FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

iPhone XSを手に入れたので、ラーメンを撮った

iPhone XSを手に入れたので、さっそくラーメン屋に行ってきた。

これを聞いて、意味がわからないとか、単にラーメンを食べる口実にしたいだけだろうと思う人もいるかもしれないが、
要するに、iPhone XSのカメラの性能を試したかったのである。

オレは基本的にコンパクトデジタルカメラ(CanonのPowerShot G9 X)でラーメンを撮影している。



すべてのラーメンを納得いく形で撮りたいので、デジタルカメラを忘れた日はラーメン屋に行かないことを徹底してきた。
だが、もしiPhone XSのカメラでオレの納得いくラーメンの写真が撮れるのであれば、
デジタルカメラを忘れても安心してラーメン屋に行けるということになる。
下手をすれば、忘れるどころか、デジタルカメラを持っていく必要もなくなるかもしれない。

そういうわけで、ラーメン屋(大宮駅西口の「煮干丸」)に行ってきた。

IMG_9556.jpg

IMG_5666.jpg
▲煮干そば・大(790円)。

一枚目がiPhone XSのカメラ、二枚目がPowerShot G9 Xで撮ったもの。
結論から言えば、「まあ、iPhoneも悪くはない」という程度で、やはりデジタルカメラは必要だと感じた。

iPhoneのカメラは画素数もPowerShot G9 Xより低いし、背景のボケ感が弱い。
iPhone XSのカメラには背景をぼかす「ポートレートモード」が搭載されているが、
うまくぼかすには対象からある程度カメラを離す必要がある。
ラーメンをポートレートモードで撮るには、座席から立ち上がるなどして距離を確保してどうにか撮影した上、そのままでは被写体が遠い写真をトリミングする必要があるので、
ラーメン屋でそんなことをするのは頭のおかしい人間だと思われそうだし、さすがに難しい。
ぼかさずに撮るのであればその必要はないが、そうすると単純に画質の差が現れる。

また、iPhoneの純正カメラアプリは基本的にシャッター音が消せない。
オレは店でパシャパシャとシャッター音を立てることをマナー的にあまり良しとしないので、これも気になる。
デジタルカメラであればシャッター音は小さいので、店などであればほとんど聞こえない。

やはり、iPhoneはあくまでスマートフォンであってデジタルカメラではないのだと痛感した。
もっとも、夜景などを気軽に撮る場合には、iPhone XSの方がコンパクトデジタルカメラに比べてかなり秀でている部分もある。
オレがデジタルカメラの方が上だと感じるのは、あくまでラーメンを撮る場合だ。

今後も、ラーメン屋に行くときは、必ずデジタルカメラを持参するとオレは心に決めたのだった。

【今日のまとめ】
故障したら買い換えないかもしれないが。


というわけで。
  1. 2018/09/24(月) 11:53:35|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレはiPhoneしか使わない

予約していたAppleのiPhone XSが、きのう届いた。
発売日に楽に手に入ったということは、やはりその価格から敬遠されがちなのだろう。
オレは割賦で購入しているが、2年間の割賦なのに毎月5000円以上を払うことになるのだから、なるほど安くはない。

この価格なら他のスマートフォンの方がいいとか、機能的にiPad Proがあれば充分とかいう意見を耳にする。
なるほど、言っていることは理解できる。

だが、オレ自身には、そうした意見は引っ掛からない。
オレはコストパフォーマンスに優れていたり高機能なスマートフォンが欲しいのではなく、iPhoneが欲しいだけだからだ。
もっと安くてiPhoneよりも高機能なスマートフォンがあったり、iPad Proで機能的に充分であったとしても、
オレはiPhoneが欲しいのだから、それがiPhoneでない時点で意味がないのだ。

これは思考停止ではなく、無駄な消耗を避けた結果だとオレは考えている。

つまりは、iPhoneを使い続けることで、iPhone以外のスマートフォンを新たに使うことにより必要となる、「覚える」という工程を排除することができるのだ。

もちろん、新しいことを覚えるのは重要なことで、それを面倒臭がってはならないが、
行動の目的ではなく手段にすぎないスマートフォンに大してそうした労力を割く必要はない。
むしろ、その時間を別のことに使い、必要な消耗に充てるべきだ。
その「必要な消耗」には、言うまでもなく娯楽も含まれる。
要は、コストパフォーマンスのためにスマートフォンを替えることは、娯楽でさえないということだ。

けさまでオレが使っていたiPhone 7を、オレは2年間使った。
きょうから使い始めたiPhone XSも、トラブルがない限りオレは2年間使うだろう。
そして、その次も、オレは新しいiPhoneを使うことになる。

【今日のまとめ】
iPhoneそのものが廃止されたら仕方ないが。


というわけで。
  1. 2018/09/22(土) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームボタンがないことに怒るのは、無駄な消耗だ

新型のiPhoneが登場し、予約が始まった。
オレはiPhone XSという機種を予約した。
価格の高さには少々辟易するところもあるが、かといって今更iPhone以外の機種に替えるのも覚えることが多く無駄な消耗になるし、
いま使っているiPhone 7ももうすぐ購入から2年になるので、機種変更をしないという選択肢はいずれにせよない。

価格や筐体のサイズをはじめ、iPhoneの新作が登場するたびにファンからの不評が飛び交うのはもはや恒例行事だが、
今回のそれにおいて特に気になったのが、「ホームボタンがない」ということに対する不評である。

確かに、新作のiPhoneはホームボタンがないのだが、なぜそれが不満なのか、オレにはよくわからない。
デザインとしてホームボタンがないということが嫌だということかもしれないが、ガジェットのデザインは時代に応じて変化して当然なので、仕方のないことだ。

押し込める物理的なホームボタンならiPhone 7の段階で既に廃止されているし、
そもそもiPhoneのホームボタンは故障の多いことで有名なので、
ホームボタンそれ自体をなくすことでホームボタンの故障からユーザを開放するというAppleの判断は実に合理的だ。
ホームボタンがはじめから存在しなければ、ホームボタンは壊れようがない。

もしかすると、結局は、「自分の慣れ親しんだホームボタンがなくなるのが嫌だ」ということに尽きるのかもしれない。
しかし、その考え方は少し危険だ。
それは要するに、ホームボタンがなくなるという変化を受け入れられないということであり、
多くの若者たちが「老害」などと呼んで馬鹿にしている中高年たちと、やっていることはさほど変わらない。

単純に考えれば、ホームボタンがなくなったということは、これまでホームボタンで行っていた操作は他の操作で代替されているということである
(なにしろ、既にホームボタンのない昨年発売のiPhone Xを使っているユーザーが、ホームボタンがなくて困っているという話は聞かない)。
ホームボタンは操作のために使うのだから、その操作ができればホームボタンはなくても構わないのだ。

それなのに、ホームボタンがなくなったこと自体に怒っている人が大勢いる。
そうした人たちは、目的でなく手段に固執しているのである。
それは明らかに、無駄な消耗だ。

そんな無駄な消耗をしてまでiPhoneを使用することに固執する必要はないとオレは思うのだが、そうでない人が大勢いるということは、実に深刻なことだ。

【今日のまとめ】
ノッチのデザインについていろいろと言いたいのは分かるが。


というわけで。
  1. 2018/09/16(日) 17:04:54|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼寝にもアイマスクと耳栓を使うようになった

最近、昼寝をするのにもアイマスクと耳栓を使うようになった。





このアイマスクと耳栓を使っているというのは夜の就寝時と同様だが、昼寝でも集中度がまったく違う。
どれだけ違うかというと、アイマスクと耳栓を使わずに昼寝した場合は、アラームがなってもまだ眠く、二度寝してしまうことが多いのだが、
アイマスクと耳栓を使うと、まだアラームが鳴っていないのに自然に目が覚め、しかももう眠くないという具合である。
完全に外界から遮断され、寝ることだけに意識を集中できるのだろう。

MOLDEXの耳栓については何度も書いているのでもはや書くことは特になく、遮音性が素晴らしいというに尽きるが、
上記のアイマスクも、たとえ照明のついた部屋であってもほとんど真っ暗にしてくれるので、むしろ夜の就寝よりも昼寝に向いているといえるかもしれない。
最初は締めつけ感が強すぎるように感じたが、慣れてくるとそれも心地がいいし、ずれにくいのでありがたい。



ちなみに、自宅で昼寝をするときのアラームにはこれを使っている。
アラームというよりストップウォッチだが、「1時間だけ寝る」「20分だけ寝る」というときには、いちいち目覚まし時計を使って時刻を設定するよりも、こちらの方が手っ取り早い。
音量も、少なくとも昼寝程度の浅い眠りであれば耳栓をしていても充分聞こえるので、これまで気付けなかったことはない。
外で昼寝をするときには使用するのが難しいが、様々な用途において便利なので、持っていて損はない。

昼寝ごときでここまで準備するのかと言われそうだが、結果的に目覚めがいいのだから、これは無駄な消耗を避けるのに一役買っているとオレは思う。

【今日のまとめ】
まるでアフィブログのようになってしまった。


というわけで。
  1. 2018/09/07(金) 15:38:46|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

業務用のボディソープを家で使う

ビジネスホテルや銭湯やサウナに行ったときに気になるのが、そこに置かれているシャンプーやリンスやボディソープだ。
いかにもチープなものが置かれているとそれはそれでいとおしいが、少し高級なものが置かれているとテンションが上がる。
少し高級なものは、たいてい匂いもいい。
POLAのものが置かれていたりすると、だいたい「当たり」である。

先日、家で使っているボディソープが残り少なくなってきた。
オレはシャンプーコンディショナーに関しては「これを使う」というお決まりの銘柄があるのだが、ボディソープに関しては割と適当であった。
その残り少なくなってきたボディソープも、これといって気に入ったわけでもなかったので、
次にどんなボディソープを試そうかと思っていた。
そんなとき、ふと、上記の「当たり」の話を思い出したのである。
もし、家で、その「当たり」のボディソープで毎日身体を洗えれば、毎日いい気分になるのではないか。

POLAのボディソープは業務用なので、ドラッグストアでは売っていない。
ではAmazonにあるかと思って検索してみたところ、あったのである。



10リットルで5400円。
1リットル当たり540円、500ミリリットル当たり270円ということになるから、ボディソープとしては割安である。
「当たり」のボディソープが500ミリリットルで270円なら、買う以外にないだろう。
10リットルあれば相当程度の長期間にわたってボディソープを買う必要もなくなるので、無駄な消耗も排除できる。

数日して、10リットルのボディソープが届いた。
10リットルの液体なので当然10キログラム以上あり、ズッシリとしている。
ホテルやサウナの浴場に置かれているのと同じ空のボトルが3本付いていてサービスがいい。
業務用ということもあってか、蛇口のようなノズルがついており、それを開くだけで補充ができる。
なるほど、ホテルやサウナの人は、こうやって補充をしていたのだ。
さっそくボトルの一本にボディソープを補充したのだが、あの「当たり」の匂いが漂ってきた。




その晩の入浴で、さっそくそのボディソープを使った。
言うまでもなく「当たり」だった。
自宅にいながらにして、いいビジネスホテルやサウナに行ったときの香りが身体から漂ってくる。

これは、単に気分がいいというだけの問題ではない。
家で業務用のボディソープを使っていれば、今後、ビジネスホテルやサウナを利用した際、
そこに、「家で使っているのと同じボディソープがある」という状況になる。
これは、「普段と違ってどうも落ち着かない」という無駄な消耗の排除にもつながるのだ。

割安で、しかも無駄な消耗も排除できるボディソープは、最高である。

【今日のまとめ】
スカイスパもこのボディソープだった。


というわけで。
  1. 2018/09/05(水) 19:04:42|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: