怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

東京優駿

◎ダノンプレミアム
◯ジャンダルム
▲ステルヴィオ
△オウケンムーン、ブラストワンピース


ダノンプレミアムは、オレが20年間リアルタイムで見てきた馬の中でも最高クラスの馬だと考えている。
そう感じたのは弥生賞のレースぶりからだ。
少なくとも、弥生賞時点の完成度があそこまで達していた馬は見たことがない。

皐月賞も、完全な怪我というよりは万全でないゆえの回避という印象が強い。
二冠を獲ってしまうと菊花賞に出走せざるを得ないのであえて回避したのではないかと邪推したくなるほどだ。

今回、枠に恵まれたのは紛れもない事実だが、オレはたとえ18版枠であってもダノンプレミアムを本命にしていたつもりだ。
これで大敗したら恥ずかしいかもしれないが、少なくとも、冒頭に述べた言葉はオレの本心である。

対抗はジャンダルムとした。
一頭だけ力が抜けた混戦のダービーでは、武豊の信頼度はきわめて高い。
ブラックシェルやリーチザクラウンをダービーで馬券内に持ってくることができるのは武豊だけだ。
ダービーは単なるGIではない。
うまい騎手はいくらでもいるが、ただ上手いだけではダービーでは駄目なのだ
(その意味でも、◎ダノンプレミアムの鞍上が既にダービーを制している川田なのは心強い)。

▲は悩ましいというか、正直に言うとほとんどどれも同レベルに思えてしまった。
しかしその中では末脚が確かなステルヴィオの魅力は高い。
△のオウケンムーンは府中実績の面、もう一頭の△のブラストワンピースは未知の可能性の面から選択した。

ダービーは例年、あまり配当が大きくならないことが多い。
多少荒れる場合でも、人気馬が一頭も来ないという展開にはならない。
そのため、買いすぎは禁物だ。
今回はできるだけ少ない点数で買い、仮に負けた場合でもダメージを少なくしたい。

オレは平成最初のダービーの日に生まれた。
そんなオレが平成最後のダービーを現地で見届けられることを、心から嬉しく思う。

【今日のまとめ】
これでダノンプレミアムが強くなかったら本当に恥ずかしいが。


というわけで。
  1. 2018/05/26(土) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テイエムオペラオーが死んだ

テイエムオペラオーが死んだ。
22歳だったらしく、人間で言えば80代を超えているので充分な大往生だが、自分が競馬を見始めた時代のスターホースなので残念だ
(先日、一歳上のスペシャルウィークが死んだばかりなのでなおさらそう感じる)。

オレが初めてダービーを中継で観たのは、1999年だった。
アドマイヤベガとナリタトップロードが人気を分け合い、その年の皐月賞馬テイエムオペラオーは3番人気だった。
オレはまだ競馬歴が浅かったので、皐月賞馬が1番人気でないことを不思議に思っていた。

レースはその三頭ぼ勝負で、テイエムオペラオーが早めに抜け出した。
直線の長い府中ではやや早仕掛けで、関西の若手であり府中での騎乗経験がまったくなかった和田の若さが出た。
そこに、道中じっくり構えた渡辺のナリタトップロードが襲いかかる。
「和田の次は渡辺か」と多くのファンが思ったところを、武豊のアドマイヤベガがさらに外から強襲した。
武豊は史上初のダービー連覇を達成し、昨年スペシャルウィークで勝つまで「武豊はダービーを勝てない」と言われていたのが嘘のような結末になった。

まるで二段落ちの映画のようなレースだった。
単純な騎手の技量の差ということももちろんだが、一度ダービーを勝っている騎手とそうでない騎手とではここまで違うのかと、オレは子供ながらに思ったのだった。

オレはこのレースで、競馬は馬の強さだけで決まるものではなく、騎手の駆け引きなのだということを学んだ。
前年のサイレンススズカの死からは「競馬に絶対はない」ということを学ぶことができたが、
そのようなレースを立て続けに見ることができたからこそ、オレは競馬を好きになり、今でも見ているのだろう。

その後のテイエムオペラオーの活躍は今さら語るまでもない。
勝ち続けることがいかに難しいかということを、実際に勝ちながら、そして負けながら教えてくれた馬だった。
調教師と騎手の師弟関係も含めれば、こんな馬を見ることはもう二度とできないのかもしれない。

【今日のまとめ】
春天を生観戦した思い出。

というわけで。
  1. 2018/05/20(日) 21:29:20|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

競馬に向かない人が、無理して競馬をやる必要はない

これまでにも幾度となく書いてきていることだが、オレは競馬が好きだ。
オレは、9歳の頃から競馬を見続けていて、もうすぐ20年になる。
馬券は当たらないが、元の購入金額が少ないので大した負けではないし、
そもそも当たると思って買っていないので、精神的なダメージも比較的少ない。
ずっと見続けていられるのは、そうやって競馬との適切な距離感を保つことができているからだと思っている。

競馬において独特なのが、馬は、騎手のミスや判断の差で勝てる馬でも簡単に負けるということだ。
また、たとえそのレースで勝ったり、上の着順に食い込める実力のある馬でも、
次走のことを考えて体力をセーブし、負けるということもある。

こうした騎手のミスや陣営の判断を、面白くないと感じる人間は多い。
オレ自身、自分が馬券を買っている馬が騎手のミスで負けたり、
3着に来られる手応えだったのに無理をさせずに着外にすると、苛立つこともある。

だが、競馬はそういう部分も含めてギャンブルで、それがオッズに反映されていると考えた方がいい。
この騎手はこの枠やコースではしくじりそうだとか、
この馬は次のレースを狙っているからここでは無理をしないだろうとか、
馬券を買う人間は、そういう点も予想しなければいけないのである。

もしそれが嫌だというなら、スロットやルーレットを回していた方がいい。
勘違いしないでほしいが、オレはスロットやルーレットを馬鹿にしているのではない。
そうした人為的要素のないギャンブルの方が好きであったり、向いているという人間も大勢いるというだけの話だ。
競馬に向かない人が、無理して競馬をやる必要はないのである。
もっと言えば、ギャンブルである必要もなく、読書や映画鑑賞をしていてもいい。

もっとも、オレ個人としては、大川慶次郎氏が生前言っていた、
「レースの間は、馬は馬券を買っているファンのものになる」という考えに賛成するところが大きい。
オレたちは、馬や騎手や調教師が、目の前のレースをミスなく全力で勝ちに行くことを期待しているのであり、
それがギャンブルである以前に競技である以上、スポーツマンシップとして本来はそうでなければいけない。

とはいえ、オレがどう考えるかということと現実は別だし、
必ずしも、自分の考える通りであることがベストだとも思わない。

普通に考えれば明らかに勝つに違いない馬が、騎手のミスや陣営の思惑ひとつで負ける。
そうした意外性を楽しんでいる部分が、オレたちにないともいえないのは確かだ。
結局、それも含めて、オレたちはきっと競馬が好きなのだろうと思う。

【今日のまとめ】
スーパー競馬といえばいまだに大川さんのイメージ。


というわけで。
  1. 2018/05/14(月) 21:04:59|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本競馬のレベルはヨーロッパにとっくに追い付き、既に互角だ

天皇賞はレインボーラインが勝った。
レース後にすぐ岩田騎手が下馬し、故障が発覚したのは残念だったが、命に別状はないらしい。
最後の直線のコース取りは岩田騎手以外取り得ないもので、
あのコース取りでなければ勝てなかっただろうし、レース後にすぐ馬を止めることもできなかっただろう。
二重の意味で好判断だ。

レース自体は面白かったが、古馬路線のレベルについては疑問が残る。
昨年キタサンブラックに太刀打ちできなかったメンバーで回していくようでは、スターホース不在の暗黒時代の到来にもなりかねない。
宝塚記念には香港のワーザーが来るそうだが、これに勝てる日本馬がいるのだろうか。

そして、秋の古馬GI戦線はどうなるのだろう。
レインボーラインは、しばらくレースに出ることが難しいかもしれない。
スワーヴリチャードは強いが、春に安田記念と宝塚記念を使った場合、秋の王道路線を完走するのは困難だろう。
現状では、ダノンプレミアムやラッキーライラック、アーモンドアイといった3歳馬の力に期待するしかないのが苦しいところだ。

天皇賞で3着だったクリンチャーは、凱旋門賞に向かうらしい。
これは嬉しいことだ。
日本のGIで負けてもヨーロッパのGIに出走するという考えは、非常にいい。
それは、日本とヨーロッパの競馬のレベルは互角だと陣営が考えていることを意味するからだ。

たとえば、「天皇賞で負けたから、宝塚記念や秋の天皇賞、ジャパンカップへの出走は断念する」などという陣営はいないだろう。
だが、これがヨーロッパのレースへの「挑戦」となると、こうした選択が平気で起こる。
日本の大レースを勝って、はじめてヨーロッパに向かう資格があるという固定観念だ。
これは、「ヨーロッパのレースは日本よりもレベルが高いから、日本のレースで勝てないようでは勝負にならない」という考えが前提になっている。
そもそも、「挑戦」という単語自体、より高いレベルの壁を乗り越えるというニュアンスだ。

実際には、日本競馬のレベルはヨーロッパにとっくに追い付き、既に互角だ。
互角なのだから、天皇賞や宝塚記念で3着だった馬が日本で秋のGIを勝てるように、ヨーロッパのGIだって勝てる。
クリンチャーの陣営は、そう考えている。
それは嬉しいことだ。
もっとも、いまだにそう考えていないホースマンが大勢いるという事実は残念でもあるが。

ダービーまであと一ヶ月を切った。
ダノンプレミアムはダービーを勝つことができるだろうか。
それとも、まったく予期しない馬が時代を牽引するのか。
こうしたことを考える楽しみを毎年与えてくれるのが、競馬というスポーツの楽しさだ。

【今日のまとめ】
そろそろ雨のダービーがありそうで怖い。

というわけで。
  1. 2018/04/29(日) 23:33:26|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そもそも競馬はオレの中で負けていいものだ

Twitterで、知人が「ギャンブルに成功体験はいらない」という旨のツイートをしているのを目にした。
オレもそれに同意する。
一度勝った時点でやめられればいいが、勝つまでギャンブルをやっている時点で、絶対にやめられない。
そして、一度勝ってしまうと、「一度勝ったのだからまた勝てる」と考えてしまい、
当初の勝ちを使い果たしてマイナスになっても、次の勝ちを追い求め続けることになる。
それならば、勝たない方がましだ。

オレは競馬だけギャンブルをやっているが、競馬で儲けたいと思ったことはない。
オレは毎年負けているから、こう書くと負け惜しみだと思われそうだが、心底そう思っている
(もっとも、本当に負け惜しみだったとしても、他人に迷惑をかけていないのだから、負け惜しみでかまわないが)。

控除率うんぬんの話を抜きにしても、そもそも競馬はオレの中で負けていいものだ。
オレは9歳の頃から競馬を見ていて、競馬が好きだからだ。
昨今、漫画村の件などで「正当な対価を払う」という考え方がクローズアップされているが、
好きなものに金を落とすのは当然の理だ。
オレはラーメンやサウナが好きだが、ラーメンを食べたりサウナに行って、「儲からない」とか「負けた」と怒る人間はいない。
オレは競馬が好きなので、競馬で負けて競馬に金を落とすことになっても、それは当然のこととしか思わない。

もちろん、儲かったらそれはそれで嬉しいし、流石のオレも積極的に負けたいとは思っていない。
だが、どうせ負けるものだとは思っている。
そう考えているから、長く見続けることができているのかもしれない。

【今日のまとめ】
とは言っても回収率90%くらいは欲しい。


というわけで。
  1. 2018/04/19(木) 22:41:14|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: