FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ラーメン二郎 栃木街道店

来週以降、「平日に二郎に行く」ということが難しくなりそうなので、
久々に、「ラーメン二郎 栃木街道店」まで車で行ってきた。
今回も50分弱での到着。

開店10分ほど前の到着で開店待ちの先客が17人。
開店と同時に店内の待ち椅子に座り、到着からちょうど1時間ほどで提供までありつけた。

IMG_5671.jpg
▲ラーメン・ニンニク(700円)。

「TARO」にするかどうかで悩んだが、しばらく来られなさそうなことも考え、ノーマルのラーメンにした。
相変わらず盛りが美しい。

IMG_5672.jpg

ロットが乱れていたわけでもないと思うが、いつもより少し柔らかめの麺だった。
栃木は毎回硬めで安定しているイメージなので少し驚いたが、
オレ個人としては二郎は柔らかめの麺の方が好みなので、これは嬉しい誤算だ。
醤油の味が効いた微乳化スープにその麺がよく絡む。

豚は野菜の下に隠されており、通常のラーメンだが薄切りの豚が4〜5枚入っている。
まれに味が染みておらず硬いハズレ豚が入っていることもあるが、今回は全部うまい豚だった。

有料トッピングの生卵(50円)を使って時おりすき焼き風にして食べつつ、最後はその残り汁をスープに投入。
こうすることで味に変化が出て最後まで飽きず、無事に完食した。

ここに来るたび、これだけハイレベルな二郎が北関東で食べられることに感謝の念を抱く。
今後オレが訪れるとしたら土休日が中心になり、長時間の並びは必須になるが、
それでも食べたいと思える味だ。
今後も末永く続いてほしい店である。

【今日のまとめ】
店内の緊張感もそれなりにあるのがいい。

というわけで。
  1. 2018/10/04(木) 15:22:10|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 横浜関内店

昨日、横浜で働くサークルの先輩と会う用事があり、昼食に久々の「ラーメン二郎 横浜関内店」に行った。
12時半より少し前の到着で並びは数人ほどで、到着から10分と経たずして着席できた。

ここに来ると毎回通常のラーメンか汁なしかで悩むが、
並んでいる時の店員によるサイズ確認の段階で決めなければならず、時間的猶予はあまりない。
結局、暑さもあり塩分補給をしたかったので汁なしに決めた。

着席からそれほど待たずに提供。

180721関内1
▲汁なしラーメン・ニンニク+ニラキムチ(900円)。

相変わらずの美しい見た目。
今回も例によって有料トッピングのニラキムチを購入した。

180721関内2

麺は関内特有の平打ストレート麺。
デフォルトでも比較的硬めの食感で、「ホギホギ」という表現がしっかりくる。
初めはそのまま食べ、途中でニンニクと卵黄を、後半でニラキムチをかき混ぜて味の変化を楽しみながら食べる。
数年前よりも量が少なくなった印象があるが、オレにはこのくらいの量がちょうどいい。

豚もまた関内特有の巻豚で、二枚とも柔らかくうまかった。
シャキシャキの野菜は味の濃いタレとの相性がよく、最後まで飽きが来ない。
思ったほどの汗をかくこともなく、大満足で完食した。

不思議と、この関内二郎には夏に訪れることが多い。
夏の横浜は、オレが住む北関東よりも気温が数度低く、浜風も吹いているので体感的にも涼しい。
無意識のうちに涼を取りたいという気持ちが働き、この場所に誘われているのかもしれない。

【今日のまとめ】
桜木町はまだピカチュウとの戦争に負けていなかった。

というわけで。
  1. 2018/07/21(土) 17:34:02|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 茨城守谷店

IMG_5150.jpg

昨日、久々に「ラーメン二郎 茨城守谷店」に行った。
埼玉から来た友人を古河で拾い、車で移動すること2時間弱。
圏央道経由で移動する手もあったが、暫定2車線区間の移動では対した時間短縮効果は期待できず、下道で移動した。

到着し、店の裏にある駐車場に停めようとするが、なんと満車。
近くのコンビニでしばし休憩してから再び空きを狙うと、幸いにも一台分の空きが出たので駐車し、店外に伸びている列に並ぶ。

店外の列は数人だが、ここは店内にも7人ほどの待ち椅子があり、待ちはさらに多い。
食券は店内に入った段階で購入し、スタッフの指示に従って見せる。
回転は速く、スタッフのオペレーションもしっかりしているので、到着から40分弱くらいで提供までありつけた。

IMG_5151.jpg
▲ラーメン(700円)・ニンニク。

テーブル席での提供となり、カウンターで二人分の丼が乗ったトレイを受け取る。
テーブル席で食べたのは新潟以来だが、何となく得をした気分になる。

IMG_5153.jpg

微乳化スープには脂の膜が張り、そのために熱が逃げず非常に熱い。
別途生卵(50円)を購入しておいたおかげで、すき焼き風にして食べつつ麺を冷ませたので正解だった。

麺はいわゆるデロ麺ではないものの比較的柔らかい部類だが、身がしっかり詰まった印象で食べごたえがあり、量も多め。
スープは醤油の味がかなり効いた味の濃いもので、食後に大量の水分が欲しくなった。
野菜は割とクタクタに茹でられているが、個人的にはこのくらいの方が好みだ。

豚は肉感の高い硬めのものと柔らかい脂身が一切れずつで、かなり食べごたえがあった。

かなり満腹になりつつも完食したが、スープまでは飲めなかった。

茨城県唯一の二郎だが、相変わらずレベルは高い。
夏季ということもあってつけ麺も提供しているらしく、注文している客も多かった。
やや遠いこともあって定期的に通うことは難しいが、ドライブがてら訪れるのは楽しいので、並ぶのが苦でない秋冬にでもぜひまた訪問したい。

【今日のまとめ】
交通マナーが右折優先の地域。


というわけで。
  1. 2018/07/01(日) 23:26:27|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 目黒店

きょうは、雑誌「POPEYE」のポップアップショップが幡ヶ谷に出店するという話を聞き、朝から幡ヶ谷まで行った。
目当ての物を手に入れた後、京王各線で渋谷まで移動して代官山の「蔦屋書店」まで歩き、
「Get湯!」とのコラボレーションで置かれている京都の銭湯のタオルを購入した。
渋谷駅で京王線から東横線まで歩き、そこから代官山まで一駅だけ移動してからまた少し歩く時間があれば、渋谷駅から直接歩いてしまった方が早い。

せっかくこのエリアまで訪れたので、久々に「ラーメン二郎 目黒店」まで行くことにした。
それなりに歩いたので電車を使うことも考えたが、中目黒まで移動してもどのみち歩くことになる。
いい運動になると考え、蔦屋書店からそのまま徒歩でラーメン二郎まで辿り着いた。

土曜の12時半頃であり、かなりの混雑を覚悟していたが、並びは意外にも10人ほど。
到着してからラーメンが提供されるまでに30分とかからなかった。

IMG_5122.jpg
▲小ラーメン豚入り(600円)・ニンニク。

およそ一年二ヶ月ぶりのメグジだが、相変わらずコンパクトな丼にぎっしりと麺や豚が詰まっている。

IMG_5123.jpg

麺はデフォルトで硬めで、小麦のうまさが詰まった縮れ麺。
この麺は他の二郎のどことも異なるもので、オレは一時期これに魅了されてメグジにしか来なかった。
その感情が蘇ってくるようなうまい麺だった。

豚は相変わらず塩辛いが、この塩辛さこそが真骨頂である。
オレが唯一豚入りで注文する二郎がこの目黒店だ。
おつまみチャーシューのようなほぐし肉は、麺と食べても、野菜と食べても、スープと共に飲んでも絶妙に合う。
これは他店のような大ぶりの豚には真似できない。

野菜の茹で具合も程よく、シャキシャキ感は少ないが、かといってクタクタでもない。
最近はシャキシャキの野菜を出してくる二郎は割と多く、それも嫌いでもないのだが、
メグジは麺がしっかりしている分、野菜はあまりシャキシャキでない方がちょうどいいのだ。

値段は相変わらず据え置きの600円(ノーマル小は500円)。
もちろん、味もそのままだ。
日吉の学生だった頃、中目黒で降りて週2で通ったあの味は、いまも行列を作っている。

【今日のまとめ】
長島昭久のポスターの威力。


というわけで。
  1. 2018/06/16(土) 22:00:23|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン二郎 栃木街道店

天気が良かったので、約一ヶ月ぶりに車で「ラーメン二郎 栃木街道店」に行った。
道中で電話線工事による渋滞があり、到着まで50分強かかった。

14時頃の到着で、並びは店外に12人ほど。
昼の部は14時45分までの営業なので心配になったが、麺切れ宣告はなかったのでそのまま並んだ。

ここはわざわざ車で来るレベルの二郎ファンが多いということもあってか他店よりも回転が早い。
店内も含めると20人を超える待ちだったが、到着から45分で着席、そこから5分ほどで提供までありつけた。

180413栃木街道店1
▲ラーメン(700円)+TARO(100円)+生卵(50円)・ニンニク。

今回は久々に「TARO」で注文した。
TAROは「つけ麺味ラーメン二郎」の略で、夏季限定で提供しているつけ麺のスープをラーメン仕様にしたものだ。
ピリ辛のごまラー油ベースのスープは赤みを帯びた色で食欲をそそる。

180413栃木街道店2

栃木街道店の売りである、しっかりした平太ストレートの麺は今回も健在。
これがピリ辛スープに絡み、どんどん食べられる。
シャキシャキの茹で具合の野菜もばっちりで、ときおり生卵に絡めてすき焼き風にしながら食べていくと飽きがこない。
今回は豚も素晴らしく、柔らかい脂身の部分に当たり、そうでない部分も全体的にほろほろしていて食べやすかった。
オレはいわゆるパサ豚が苦手なので、いつもこうだと嬉しい。

以前に何度か食べてみて、TAROは味の非常に濃い印象だったのだが、今回はそれほど味の濃さは感じなかった。
味の濃さに舌が疲れることもなく、無事に完食できた。

先週こそ遠征で仙台店に行ったが、このところはもっぱらこの栃木街道店がオレのホーム二郎となっている。
ホームがこれだけのハイレベルなラーメンを提供してくれるのは素直に嬉しいことだ。
今後も可能な限り通い続けることができればと思う。

【今日のまとめ】
店内BGMがJ-WAVEなのが良い。

というわけで。
  1. 2018/04/13(金) 20:12:24|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: