどった造形物だし、小さいにせよ音らしきものは鳴るわけだから、
たとえ鳩笛でなかったとしても困ることはないのだが、
この民芸品の作り手がこれを何として作ったのか、それは非常に気になるところだ。

【今日のまとめ】
オレ以外に買った人がいるのかも気になる。


というわけで。
  1. 2016/07/11(月) 22:18:23|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェンダージャパン終了

Fender Official Site Japan終了のお知らせ(山野楽器)

フェンダージャパン製品取扱い業務終了のご案内|神田商会

■先日から話題になっている、山野楽器のFender製品取扱い終了と
神田商会のFender Japan取扱い終了。

山野楽器の輸入の方は正直「そうなのか」って感じだけど
神田商会のフェンダージャパン終了の方は驚き。

これまで、フェンダージャパンは神田商会がライセンスを受けてダイナ楽器とかフジゲンに生産を委託していたわけだが
今回のライセンス終了でそれもできなくなる。
これまで日本人のみならず外国人からもその作りの良さと低価格で高評価を受けていたフェンダージャパンはなくなるというわけだ。

もちろん、神田商会のフェンダージャパンは終わっても
今後日本でのフェンダー取り扱いを担当するフェンダーミュージック株式会社が受け継ぐわけなので
きっと「日本製」を売りにしたフェンダー製品は新たに展開されるのだろう。
ただ、それがこれまでのフェンダージャパンみたいに安かったり作りが良かったりするんだろうかと考えると
やっぱりちょっと不安になる。

海外の人がやる「日本製だよ?どう?凄いでしょ?」みたいなものって
ちょっと日本人の感覚とはズレているものが多いし
そもそも、ライセンス生産ならではの独自仕様のギターを多数生み出していたことがフェンダージャパンの海外からの人気の一つの理由だったが
ライセンスではなく本家フェンダーが生産から行うようになれば、そういう面白さは正直期待できない。

まあこれは推測にすぎないので
今後発表される新しいフェンダーの日本製ギターがすごく良いという可能性ももちろんあるのだけど。
ただ、価格についてはまず間違いなく上がるだろう
(少なくとも、今までと同じ金額では今までと同程度のクオリティのギターは買えなくなると思う)。

■楽器だけに限った話ではないけど、価格が上がればそれだけ敷居が高くなる。
こと趣味においては、義務や習い事と違って「やらない」という選択肢があるだけにその傾向が強い。
「若いころに始めてそのまま続けている」という人が圧倒的に多いギターという分野では
たとえ平均して1万円、2万円の価格上昇であってもその母数はこれから減るだろう。
中学生や高校生にとってはその程度の差は大きい。
むろん、本当にやりたい人はそれでも何とかして買うだろうが
「最初は乗り気でなく始めたが、ふとしたきっかけで目覚める」というシンデレラストーリーの種は
どうしても削られることになる。

「フェンダージャパンでない安いギターはたくさんある」というのはその通りだが
やはりフェンダージャパンは偉大だった。

これもまた楽器だけに限った話ではないが、趣味は最初に「そこそこのもの」を買わないと長続きしない。
「初心者用」と銘打たれた廉価なものは廉価ゆえに造りが雑で、
ネックは押さえにくく、弦高も中途半端で、ギターの基本中の基本中である「コードを押さえる」ことが難しい
(むろんそうでないものもあるが、それはあくまで「安い割に」の話だ)。
これでは、たとえ上級者であっても満足いくパフォーマンスは発揮できない。
「初心者用」ではなく、単なる安物でしかない。
そして、ここで挫折した人は「俺にはギターは難しい」と思って辞めていく。
もっとまともなギターなら、スムーズにコードを押さえることができたかもしれないのに。

こういう悲劇を産まないためにも、「そこそこのもの」を最初に買うことが大事だ。
高級品やプロ仕様でなくてもいいが、実戦に耐えるもの。
造りがそこそこ良ければ、少なくとも「造りが酷い」という外的要因によって挫折させられることはないし
多少うまくなってそのまま続けたい場合は、そこそこのものであるがゆえに
買い替えをせず、そのまま次のステップに進める。

フェンダージャパンはそのニーズを上手に拾っていた。
10万円以下、あるいは5万円程度で
少なくともギターを始めたい人なら誰でも知っている「フェンダー」の名を冠していて、おまけに作りも良い。
ライセンスであっても「偽物」ではない。
最初に買った「そこそこのもの」である一本が
「本物のフェンダーのギター」として、今後ギタリストとしてのキャリアを続ける上で
残しておいても恥ずかしくない相棒としてそのまま使えるのだ。
「俺はフェンダーのギターを使っている」と友達に堂々と言える環境を数万円で提供してくれるフェンダージャパンは
やはり偉大だった。
だから、それがなくなり、また同価格帯のフェンダーギターも(おそらく)なくなるというのは
今後に何の影響もないわけがないと思うし、少し不安もある。

ひとまずは、4月1日に新たにオープンするフェンダーの日本サイトに注目したい。

【今日のまとめ】
飴色のネックも今となっては愛しい。


というわけで。
  1. 2015/03/23(月) 23:09:50|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草寺の鳩笛

2014鳩笛1

詳細は別のエントリで書くとして、今年も毎年年末恒例の浅草へ。
去年、鳩笛を買ったつもりが鳩鈴の方を入れられてしまった(気に入ったのでそのまま持っているが)お店に寄ったら
違う種類の鳩鈴が売っていて、1000円とお手頃だったので購入した。

素朴だが綺麗な色のペイント。そこそこ大きい。

2014鳩笛2

「浅草ハトポッポ笛」とある。
それほど綺麗な音は出ないが、そこがかえって鳩らしくて良い。

2014浅草寺みくじ

おみくじは凶だったが、良い買い物ができた。

【今日のまとめ】
揚げまんじゅううまい。


というわけで。
  1. 2014/12/31(水) 00:32:55|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: