怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

主に、オレの望みと喜びで。

ornz_1200_72.jpg







きょう、前作「愛って暗いね、ナハトムジーク。」から約5年4ヶ月ぶりとなる2枚目のミニアルバム、「主に、オレの望みと喜びで。」を発表した。
上記のBandcampやSoundCloudのリンクからフル試聴(SoundCloudは一部楽曲のみ)が可能で、
気に入ってもらえれば600円からダウンロード購入もできる。

全体のプロデュースとアレンジは水野健人、アートワークは河内麻美の両氏にお願いした。
もともと親交の深かった人々と、妥協ではなく「この人に頼みたい」という純粋な思いから共に作品を作ることができたのは幸福なことだ。
おかげで、前作とは異なるアプローチから、オレの考えるJポップを構築し表現することができた。

2年前、水野さんと北陸や新潟を旅した帰りの電車の中で、このミニアルバムを作りたいという話をした。
水野さんはそれを快く引き受けてくれたが、お互いに様々な事情もあり、完成までに長い月日を要した。
だが、完成した作品は当初の想像を超えるもので、そこに一切の妥協はない。
むしろ、完成を急がなかったおかげで、個々の楽曲も成熟し、より納得のいく作品になったとオレは考えている。

前作「愛って暗いね、ナハトムジーク。」は、いま聴いてもよくできている。
それは前作のプロデュースとアレンジを担当してくれたナ〆ナナメさんの力量による部分が大きいが、
とにかくまとまりがよく、もう一度同じものを作ろうと思っても不可能だと思えるレベルに達している。

その意味で、オレは今作「主に、オレの望みと喜びで。」が前作を超えたとは思っていない。
だが、もちろん劣っているとは思わないし、前作でできなかった表現ができているという自負もある。
そう思っていなければ、新作を発表する意味はない。
とりわけ、音の厚みや音圧に関しては、水野さんのおかげで、オレの注文をはるかに超えるレベルのものができあがった。
是非、良質なスピーカーやイヤホンで聴いてみてほしい。

そして、オレは、音楽を作る人間の端くれとして、
オレがここ数年主張している「無駄な消耗に意味は一つもない」ということを、口だけではなく音楽で示す必要があるとも感じていた。
前作の一曲目「ハロー警報」では、当時オレが強く感じていた「自分のメディアを持ち、発信するということ」を示したが、
今作の一曲目「主人公補正」では、オレは上記の通り、新たに「無駄な消耗に意味は一つもない」ということを示した。
新作が出たばかりのタイミングで言うことではないかもしれないが、
もしオレが次回作を発表するとすれば、オレに新しい主張が生まれ、それを主張する必要性を感じた時になるだろう。

今作が、皆さんにとって、それまで聴き続けることに耐えうるだけの作品になっていることを願う。

【今日のまとめ】
タイトルの元ネタは分かってもらえるだろう。


というわけで。
  1. 2018/01/20(土) 20:51:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャンブルや投機において、一喜一憂するということは最も無駄な消耗だ

「仮想通貨の相場が暴落した」というニュースが、数日おきに目に入ってくる。

仮想通貨と言ってもかなりの種類があるので一括りにはできないが、
その性質上、大抵の場合、どれかが暴落すれば他の相場も引きずられる。
本当の相場師は下がり目で儲けられるというが、ほとんどの人間はそうはいかないだろう。
そもそも、仮想通貨は「少数者が勝ち、その他は負ける」という欠乏マインドに支配された領域なので、全員が儲かるということはあり得ない。

ギャンブルや投機において、一喜一憂するということは最も無駄な消耗だ。
死ぬ瞬間に勝っていなければ、ギャンブルや投機ではそれはすべて負けを意味する。
逆に言えば、死ぬ瞬間にさえ勝っていれば、それまでにいくら負けていても勝ちだ。

死ぬ瞬間に10億円の借金を負っている人間が、「自分は昔20億円儲けた」といくら言ったところで、
たとえそれが真実であったとしても何の意味もない。
ただ、「その人間は生涯で10億円負けた」という事実が残るだけだ。

オレ自身はそうした勝ち負けにあまり興味はないが、「勝った方がいい」というのがきっと一般的なものの見方だろう。
だが、繰り返すように、人生の終わりに勝っていなければ勝ったことにはならないし、
逆に言えば、人生の終わりにさえ勝っていればそれまでいくら負けてもいい。
もちろん、その日を生きることさえままならないほど金に困っているのなら、目先の勝ちにこだわる必要も時にはあるのだろうが。

先に述べたことは明らかな事実なのだが、
仮想通貨市場のような欠乏マインドに支配された領域では、その熱気によってそうした事実さえ曖昧になり、二の次にされる。
最も重要な事実が二の次にされるということは恐ろしいことだが、誰もそれに気付かないし、気付いても止められない。
そこで勝てるのは一部の人間にすぎず、またその勝った人間でさえ明日には敗者になり得るのだが、
誰もそれを指摘できる文脈を持っていないからだ。

この状況がいつまで続くのか、オレにはわからない。
だが、いつかそれは終焉を迎えるだろうし、その結果もたらされるものが喪失や虚無感や絶望であることは、直感的にわかる。

【今日のまとめ】
大山倍達コインは気になる。


というわけで。
  1. 2018/01/19(金) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やめるべきは、やってはいけないリボ払いだ

リボ払いは絶対にやめたほうがいい、という話をTwitterで耳にした。

それに対する反応を見ていると、「リボ払いは悪であり、その通りやめるべきだ」という反応が多いように見えた。
オレは、そうした反応をしている人間は、リボ払いを実際に使ったことがないか、
無計画で破滅的なリボ払いの使い方しかできない人間なのではないかと思った。

オレは、絶対にやめるべきだとは思わない。
何度かリボ払いを利用したことがあるが、毎回完済している。
使い方を選べば便利な支払い方法だし、だからこそそれが商品として存在しているのだろう。

「すぐに完済できる程度の金額なら手数料を考えると損だから、無理をしてでもリボ払いは避けるべきだ」という意見もよく目にするが、それができないからリボ払いを選択したのであって論理矛盾だ。
むしろ、多少の損は承知の上で支払いをいったん仕切り直すというリスクヘッジがリボ払いである。

リボ払いを絶対にやめるべきなのではなく、
やめるべきは、やってはいけないリボ払いである。
カードそのものが自動的にリボ払いに設定されていて、何を買っても自動的にリボ払いになるカードはオレも悪だと思う。
なぜ法律で規制されないのか不思議に思うほどだ。

また、自分で後からリボ払いに変更する場合でも、金額が大きすぎる支払いをリボ払いにすべきではない。
よく言われる例でありながら多くの人間が陥る事象だが、
月々の支払額が少なすぎると、利息を支払っているだけで終わってしまい、債務が永久的に消えないことになる。
10万円未満の支払いを月1万円程度でリボ払いにするのはあり得る選択肢だが、
100万円を月1万円でリボ払いにするのは絶対に避けなければいけない。
これに限れば、オレも絶対にやめるべきだと思う。

やってはいけないリボ払いは無駄な消耗の極地だ。
だが、現実にそれをやってしまう人がいるから、こうしてネット上で話題になるのだろう。
無駄な消耗を避ける上で、返せない借金を作ることは絶対に避けなければならない。
それを考えずに無計画で破滅的な行動を自ら起こす人間は、これからの時代、真っ先に淘汰されることになる。

【今日のまとめ】
Appleの無金利分割払いは神。


というわけで。
  1. 2018/01/18(木) 22:42:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレは手書きで何かを書くのがあまり好きではない

昨年、iPad Proを買った。
同時にApple Pencilも購入したのだが、オレはどうもApple Pencilを使いこなせていない。
月に数度使うかどうかというレベルだ。

Apple Pencilは評価の高いガジェットだが、そうした評価を聞いてもあまりピンと来ない。

まず、オレは手書きで何かを書くのがあまり好きではない。
自分の文字があまり好きではないというのもあるし、
それが自分の文字であるかどうかにかかわらず、フォント化された均一の文字でないと頭に情報がうまく入っていかない
(もっとも、達筆や綺麗な書き文字であれば、それが均一であってフォントに近い性格を持つからか、比較的理解できる)。
だから、オレは昔から手書きのメモが苦手だ。
巷で言われる「書くことで覚える」ということをあまり実感できない。
識字障害があるわけではないが、もしかするとオレにはそうした傾向はあるのかもしれない。
その結果、オレはフリック入力やキーボードでの入力でメモを取るので、Apple Pencilの出番がない。
克服の意味も込めてもう7年ほど手書きの日記を付けてはいるが、それはボールペンで書いている。

また、メモを取るという行為自体もオレはあまり好きではない。
その日や週にすべき最低限のことや、突如思い付いたアイデアなどは忘れないようにメモを取るが、
それ以外はメモをあまり取らない。
メモを取ったことで安心してしまい、記憶に残らないという経験が過去に多かったからだ。
実際には、出来事の核となることだけメモを残しておけば、その周辺の出来事は芋づる式に思い出せることが多い。
もし、どうしても思い出せなければ、恥を忍んで再び聞けばいいだけだ。

そうすると、絵も書かないオレは、結局Apple Pencilを使う機会がないということになってしまう。
使い途を無理に考えること自体が無駄な消耗なので、それを思いつくまではベンチ入りということになりそうだ。

【今日のまとめ】
売ろうとまでは思わない。


というわけで。
  1. 2018/01/14(日) 20:39:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイロン掛けをすると心が落ち着く

最近は、心が荒んだと感じた時にはアイロン掛けをするようにしている。

アイロン掛けをすると心が落ち着く。
これはアイロン掛けに限らず掃除や洗車などでもそうだが、
掃除や洗車よりもアイロン掛けの方がミスをした時の見栄えが悪いし、気を抜くと火傷の心配もあるから、作業に集中できる。
その結果、無駄な消耗から精神が遠ざかり、気分をリセットすることができるわけだ。

シャツのアイロン掛けは綺麗に仕上がると気分がいいが、
オレはハンカチや手ぬぐいを綺麗にアイロン掛けし、折り目もしっかり付けるのが好きだ。
手ぬぐいは本来アイロン掛けまでして使うものではないのかもしれないが、
オレは、朝出掛ける際、シワ一つなく綺麗に折られた手ぬぐいを持っていく方が気分がいい。
アイロン掛けはそのための投資でもある。

将来への投資は、無駄な消耗の対極にある。
アイロン掛けをクリーニングなどに外注した方が時間が節約できると考える人もいるだろうが、
オレの場合、先に書いたように、アイロン掛け自体が気分転換に役立っているので、無駄な消耗ではない。
それは必要な消耗なのだ。

【今日のまとめ】
でもノンアイロンシャツも気になる。


というわけで。
  1. 2018/01/13(土) 23:33:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: