怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

AirPodsの良さ

AppleのAirPodsというイヤホンを買った。
昨年末に発売して以来まだ品薄なのだが、
定期的にApple Storeの在庫をチェックしていたのが功を奏して、滑り込みで入手できた。

左右が独立したBluetoothイヤホンで、その外見から「うどん」などと揶揄されることもあるが、
オレは特に嫌いではない。
何より、ペアリングの簡単さが良い。
iOS 10とmacOS Sierraでは、充電ケースの蓋を開け、取り出したAirPodsを耳に装着するだけで、
センサーが耳を検知し、自動的にペアリングされる。
何かボタンを押したり、デバイスの側で設定する必要すらない。
これは本当に楽だ。
AirPodsの前に使っていたBluetoothイヤホンは、毎回ボタンを長押ししてペアリングモードにし、
その後でデバイスの側で接続する必要があった。
そのため、「一度接続してしまえば便利だが、その接続が面倒」という気持ちだったのだが、
AirPodsはその面倒な接続がないので、ただ便利なだけなのである。

いや、ただ便利なだけではない。
音質も良い。
それも、「無線の割には頑張っている」という比較的な観点ではなく、
純粋に1万円クラスのイヤホンの音がするので驚いた。
正直、ここは全く期待していなかった点なので嬉しい。
せいぜいEarPods(iPhoneに標準で付属する有線イヤホン)と同レベルだろうと考えていたが、
何度聴き比べてもAirPodsの方が、音の再現性というか、聴きやすさが上だ。
低音もそれなりに聴こえて、
少なくとも、平均的なJポップのベースラインを電車内で耳コピすることが可能なレベルだ。

密閉型でないため遮音性がゼロなのは気になるところだが
(実際、オレはこれまでカナル型イヤホンばかり使ってきたのでこれを最も心配していた)、
いざ使ってみるとそれも気にならなくなってくるし、
むしろ周囲の音が聴こえるため移動中に使用することへの安心感がある。

そして、これはその遮音性がない点にも関係しているが、
装着感がないので、長時間装着していても気にならない。
ケーブルがないことも手伝って、
まるで、何も身に付けていないのに、頭の中に音楽が流れてきているかのような感覚になる。
かつて、Dr.林のQ&Aで、「iPodの手術を受けたい」と書いていた統合失調症の患者がいたが、
その「iPodの手術」とは、こういうことなのかもしれないとふと考えてしまった。

さて、長時間使用するとなると気になるのはバッテリーだろうが、
充電ケースとAirPodsがフル充電された状態からスタートすれば、一週間は使い続けられるそうだ。
AirPods本体はケースから出した(ペアリングされた)状態では約5時間の駆動なので、
一日中イヤホンを外さないという人にとっては使うのは難しいだろうが、
行き帰りの電車や移動中に音楽を聴くという平均的な人であれば、バッテリーで困ることはまずない。

税込みで1万8千円以上という価格だけを見ると割高にも思えるし、実際躊躇はあった。
だが、いざ使ってみると、後悔どころか喜びしかないのが現状である。

【今日のまとめ】
「耳うどん」は佐野市の名物。


というわけで。
  1. 2017/02/04(土) 18:07:57|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チープカシオの魅力

スマートフォンで簡単に現在時刻が分かる世の中だが、
オレはいまだに腕時計を着けていないと落ち着かない。
高校に入った時に父親に買ってもらったシチズンの電波時計をずっと使ってきたが、
少し重く、またアナログ時計であって瞬時に正確な時刻が分からないこともあるので、
もうひとつ、デジタルの腕時計を買ってみることにした。

しかしそれは立派な高級時計でも何でもなく、
Amazonで1500円で売っているカシオのデジタル時計である
(オレが買ったモデルは海外仕様の輸入品なので1500円だったが、国内仕様は1000円以下で買える)。
「チープカシオ」の俗称で知られるF-91Wというモデルだ。



ソーラー式でもなく電波時計でもない、ボタン電池式のデジタル時計だが、
月差±30秒と比較的精確だ。
何より時刻合わせが容易なので、使う時に電波時計や時報で秒を合わせていけばまったく問題ない。
電池寿命は7年だというが、先日の海外のニュースでは20年間庭に放置されてまだ動いていたという。
アルカイダが時限爆弾用に使っていたという話もあり、
それだけ、安価でありながら精確で強靭だということだろう。

そして何より軽量だ。
プラスチック製なので重みがほとんどなく、先日など、着けてくるのを忘れたかと思ったほどだ。
生活防水なので手も洗えるし、着けていて不快感が全くない。

また、デザインが良い。
1991年の発売からまったく変わっていないそうだが、その古臭さ、90年代感がかえってかっこいい。
世界中どこでも手に入るというのも魅力だ。
オレがiPhoneが好きなのは、それが特定の国に限定されずにあまねく使われているからだが、このF-91Wもまさにそうだ。

良いもの、気に入ったものが必ずしも高価なものだとは限らない。
そういうことをあらためて教えてくれるのがこのチープカシオだ。

【今日のまとめ】
バックライトの見にくさも愛嬌。


というわけで。
  1. 2016/11/10(木) 13:18:32|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

持ち物を減らす

Apple Payの国内サービス開始とともにiPhone 7でSuicaやQUICPay、iDが使えるようになったが、これがとにかく便利だ。
電車に乗れるし、コンビニで買い物もできるし、多くの場所で食事もできる。
WalletアプリからだとSuicaのチャージが1円単位で可能なので、
たとえば「いまの残高では改札から出るのに10円足りない」という場合に、瞬時に10円だけチャージすることができる。
また、Suicaアプリからグリーン券を買えるのも便利だ。
券売機に並ぶことなく、グリーン車の搭乗列に並びながら、あるいは乗ってからでも前売料金でグリーン券を買えるので、
着席もしやすいし、やむを得ず車内料金を支払うはめになることもない。
以前からAndroidなどでおサイフケータイやモバイルSuicaを使っていた人からすれば今更かもしれないが、実に革命的だ。

これにより定期入れという荷物が一つ減ったので、今度は試しにiPodも持ち歩かないことにした。
オレはこれまでiPhoneには音楽を入れずiPod Classicでもっぱら聴いていたのだが、
その習慣を変えて音楽もiPhoneで聴くようにすれば、さらに荷物が減る。
iPhone 7はイヤホンジャックがないので、Amazonで人気のBluetoothイヤホンを購入した。



早速数日間使用しているが、これが思った以上にいい。
ペアリングも早くすぐに使用できるし、何より音質が悪くない。
もちろん有線のイヤホンには及ばないが、純粋に3000円で買えるイヤホンの音として考えれば充分な音質で、
少なくとも電車などで移動中に小さめの音量で聴く分には何の不満もない。
音の途切れや音質の悪化などもなく、無線ゆえにケーブルが何かに引っかかったり、擦れる音により不快感を覚えることもない。

耐久性に関してはさすがにまだ分からないが、バッテリーの持ちは充分で、
使うたびに充電していれば行き帰りでずっと再生していてもまだ余裕がある。

繰り返すように有線のイヤホンには及ばないが、
それは無線である以上当然のことで、無線イヤホンが有線イヤホンと同じなら誰も有線イヤホンなど買わない。
それを理解し、また割り切った上で購入するのであれば、非常に便利かつ有用なイヤホンである。
探せばもっといいものはいくらでもあるのだろうが、迷ったならとりあえずこれを買っておいて間違いない。

【今日のまとめ】
久々のアフィリンク。


というわけで。
  1. 2016/11/03(木) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変化しない、という最大の変化

きょう予約していた iPhone 7 が届き、SIMカードを差し替えてiPhone 6 からのバックアップを復元し、早速使用し始めた。
その iPhone 7 を使ってみて感じたのは、「iPhone 6 と変わらない」ということだ。
もちろん、イヤホン端子の廃止、ホームボタンの仕様の変更、防水機能の追加など、目玉といえる変更点は多々あるのだが、
普通に使用する分には、特に iPhone 6 と変わらないのである。
オレは、その変わらなさに、この iPhone 7 の凄さを感じる。

これまでの iPhone は、モデルチェンジの度、本体の形状やサイズなどがはっきりと変化してきた。
だが、 iPhone 7 は、iPhone 6 や 6s と同じサイズだし、外見もそう大きくは違わない。
下手をすればマイナーチェンジと言われかねないほどだ。
しかしそれは、ついに iPhone が「変わらないこと」に変化を見出し始めたということで、それこそが本当の洗練だとオレは思う。

世の中は常に変化しているから、物事は何もしなければ勝手に変化する。
大きく変わることは凄いことのようにも思えるが、実はそれこそが普通なのだ。
つまり、一見変化していないように見えるということは、
自然に変化してしまうことに抗い、絶えず変化し続けていることの裏返しでもある。
洗練された究極形を見付け、その究極形であり続けるべく変化し続ける。
iPhone 6 と iPhone 7 の変わらなさに、オレは過去最大の変化、そして iPhone が究極形に達したという事実を見た。

【今日のまとめ】
今回こそは落とさない。


というわけで。
  1. 2016/09/27(火) 23:14:07|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PowerShot G9 Xを手に入れた







先月、「3年間愛用してきたデジタルカメラが壊れた」旨を書いたが
そのPowerShot S100に代え、PowerShot G9 Xを手に入れた。
Amazonで4万円台の時に購入でき、クロネコ延長保証(3年)付きで5万円強だったので良い買い物だろう。
そのうちもっと安くなるのだろうが、それは電化製品の宿命だ。

Gシリーズなので操作感が違ったら慣れるまでに時間がかかるかもしれないと思っていたが、
少し触ってみたところでは、液晶がタッチパネルになったくらいで、S100とほとんど操作感に違いはない。
Sシリーズは現行シリーズから姿を消したので、実質これが後継機なのかもしれない。

キムカル丼

早速食べ物を撮ってみた。キムカル丼。
いい感じだ。ボケ感はS100より良いかも。
早くこれでラーメンを撮りたい。

【今日のまとめ】
最近は松屋の味噌汁もちゃんと飲む。

というわけで。
  1. 2015/11/07(土) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: