怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ラーメン二郎 川越店

170429川越3

先月オープンした「ラーメン二郎 川越店」に地元の友人と行ってきた。
久喜から圏央道を使い、一時間強で到着。
11時半頃の到着で並びは店外にはみ出ていたが、回転はかなり良く、一時間強で提供までいった。

170429川越4
▲インパクトのある「二郎」。

店内は白い壁が綺麗な新しい内装で、カウンターは木目調。
店主の他に助手3人の4人体制で、
新人らしき助手に店主や他の助手が逐一口頭で仕事を教えていたのが印象的だった。

170429川越1
▲ラーメン(700円)・ニンニク。

麺や野菜が少し丼からはみ出た豪快な盛り。

170429川越2

色白で太めのストレート麺は硬めの食感が心地良い。
乳化スープやいわゆる「巻き豚」も合わせて関内の二郎に似ているという印象を受けたのだが、
後で調べると、やはり店主は関内の助手出身らしい。
関内二郎イズムを受け継いだハイレベルの二郎が埼玉で食べられるというのは嬉しい。
もちろん関内とまったく同じ味ではなく、麺は川越のほうがやや太い印象もあり、オリジナリティがきちんと発揮されている。
量はなかなかに多めで、夕方まで満腹感が消えなかった。
700円という価格設定は頑張っていると思うし、コストパフォーマンスは高い。

大宮の二郎がなくなって二郎不毛地帯となった埼玉に登場したこの川越店。
大宮とはかなり違う一杯だが、味のレベルは高い。
川越はラーメンやつけ麺の店が多く、また二郎インスパイア系の店も複数ある激戦区だが、
この味なら長くやっていけるだろう。

【今日のまとめ】
小江戸でござる。


というわけで。
  1. 2017/04/29(土) 21:42:02|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 目黒店

恵比寿の美容室で散髪してもらった帰り、「ラーメン二郎 目黒店」まで歩いた。

美容室を出たのが15時18分頃。
目黒店の昼の部は16時までなので早歩きで行ったところ、15時33分頃には到着できた。
席は埋まっていたが並びはなく、数分で着席。
もっとも、オレが着席するまでに数人来たので、閉店間際を狙う人は多いようだ。

小豚の食券を買い、着席して待つこと数分。

170427目黒1
▲小豚(600円)・ニンニク。

丼のギリギリまでスープが入り、今にもこぼれそうなボリューム感ある盛り。
実際、テーブルに置いた際に少しこぼれた。
小さい丼なので実際の量はそれほど多くないのだが、視覚的な満足感は大きい。

170427目黒2

相変わらずの密度が高い歯ごたえたっぷりの麺。
オレはこの麺が全二郎で一番好きだ。
同ロットで麺硬めを注文した人が3人もいたが、
デフォルトでもそれなりに硬いこの麺を硬めで頼むというのもなかなか凄い。

スープも相変わらずで、とにかく味が濃い。
卓上に醤油があるが、一切必要ない塩辛さ。
食後に大量の水分が欲しくなるが、この塩辛さが食欲を増進させるのは確かで、またそれが目黒店の魅力でもある。

豚はオレが大好きだった以前の薄切りのものとは変わってしまったが、
しっかり味の染みた豚であることには変わりがない。
パサ豚とは縁遠い柔らかいもので、豚増しでも残さず食べることができる。

味が濃いため完飲どころかスープにはほとんど手を付けなかったが、麺も豚も完食。

目黒店はオレが大学生の頃に最も頻繁に通っていた二郎で思い入れも強いが、
「思い出補正」などではなく、いつ食べても紛れもなくうまい、最も好きな二郎だ。
こうして折に触れて訪れることで、オレはそれを再確認するのである。

【今日のまとめ】
明後日も二郎なのに。


というわけで。
  1. 2017/04/27(木) 20:23:50|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 京都店

青春18きっぷが二回分余ったので、
先日オープンしたばかりの「ラーメン二郎 京都店」に行くべく、京都に行ってきた。

5時18分の始発電車で古河を出発し、京都駅に到着したのは10時間後の15時過ぎ。
新幹線や特急に頼ることなく、無事に着くことができた。

ホテルにチェックインし、毎度の出町桝形商店街の巡礼などを経つつ、17時半ごろに知人と一乗寺駅付近で合流。
叡電を降りた瞬間にもう二郎の匂いが漂ってくる。

170404京都1
▲この写真は退店後に撮ったもの。

店の前にはほとんど人がおらず、まだ二郎に馴染みがなく空いているのかなと思ったが、そうではなかった。

170404京都2

店員にこのような整理券を渡された。
店の前に行列を形成できるスペースがないからか、
整理券によって指定された時間に集合するシステムになっているようだ。
オープン日の整理券配布ではひと騒動あったようだが、その反省を活かしたものなのかもしれない。

散歩したり軽く飲んだりして時間を潰し、券に書かれた19時20分に再度店の前に行く。
店員が番号を順番に呼び、券を持った人はその順番に整列する。
そして店舗の向かって左側の細いスペースであらためて並ぶことになる。
その細いスペースで並ぶこと一時間ほど、ようやく着席できた。
整理券を受け取ってからは三時間近いが、実際に店で並ぶのは一時間と考えると、そう長くはない。

店内の細長いスペースにカウンターが配置され、店員は店主と助手3人の計4人。
店主や経験のある助手が、新人らしき助手にいろいろと教えながらラーメンが作られる。
提供までは着席から10分ほど。

170404京都4
▲ラーメン・ニンニク(730円)。

美しい盛り。
店主は神保町出身だそうだが、確かに神保町のラーメンを彷彿とさせる見た目だ。

170404京都3

麺も神保町のそれに似た、平打ちのストレート麺。
いわゆるデロ麺で、やや粉っぽさもあるが、個人的には好きだ。

スープは薄味。
これを「オープン直後により味が定まっていない」と見るか、「関西仕様」と見るかは評価の別れるところ。
今後再び行き、確認するほかない。

豚は柔らかい部分もあったが基本的にはパサ豚。
大ぶりなのはいいが、個人的にはあまり好きな豚ではなかった。

総合的には満足の一杯だった。
京都の地でこの味を楽しめるのは素晴らしいことだ。
一乗寺はラーメン激戦区だそうだが、この味であれば地元の人々にもきっと末永く愛されることだろう。

【今日のまとめ】
叡電が NEW GAME! 仕様でテンション上がった。

というわけで。
  1. 2017/04/07(金) 22:54:51|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレは写真を撮るためにラーメン二郎に行っているのだろうか

ラーメン二郎のある店舗が、店内撮影禁止となったという話を聞いた。
店内撮影禁止であっても自分が注文したラーメンの写真は撮影可能という店が多いが、
その店舗はラーメンの撮影も禁止されたそうだ。

この件で、「オレは写真を撮るためにラーメン二郎に行っているのだろうか」という悩みに直面した。

オレは食べた二郎の写真をほぼすべて撮影し、専用のTumblrにアップしている。
それもあって、二郎に行く際は必ずデジタルカメラを持参するし、
もしカメラを忘れた場合は、もともと二郎に行くつもりであったとしても、その予定をキャンセルする。
写真を撮りたいからだ。

では、カメラを忘れたのではなく、
今回の店舗のように、店側がラーメンの撮影を禁止している場合はオレはどうするだろうか。

少し考えたが、オレは、その店に行くだろう。
もちろん、禁止されている以上、写真は一切撮らない。

オレは、あくまで二郎のラーメンを食べに二郎に行っているからだ。
撮影は、それが許されているから、せっかくなら記録しておきたいという気持ちでするだけであって、禁止されているならそれで構わない。
また、撮ることが第一の目的でない以上、撮影禁止が理由でその店に行かないということもない。

オレは食べた二郎の感想をこのブログに書くことが多いが、
その際は写真に頼ってしまうことが多い。
写真を撮影した以上、それを載せるのが早いし、読む人も内容を理解しやすい。
たとえ文章表現が稚拙であっても、写真を載せれば、読む人はその写真から足りない情報を補完できる。

だが、写真撮影ができない二郎の感想は、そのように写真に頼ることができない。
文章だけで、自分が食べたラーメンの感想を読む人に対して伝えなくてはいけなくなる。
そのため、これまで以上に表現力が試される。
それは怖くもあるが、面白くもあるとオレは思う。

この撮影禁止の件により、自分が二郎に行く目的をあらためて考えることができた。
これまでは、どの店舗でもラーメンを撮影できるのが当たり前だったので、
自分が何のために二郎に行っているのか、撮れなくても二郎に行くのかなど、考える必要がなかったからだ。
この件は、それを考えさせてくれるいい機会だった。

二郎の写真はそれだけでコンテンツ性がある。
そのため、撮影を禁止したことで店に来なくなる客も当然いるだろう。
店主は、そうしたリスクを考慮した上で今回の決断をしたのだから、オレはそれを尊重したい。

【今日のまとめ】
オレの中で「スマホのシャッター音は迷惑だからダメ」という勝手な基準がある。


というわけで。
  1. 2017/03/17(金) 21:03:23|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 歌舞伎町店

新宿で映画「ラ・ラ・ランド」を観た。

序盤からヒロインが薄緑色のプリウスに乗っていて、iPhoneの画面が割れている時点で既に少し帰りたくなったが、
容易に退出できないど真ん中の座席を取っていたこともあって最後まで観た。

観終えて真っ先に思った感想は「これは『モテキ』だ」というものだったが、
トーニャハーディング先輩が公開直後にまったく同じことをツイートしていたことを知った。
やはりこれはハリウッド版「モテキ」である。
だが、対象となる女が作中に一人しか登場しない分、
観るものの精神的ダメージはこの「ラ・ラ・ランド」の方がはるかに大きい。

村上龍の「すべての男は消耗品である。」という言葉を象徴するような映画だった。
男は結局、女が成長するための踏み台でしかない。
それは生物学的に決定された事項であって、いいも悪いもない。
自分はそう思うとか思わないということもない。
ただそうした事実があるだけだ。

オレが最近忘れかけていた女の優越性、そして女に対する不信感を思い出させてくれた素晴らしい作品である。

その帰り、先日寄った際は休業日だった「ラーメン二郎 歌舞伎町店」に寄った。
土曜の夜ということもありそこそこ混んでいたが、二郎の中では空いている部類で、
入店から30分強で提供までありつけた。

IMG_2458.jpg
▲豚入りラーメン(800円)・ニンニク。

美しい盛り付け。

IMG_2459.jpg

麺をひと目見て気付いたが、リニューアル前の丸い麺と違う、二郎らしい平打ちの太麺になっている。
店内の入り口横で製麺しているのでオリジナルではあるが、
同じ会社が経営する新橋や池袋、そして新宿仲間の小滝橋と似た麺になった印象だ。

豚も以前はもう少し小ぶりで醤油が染みたものだったが、
これはこれで美味いものの、大ぶりでややパサついたものに変わった。
オレは以前の豚が好きで、そのつもりで今回も豚入りにしたのだが、
これなら今後は豚入りで頼むことはないだろう(まずいのではなく、好みではないということだ)。

スープは以前のままの醤油がほどよく効いた乳化スープ。
ここに以前の歌舞伎町店の残り香を感じるが、
やはり、麺と豚の変化によって無個性になった印象が否めない。
だが、味は良くなっているので、以前にも増して安心して行くことができるし、何の文句もない。
新宿のような他地方からの観光客や外国人が数多く訪れる地にあっては、
こうした良い意味で無個性な二郎の方が、二郎に対して悪い第一印象を持たれることがないのでいいことだ。
リニューアルで店舗も綺麗になっているし、今後も通うことになるだろう。

【今日のまとめ】
ジョン・レジェンドに救われた。


というわけで。
  1. 2017/03/12(日) 00:28:04|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: