怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ジェットウォッシャードルツを購入した

先日、パナソニックのジェットウォッシャードルツを購入した。



以前から友人や知人に薦められてはいたのだが、毎日の手間が増えるかと思い、なかなか手が出なかった。
しかし、たまたま余剰に使えるお金が出たので、せっかくなら家電に投資すべきだと思い、
Amazonにあった最も高い(とは言っても一万円強だ)モデルを購入するに至った。

ジェットウォッシャーというのは、早い話が、歯に使う高圧洗浄機のようなものだ。
洗車などに使うケルヒャーというブランドの装置があるが、あれをミニサイズにしたものと考えればわかりやすい。
糸ようじやデンタルフロスや歯磨きを済ませたあとで使い、フロスや歯ブラシでは落とせずに残った汚れを落としていく。

オレが購入したモデルは水圧を10段階に調節できるのだが、オレは最大のレベル10でちょうどいい。
初回とその次くらいはほんの少し出血もあったが、それ以降は痛みやむず痒さもほとんどない。
オレは歯間が狭いので、多少強い水圧の方が、歯間の汚れを落とすのにいい。

タンクに水を入れて電源をオンにし、水を噴射する。
ノズルから出る水と超音波で、まず歯間、次に歯茎、最後に歯の表面という順序で汚れを落としていく。
オレの場合は、下の歯、次に上の歯という順番でやっているが、
それぞれでタンクの水を一回使い切るくらいだ(要するに、水の補充は二度行う)。

これが非常にいい。
オレはこれまで、糸ようじと歯ブラシだけで済ませてきたが、
これにジェットウォッシャーを加えたことで、口内のさっぱり感がまるで違う。
さながら、サウナと水風呂を繰り返した後の身体の爽快感のようだ。
これだけ口内がさっぱりすると、その後に何か間食をしようという気も起きなくなるので、ダイエットにも有効かもしれない。
歯ブラシだけだと、どうしても歯の表面にざらつきが残ることがあったが、
ジェットウォッシャーで仕上げるようにしてから、裏側も含めて、ざらつきを感じなくなった。
オレは歯並びが良くないが、ノズルが小さいので、きれいに並んでいない歯の隙間もしっかり洗浄できる。
これを毎晩やっていれば、歯垢や歯石の蓄積も、ゼロとは言わないまでも少なくなるだろう。

オレはメールマガジンの年末の号に毎回「その年に購入してよかったもの」を10個書いているが、
このジェットウォッシャーは間違いなく上位にランクインするだろう。
半年ごとに通っていて、今度は秋に行く歯医者の定期検診で、自分の歯の状態がどうなっているかを確認するのが今から楽しみだ。

【今日のまとめ】
音の大きさにはもう慣れた。


というわけで。
  1. 2018/05/07(月) 22:59:17|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレは腕時計を着けてサウナと水風呂に入っている

最近、サウナと水風呂によく入るようになった。

サウナと水風呂において重要なのが、時間管理だ。
入る時間が短すぎてもいけないし、長すぎてもいけない。
ほとんどのサウナは室内に12分計が設置されているが、広くて混んでいるサウナだと、自分の座る位置によっては12分計がよく見えないこともある。

そうした理由から、オレは腕時計を着けてサウナと水風呂に入っている。

腕時計を着けたままサウナや水風呂に入っても壊れないのか、という話になるが、防水性と耐久性のあるものならば大丈夫だ。



オレはこの「チープカシオ」を着けて入っているが、特に壊れる様子はない。
何しろ、数年前にイギリスで、「20年間屋外で放置されたまま動き続けていた」とニュースになったほどのモデルなので、サウナに入った程度では簡単に壊れないだろう。
それに、万一壊れてしまったとしても、1000円前後で購入できるモデルなので、精神的・経済的なダメージは少ない。

時計としての性能も特に問題なく、デザイン的にも不朽の名作として愛されているモデルだから、一本持っておいても損はない。

1000円でサウナ室内におけるQOL向上を図れるこのチープカシオは、まさに無駄な消耗を避ける上で最適の一本だ。

【今日のまとめ】
しきじのサウナだと流石に金属部が熱い。


というわけで。
  1. 2018/03/27(火) 17:33:17|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベル式の目覚ましを購入した

最近、再び耳栓をして眠るようになったことは先日も書いた。
あの後もMOLDEXの耳栓をいくつか試したのだが、
オレはどうも耳の穴の形が左右で違うらしく、右だけうまくはまらないことが多かった。
そこで、前回のエントリの後、「メテオ」というくびれのある形状の耳栓を試したところ、これが一番スムーズにはまってくれた。
装着時間もかなり短くでき、昼寝などでも気兼ねなく装着できるようになった。



だが、遮音性が高く安眠できる反面、アラームまで聴こえなくなり、寝過ごしが発生するようになった。
通常のアラームの他に、ストップウォッチもアラームの数分後に作動するようにして寝ているのに、どちらも聴こえないことがある。
どうやら、耳栓とアラームの電子音の相性が良く、それなりに大きな音でも電子音はかなりカットするようだ。
寝坊するのは困るが、かといって耳栓を諦めるのも本末転倒なので、電子音ではなくベル式の目覚ましを購入した。



アナログ式だが電波時計なので正確性があり、デザインも悪くない。
実際に使用してみたところ、ベルの音はやはり電子音とは周波数が大幅に異なり、また物理的な振動だからか、スムーズに起きることができた。

アラームの作動時刻がアラーム針の設定時刻から±5分であり、一分でも長く寝たいという人やいつもギリギリで行動しているには不向きかもしれないが、オレには充分である。

これからしばらくはこの目覚まし時計で起きてみようと思う。
20代前半の頃と比べて身体も無理がきかなくなってきているので、睡眠の質を高めることは今後に向けた重要なテーマだ。
無駄な消耗を少しでも減らしていくためにも、良い睡眠を追い求めたい。

【今日のまとめ】
起き上がるタイプのベッドも気になる。


というわけで。
  1. 2018/03/18(日) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AirPodsの良さ

AppleのAirPodsというイヤホンを買った。
昨年末に発売して以来まだ品薄なのだが、
定期的にApple Storeの在庫をチェックしていたのが功を奏して、滑り込みで入手できた。

左右が独立したBluetoothイヤホンで、その外見から「うどん」などと揶揄されることもあるが、
オレは特に嫌いではない。
何より、ペアリングの簡単さが良い。
iOS 10とmacOS Sierraでは、充電ケースの蓋を開け、取り出したAirPodsを耳に装着するだけで、
センサーが耳を検知し、自動的にペアリングされる。
何かボタンを押したり、デバイスの側で設定する必要すらない。
これは本当に楽だ。
AirPodsの前に使っていたBluetoothイヤホンは、毎回ボタンを長押ししてペアリングモードにし、
その後でデバイスの側で接続する必要があった。
そのため、「一度接続してしまえば便利だが、その接続が面倒」という気持ちだったのだが、
AirPodsはその面倒な接続がないので、ただ便利なだけなのである。

いや、ただ便利なだけではない。
音質も良い。
それも、「無線の割には頑張っている」という比較的な観点ではなく、
純粋に1万円クラスのイヤホンの音がするので驚いた。
正直、ここは全く期待していなかった点なので嬉しい。
せいぜいEarPods(iPhoneに標準で付属する有線イヤホン)と同レベルだろうと考えていたが、
何度聴き比べてもAirPodsの方が、音の再現性というか、聴きやすさが上だ。
低音もそれなりに聴こえて、
少なくとも、平均的なJポップのベースラインを電車内で耳コピすることが可能なレベルだ。

密閉型でないため遮音性がゼロなのは気になるところだが
(実際、オレはこれまでカナル型イヤホンばかり使ってきたのでこれを最も心配していた)、
いざ使ってみるとそれも気にならなくなってくるし、
むしろ周囲の音が聴こえるため移動中に使用することへの安心感がある。

そして、これはその遮音性がない点にも関係しているが、
装着感がないので、長時間装着していても気にならない。
ケーブルがないことも手伝って、
まるで、何も身に付けていないのに、頭の中に音楽が流れてきているかのような感覚になる。
かつて、Dr.林のQ&Aで、「iPodの手術を受けたい」と書いていた統合失調症の患者がいたが、
その「iPodの手術」とは、こういうことなのかもしれないとふと考えてしまった。

さて、長時間使用するとなると気になるのはバッテリーだろうが、
充電ケースとAirPodsがフル充電された状態からスタートすれば、一週間は使い続けられるそうだ。
AirPods本体はケースから出した(ペアリングされた)状態では約5時間の駆動なので、
一日中イヤホンを外さないという人にとっては使うのは難しいだろうが、
行き帰りの電車や移動中に音楽を聴くという平均的な人であれば、バッテリーで困ることはまずない。

税込みで1万8千円以上という価格だけを見ると割高にも思えるし、実際躊躇はあった。
だが、いざ使ってみると、後悔どころか喜びしかないのが現状である。

【今日のまとめ】
「耳うどん」は佐野市の名物。


というわけで。
  1. 2017/02/04(土) 18:07:57|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チープカシオの魅力

スマートフォンで簡単に現在時刻が分かる世の中だが、
オレはいまだに腕時計を着けていないと落ち着かない。
高校に入った時に父親に買ってもらったシチズンの電波時計をずっと使ってきたが、
少し重く、またアナログ時計であって瞬時に正確な時刻が分からないこともあるので、
もうひとつ、デジタルの腕時計を買ってみることにした。

しかしそれは立派な高級時計でも何でもなく、
Amazonで1500円で売っているカシオのデジタル時計である
(オレが買ったモデルは海外仕様の輸入品なので1500円だったが、国内仕様は1000円以下で買える)。
「チープカシオ」の俗称で知られるF-91Wというモデルだ。



ソーラー式でもなく電波時計でもない、ボタン電池式のデジタル時計だが、
月差±30秒と比較的精確だ。
何より時刻合わせが容易なので、使う時に電波時計や時報で秒を合わせていけばまったく問題ない。
電池寿命は7年だというが、先日の海外のニュースでは20年間庭に放置されてまだ動いていたという。
アルカイダが時限爆弾用に使っていたという話もあり、
それだけ、安価でありながら精確で強靭だということだろう。

そして何より軽量だ。
プラスチック製なので重みがほとんどなく、先日など、着けてくるのを忘れたかと思ったほどだ。
生活防水なので手も洗えるし、着けていて不快感が全くない。

また、デザインが良い。
1991年の発売からまったく変わっていないそうだが、その古臭さ、90年代感がかえってかっこいい。
世界中どこでも手に入るというのも魅力だ。
オレがiPhoneが好きなのは、それが特定の国に限定されずにあまねく使われているからだが、このF-91Wもまさにそうだ。

良いもの、気に入ったものが必ずしも高価なものだとは限らない。
そういうことをあらためて教えてくれるのがこのチープカシオだ。

【今日のまとめ】
バックライトの見にくさも愛嬌。


というわけで。
  1. 2016/11/10(木) 13:18:32|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: