FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

日本の馬券発売のシステムと誤審

先日、門別競馬のレースで誤審があった。
1着と2着を逆に判定してしまったのだ。

門別競馬は謝罪会見を開き、
正しい着順と既に確定した着順の両方について払戻しに応じると表明した。
しかし、既に馬券を捨ててしまった人もいるだろうし、
実際には馬券を買ってもいないのに「当たっていたのに捨ててしまった」と言い張る人も出てくるだろうから、
今後はさぞかし大変だろう。

このような事件が起きると、
以前、外国人騎手のJRA騎手免許試験の受験について書いたときにも触れた、
日本の競馬と馬券のシステムについて、再び考えさせられる。

日本の競馬は、中央競馬・地方競馬ともに、主催者が馬券を発売している。
だから、ブックメーカーが馬券を発売しているだけで、主催者はただレースをしているだけという多くの海外競馬と異なり、
不正や誤審が起きた際の対応が厄介になる。

主催者はただレースをしているだけで、ブックメーカーが馬券を売っているだけなら、
仮に不正や誤審が起きても、謝罪するだけで足りる。
主催者は、サッカーや野球のように、ただ競馬というスポーツを主催しているだけなので、
不正や誤審についてだけ謝ればそれで済む。
「馬券についてはブックメーカーに聞いてください」と言えばいいだけだからだ。

だが、主催者が馬券を発売しているとなると、そうはいかない。
下手をしたら、誤審のふりをした不正かもしれないし、相応の非難は免れない。
実際、今回は誤審と正解の両方のパターンで払戻しをすることになり、門別競馬はかなりの出費を余儀なくさせられた。
そして、信用低下による今後の売上げの下落も免れないだろう。

主催者が馬券を売るという公営ギャンブルのシステムは、
この国の厳しいギャンブル規制として、ギャンブル依存の防止にある程度貢献している。
だが、今回のような事件が発生した際のリスクはとてつもなく大きい。
オレたちも主催者も、
そのことをあらためて認識しなければならない。

【今日のまとめ】
西友事件を思い出す。


というわけで。
  1. 2018/11/05(月) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

競馬の公正

先日のJRA騎手試験で、名手ジョアン・モレイラが不合格になった。
残念な知らせだが、それが試験である以上仕方がない。

このニュースに際して、「モレイラのような名手に筆記試験を課すのは馬鹿げている」とか、
「モレイラより実績の低い外国人や地方の騎手が合格したのにモレイラが受からないのはおかしい」という意見を耳にしたが、
オレはおかしいとは思わない。
日本の競馬のシステムでは、こうする以外に方法がないと思われるからだ。

これに関連して、よく、
「日本の騎手はいつでも海外に長期遠征できるのに、外国人騎手は短期免許を取得しないと来日できないのはおかしい」という意見も耳にする。
だが、これもやはり、欧米などの海外と日本の競馬のシステムの違いに起因している。

ジョッキークラブや競馬場は競馬を開催するだけで、馬券を販売するのはブックメーカーや馬券発売公社であるという国と、
競馬主催者であるJRA自身が馬券も発売しているこの日本では、求められる公正のレベルが異なる。

仮に競馬の公正を揺るがす事態が発生した際、それはギャンブルの根幹をも同時に揺るがすこととなるが、
前者の国々では、「我々はただ競技をしているだけで、それをギャンブルに仕立てているのは他の団体だ」と言い訳ができる。
日本でいえば、これらの国の馬券はサッカーくじのようなものだ。
しかし、日本では主催者であるJRA(や各地方競馬)が自らギャンブルを提供しているので、その言い訳が使えない。
だからこそ、公正な競馬実施のために、ともすれば硬直的で厳しすぎるほどの規制が必要になるのだ。

日本の競馬場では、パドックや本馬場入場での観客の呼び掛けに騎手や厩務員が反応することすら許されない。
もし反応すれば騎手は無期限の騎乗停止になるし、厩務員も厳重に処罰される。
これは当然、競馬の公正の確保のためだ。

そのような国で、もし外国人ジョッキーが競馬場において、日本人には理解できない言葉で誰かとコンタクトを取ったならば、それだけで公正が揺らぎかねない。
そのため、外国人騎手のJRA騎手試験には日本語でのコミュニケーション能力が要求されているし、
短期免許での来日であっても、身元引受人の存在が義務付けられているということになる。
鎖国だとか外国人差別ではなく、公正維持のためにこれ以外の方法がないのだ。

技術だけでなく人柄も素晴らしいモレイラがJRAの騎手になれば間違いなくスターになるだろうし、
JRAも、本来ならモレイラをいち早く正式に所属させたいはずだ。
だが、日本の競馬が公営ギャンブルである以上、
たとえモレイラといえども、騎手試験における優遇措置を取ることは困難、いや不可能なのである。

【今日のまとめ】
蛯名はダービーを勝ってから調教師になってほしい。


というわけで。
  1. 2018/10/18(木) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

騎手たちの距離誤認

先週土曜日の新潟の競馬で、山田という新人騎手がレースの距離を間違え、無期限の騎乗停止処分になった。
要するに、長距離のレースで、まだもう一周あるのに、一周目でゴールしたと思って馬を止めかけてしまったのである。
過去の例からしても処分はいずれ解除されるだろうが、それが一定の長期にわたることはやむを得ないだろう。

前代未聞の事件のように思わせて、こうした事例は日本だけでも数度起きている。

戦時中の1944年に行われた菊花賞では、すべての出走馬がコースを間違えて(つまり距離も間違えて)しまい、競走が不成立になったという事件があった
(もっともこれは、主催者が使用コースの変更を十分に周知していなかったことによる人災という側面もある)。

また、昭和後期には、ある騎手が、東京競馬場に当時存在した右回りレース用のゴール板を左回りのゴールと誤認してそこで馬を止めてしまい、やはり長期の騎乗停止になっている。

有名な例が、アメリカの名手ケント・デザーモが、1993年のジャパンカップで、残り100メートルの標識をゴール板と誤認して手綱を緩めてしまったというものだ。
前述の例も合わせ、これも広い意味では距離誤認に含まれるだろうし、
デザーモは同日の午前中のレースでも同じミスを犯した(という疑いがある)ので、
現在であれば、油断騎乗を理由とする、より重い制裁が加えられていた可能性もある。

もっとも有名な例は1997年のステイヤーズステークスであろうが、これは諸説あるので、気になった人はYouTubeなどでレース映像を確認してほしい。

こうして見てくると、レース距離やゴール板の誤認は、やはり前代未聞ではなく、定期的に起きてしまう事象のように思われる。
公正競馬のためには絶対に起きてはいけないことだが、
そうはいっても、競馬が人間のプレーによる競技である以上、やはり起きてしまうということだ。

関係ない話だが、オレも以前、高速道路を走っていた際に、出口と間違えてその手前のバス停に侵入してしまったことがあった。
そこにバスは停車していなかったので事故は免れ、そのまま本線に戻ることができたが、あわや事故という出来事だった。
許されることではないが、それとは別として、実際にそういうことが起きてしまうという事実は、常に頭の片隅に置いておかなければならない。

【今日のまとめ】
馬が無事だったのは何より。


というわけで。
  1. 2018/10/17(水) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の壁」など、存在しない

凱旋門賞にクリンチャーが挑戦し、惨敗した。
武豊は海外のレースでは常に勝ちにいく競馬をするが、今回も、位置取りは完璧だった。
少なくとも、直線に入った時点では、勝てる位置にいた。
あとは、クリンチャーの能力とパリロンシャンの馬場への適性次第だったが、
残念ながら、少なくとも後者がクリンチャーには欠けていた。

よく、「世界の壁」という言葉を耳にするし、クリンチャーの調教師もそれを口にしていた。
オレの何百倍も競馬を知っている調教師が口にした「世界の壁」は別の意味であるかもしれないが、
少なくとも、一般の競馬ファンが口にする「世界の壁」など、存在しないとオレは思う。

日本の競馬と欧州の競馬には、レベル面での差はない。
「日本だって負けていない」などではなく、完全に同等であるとオレは思っている。

ジャパンカップに来る欧州の馬が日本の馬にまったく歯が立たなくても、
オレたちは「日本の競馬の方が欧州の競馬よりレベルが高い」などとは少しも思わないが、
凱旋門賞で日本の馬が勝てないのも、それと同じことで、単に適性の問題でしかない。
単純に、適性のある馬を連れていけば、いつか日本の馬が凱旋門賞を勝つことは可能だ。

日本のホースマンが昔から悲願としてきた凱旋門賞の勝利を目指すことは、素晴らしいことであると思う。
オレも、その瞬間をいつの日か見たい。
だが、そうした瞬間があったとして、それは、「日本の競馬のレベルが欧州に追いついた」瞬間ではない。
既に、それは達成している。

【今日のまとめ】
BCクラシックの方が難易度は高そうだが。


というわけで。
  1. 2018/10/08(月) 09:57:39|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

競馬は本質的にギャンブルではない

JRA(日本中央競馬会)の機関誌「優駿」の最新号を読んでいたところ、
その中の杉本清と武豊の対談で、最近の競馬中継は馬券の当たり外れにフォーカスしすぎている、という話題になっていた。



そこで、武豊が「いまだに、競馬場では馬券を買わなくてもいいということを知らない人がいる」と言っていたのが印象に残った。
競馬界の第一人者で、騎手会長である彼が言うのだから本当にそうなのだろう。

競馬場は、中央でも地方でも入場料さえ払えば入ることができ、馬券の購入は必要ない。
ただフードコートで食事をしたり、場内の公園のようなエリアで遊んだり寝ていたり、馬が走るのを見ているだけでも問題はないし、実際にそのような客も少なくない。
主催者としては、入場料や飲食代だけでもそれなりの利益になるので、そのような客を許容しない理由がないからだ。

冒頭の話題に戻ると、競馬のギャンブル面にあまりフォーカスしすぎたPRを行うのは危険だ。
「ギャンブル」というフィールドで勝負してしまうと、他にもっと割がよかったり面白いギャンブルが登場した場合に、競争で負ける可能性があるからだ。
これから日本にもカジノが導入される可能性が充分にある中においては、
ギャンブルであることを一番の売りにすることは、競馬の生存戦略として疑問視すべきだ。
そもそも、現時点でさえ、単にギャンブルをしたいだけなら、別に競艇や競輪やオートレースでもいいのだ。
競艇や競輪やオートレースではなく競馬をやってもらうには、競馬の良さをアピールするほかない。

そもそも、競馬は本質的にギャンブルではない。
サッカーくじなどと同じように、競馬という競技を賭けの対象にしたギャンブルが行われているというだけにすぎない。
競馬はあくまでスポーツなのだ。
これは、ブックメーカーが馬券を売っている海外の競馬場を考えればわかりやすい。
競馬の主催者はただ馬を走らせているだけで、それを対象にしたギャンブルを行っているのはブックメーカーという第三者だ
(だから、海外の競馬場は入場料がサッカーの試合並みに高い場所もある)。
日本の競馬は主催者が馬券を発売しているのでやや複雑な部分はあるが、
競馬というスポーツを賭けの対象にしているだけという点では、本質的な違いはない。
ポーカーやルーレットのような、それ自体がギャンブルになっているゲームとは異なるのだ。

競馬というスポーツを野球やサッカーのように観戦に訪れるファンが増えれば、
必然的に、競馬場で売られている馬券の売上も増える。
競馬が他のギャンブルに負けないためには、競馬というスポーツの魅力をもっと発信していかなければならない。

TCKの大井競馬では、的場文男騎手の日本最多賞を盛り上げるキャンペーンが数多く行われている。
そこには馬券の陰はなく、的場騎手を純粋にアスリートとして称え、彼の鉄人ぶりをアピールする姿勢が見て取れる。
もちろんJRAも頑張っているのは百も承知だが、現状ではやはり足りない。
少なくとも、民放の競馬中継において、馬券が当たった外れたで盛り上がっているのは、無駄な消耗だとオレは思う。

【今日のまとめ】
武さん4000勝のサイトは素晴らしい。


というわけで。
  1. 2018/08/31(金) 22:00:22|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: