FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

AIスピーカーが苦手だ

このところ、音声認識のスピーカーが流行っている。
AmazonやGoogleが発売しているスピーカーにはAIが搭載されていて、
買い物や音楽の再生、家電の電源のオンオフまで、話しかけるだけでやってくれるらしい。

オレはそうしたガジェットの類は好きなほうなので、それらのスピーカーに興味がないわけではないが、いまのところ導入していない。
部屋で一人で声を発するのが、どうにも不気味で嫌だからだ。

AIスピーカーを使うには、当然、部屋で一人で声を発することになる。
そうした仕組みなのだから当たり前だが、オレは、それが嫌なのである。

なにか具体的に説明できる理由があるわけでもないのだが、
人間ではない相手に話しかけることが嫌なのと、
一人でいるときまで自分の声を聴きたくないというのが大きいのかもしれない。

同じ理由で、オレはiPhoneをずっと使い続けているにもかかわらず、Siriを使ったことが一度もない。
街中でSiriに話しかけている人を見かけることがあるが、よくできるものだと思う。
もっとも、オレはそうした人たちをまったく悪く思わないので、これはオレ自身の問題だ。

人によっては、こうしたオレのAIに話しかけることへの忌避を、「それこそお前の言っている無駄な消耗ではないか」と思うかもしれない。
しかし、いま感じている不気味さを無理やりはねのけてまでAIに話しかけるほうが、
オレにとってはよほど無駄な消耗だと感じてしまうのがいまの素直な気持ちだ。

【今日のまとめ】
Siriの登録時だけは顔を真っ赤にしながら小声で話しかける。


というわけで。
  1. 2019/01/27(日) 20:37:54|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間を金で買う

先日、ダイソンのドライヤーを買った。



4万5千円ほどしたが、PayPayという電子マネーのキャンペーンと、ビックカメラのポイントが合計で1万円以上戻ってきたので、実質的にはもう少し安く買えた。

ドライヤーに4万円以上出すのはさすがに勇気を要したが、それでも欲しいと思わせるだけの製品だった。

先月行ったスーパー銭湯で、そのダイソンのドライヤーが5分間100円で使えるようになっていた。
オレは使う気がなかったのだが、友人がそれを試し、
一瞬で乾いたから使っていいと言うので、オレも使わせてもらった。

すると、その言葉の通り、あっという間に髪が乾いた。
ドライヤーではなく、まるでジェット機のような音で、強力な風が吹き付ける。
一瞬は言いすぎかもしれないが、普通のドライヤーの半分以下の時間で髪が乾いてしまった。
しかも、それでいて熱くない。

オレはそれ以来、ずっとこのダイソンのドライヤーが気になっていた。
オレの性格上、一度こうなったら買うまで気になり続けてしまうので、
今月ついに購入したというわけだ。

髪が早く乾けば、それだけ朝晩に使える時間が増える。
これはまさに、「時間を金で買う」という行為だ。
それは無駄な消耗の対極にある。
むろん、金は有限だし、オレの収入は多くないので、その決定には最新の注意を要する。
だが、それによって得られるものは大きい。

以前購入したジェットウォッシャーもまさにそうだった。
数万円で時間や精神的な満足を買えるのなら、出さない手はないとオレは思う。

【今日のまとめ】
ルンバはまだ食指が動かない。


というわけで。
  1. 2018/12/08(土) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マッサージチェアと第II領域

オレが自宅でよく息抜きに使うのが、マッサージチェアだ。

5年か6年ほど前に、いつの間にか親がフジ医療器のマッサージチェアを購入したので、オレもそれを使っている。
それなりにグレードの高いものらしく、型番を見てネットで検索した際には思わず卒倒しそうになったが
(なにしろ、中古の軽自動車くらいなら買えそうな価格だった)、
高いだけあり、マッサージの質もしっかりしているので、疲れがよく取れる。



サウナや健康ランドに行くと、100円で動くマッサージチェアがあるが、あれよりもおそらくグレードが高い。
家なら、電気代はかかるが、それ以外は無料でできるので、オレはサウナや健康ランドでマッサージチェアを使ったことはない。
サウナや健康ランドから帰ってきて、自宅のマッサージチェアで好きなだけマッサージを味わうというのが、オレのルーティンである
(もちろん、その場でマッサージチェアを使う喜びというのも、当然あるとは思う)。

なにより、マッサージのモードで時間が決まっているのがいい。
オレがよく使うモードは15分と30分のモードで、決まったマッサージを順番に行うというものだが、
15分や30分というのは昼寝にもちょうどいい時間なので(それ以上眠るとかえって疲れてしまう)、
マッサージを受けながらうとうとするというのが実に合理的だ。

マッサージを受けるというのは、「7つの習慣」にいう第II領域の活動である。
マッサージによって身体のダメージが回復し、より仕事や家事や遊びに専念できるが、
それは緊急ではないのでどうしても後回しになりがちだ。
だが、マッサージチェアの時間が決まったモードであれば、一日のスケジュールにも組み込みやすい。

その意味で、マッサージチェアは無駄な消耗の対極にあるものであり、
オレにとって、サウナ同様に欠かすことができない。

【今日のまとめ】
さすがにこれはアフィリンクから買われないだろう。


というわけで。
  1. 2018/10/12(金) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazonベーシックのメモ帳

最近、Amazonベーシックのメモ帳を多用している。



いわゆるリーガルパッドタイプの薄いもので、安価で大量に手に入るので、気軽に使うことができる。
鞄の中や机の上、車の中などに置いておき、
ちゃんとした手帳やスマートフォンのメモに書くまでもないような小さなTo Doや、
あとで手帳に清書するが、時間がない場合などに取り急ぎのメモをするのに大いに役立つ。

例えば、休日の朝に「亀の水槽を洗う」「灯油を補充する」「翌朝出すゴミをまとめる」などの単純なTo Doを殴り書きする。
人によるかもしれないが、この程度のことは、わざわざ手帳にきれいな字で書くことではないように思われる。
そして、終わったら斜線で消し、ページが埋まったら破り捨てる。

車の中に置いておいたメモ帳は、7月に遭った事故の際に役に立った。
オレはまだ無職だったので名刺は持っていなかったし、相手も同じ状況で、かつ筆記用具を持っていなかった。
そのメモ帳にお互いの個人情報を書き、後の示談交渉の際に正確な情報を記録することができた
(もちろん、後ほどスマートフォンのメモ帳に清書した)。

ブログのアイデアを書き留めるのにも役立つ。
オレは毎日ブログを書くので、書く内容は事前にある程度ストックしておかないと執筆に取り掛かれない。
ふと思いついた内容を殴り書きし、これも後ほどスマートフォンのメモ帳に清書し、エントリ執筆につなげている
(何しろ、このエントリ自体もそのようにして書かれたものだ)。

リーガルパッドは紙が黄色いものが多いが、これは白いのがいい。
少なくとも、アジア人の目には、黒いペンで書く場合、黄色よりも白い方が見やすいのではないかと思う。
安価で、白さもきれいで、たくさん手に入り、Amazonのロゴが入ったデザインもいい。

無駄な消耗の対極にあるガジェットとして、今後も購入し続けていくものになるだろう。
持っていて損はないので、ぜひ購入をすすめたい。

【今日のまとめ】
もちろんアフィリンクから購入してほしい。


というわけで。
  1. 2018/10/10(水) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhoneのケースを買った

iPhone XSのケースを買った。

こいつはいったい、何ごく普通のことを言っているのだ、と思われるかもしれないが、
オレがiPhoneをケースに入れるのはおよそ6年ぶりである。
オレは、長らくiPhoneはケースに入れずに使ってきたのだ。

ではなぜ、iPhoneを再びケースに入れるようになったのかというと、理由は二つある。
iPhone XSのデザインと色だ。

iPhone XSの背面は、ガラス加工になっている。
それはそれで美しいのだが、ケースに入れずに使っていると、すぐ指紋でベタベタになり、見栄えが悪い。
オレがこれまで使っていたiPhone 7はつや消しのステンレスだったので指紋はつきにくく、ケースは必要なかったのだが、
さすがに今回はケースが必要だった。

また、オレは基本的に黒いガジェットを好むのだが
(財布やデジタルカメラを含め、多くの小物類をブラックで統一している)、
iPhone XSには、スペースグレイはあるがブラックがなかった。
来月登場するiPhone XRにはブラックがラインナップされているが、
オレは今回のiPhoneを2年以上は使うつもりなので、機能面で現時点の最高ではないXRを選ぶのは不安だった。
そのため、XSを選んだのだが、カラーは黒がいい。
結果的に、「黒いケースで覆う」という選択をした。



購入したのはこのケースだ。
本来なら完全な無地がよかったのだが、「Spigen」のロゴが刻印されている。
もっとも、完全な無地を求めると、胡散臭い中国製のケースしか出てこないため、
それよりは定評のあるSpigenロゴが入っている方がましであり、これを注文することにした。

このケースには耐衝撃性はない。
だが、オレはもともとiPhoneを裸でずっと使ってきているから、そこは気にならない。
要は、iPhoneが黒くなればそれでいいのである。
なぜ今回のiPhone XSにブラックがないのか不思議だが、もはやAppleにそういうことを期待しても仕方がないのも事実だ。
無駄な消耗を避けるため、オレは他人に期待せず、自分で動くのである。

【今日のまとめ】
iPadはシルバーだが。


というわけで。
  1. 2018/09/28(金) 21:20:33|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: