怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

責任を負う覚悟がないのなら、作品を公表すべきではない

ある大学の研究室が論文中に引用した文章が、その執筆者からの指摘を受けたことで炎上したという出来事が最近あった。
「pixiv 論文」などのワードで検索すればすぐに出てくると思うので、知らない人は検索すればすぐにわかる。

論文での引用には著作権が及ばないし、
オレが見る限り、今回の論文における文章の利用は著作権法上の「引用」に当たるものだ。
引用に当たらない転載は許可がない限り著作権を侵害するので、「禁無断転載」という記載は意味があるが、
引用はそれが引用である限りそもそも許可を要しないので、「禁無断引用」という文言は意味をなさない。

そして、「この論文での利用は引用ではなく転載なので著作権を侵害する」と著作権者が主張する場合は、
当然ながら、著作権者の側で引用に当たらないことを立証しなければならない。

こうした知識や理解を日常生活の中で得ることは難しいので、
オレはやはり著作権法も義務教育で教えるべきだと思う。
憲法と著作権法は生きていく上で必要な知識だ。

引用なのはわかっているが、今回はそのやり方が問題だったのだ、と言う人もいるのだろう。
今回引用された文章はいわゆる「18禁」の文章で、
それが論文のような一般的な媒体で公開されることを著作者は望んでいない、ということだ。
しかし、マナーや倫理としてそれが問題だったとしても、上記の通り、それは法的には問題がない。
マナーや倫理は個人や特定の集団によって異なる曖昧なものなので、それに基づいた線引きはできない。
たとえば、同じような文章を引用した場合でも、その作者が別に何も気にしなかったのであれば、今回のような炎上は起きなかった。
どのような場合にマナー違反でなく、どのような場合にマナー違反かという明確な線引きが存在しない以上、
結局は法に沿って動くほかない。

何かを作り、公表するという行為は、それ相応の責任を伴う。
たとえば、このエントリもオレの著作物なので、引用することが可能である。
上記の通り、引用は許可を要しないので、オレはそれを拒否したり、それが正当な引用である限り削除を求めることはできない。
また、著作権とは直接関係がないが、もしこのエントリが誰かの名誉を毀損する内容であるということになれば、
オレは損害賠償請求を受けることになるかもしれない。
そうした責任に対する意識は、ここ数年、SNS等の媒体で簡単に著作物を投稿できるようになって以降、薄れてきたように思われる。

本来、そうした責任を負うという覚悟がないのなら、作品を公表すべきではないのだ。
これは、作品のジャンル特有の風潮や意識などとは関係がない。
程度に差はあっても、どんな作品であっても、一定の偏見や批判から逃れることはできないからだ。

【今日のまとめ】
一言言っても良かったとは思うが。

というわけで。
  1. 2017/05/29(月) 23:49:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「寛容になる」ことへの違和感

最近はSNSやメディアで、LGBTや発達障害などの社会的マイノリティに対して言及がされることが明らかに増えてきた。
それが結果として良いことなのかどうかはもうしばらく経たなければわからないが、
少なくとも、彼らを理解しようとか、彼らに対して寛容になろうという風潮になってきていることは間違いない。

だが、オレはどうも、「寛容になる」ということについてはあまりわからない。
オレは、LGBTや発達障害などのマイノリティの人たちの存在によって、特に何も嫌な思いはしていないからだ。
極端な話、彼らのことなど、いい意味でどうでもいいのである。

「寛容になる」というのは、本当は嫌だったり苦痛だったりするが、こちらが譲歩して受け入れてやる、というニュアンスを含む。
だが、オレは別にLGBTや発達障害などの人たちを嫌だと思わないし、彼らと関わることも何ら苦痛ではないので、
特に寛容になる必要もない。

逆に言えば、彼らに対して寛容になろうとしている人たちは、彼らの存在を嫌だとか苦痛に感じているということになりそうだが、
そこには何か理由があるのだろうか。
人間誰しも好き嫌いはあるので、それを表に出さない限りは何の問題もないのだが、
特に理由もなくそう感じているのであれば、それは無駄な消耗であるように思われる。

【今日のまとめ】
そもそも他人に興味がない。


というわけで。
  1. 2017/05/28(日) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京優駿

◎アルアイン
◯スワーヴリチャード
▲レイデオロ
△サトノアーサー
△ダイワキャグニー
注ダンビュライト、マイネルスフェーン、ウインブライト

ダービー当日はオレの誕生日だ。
オレが生まれた1989年の5月28日も日曜日で、その日もダービーだった。
その縁を頼りに、何とか印通り当てたいところだ。

混戦模様のダービーでは皐月賞馬に逆らわないのが無難だ。
明日は晴れで間違いなく良馬場だが、アルアインは良馬場では無敗。
この時期のレースではよほどのマイラーや短距離馬でない限り距離も持つだろうが、
アルアインは当然2000までこなしているわけだからそこも心配ない。
そして何より、前で競馬ができるのは多頭数のダービーでは圧倒的に有利だ。
この枠番からはしばらく優勝馬が出ていないというデータもあるようだが、たとえ優勝できない場合でも馬券内は堅いと見る。

対抗はスワーヴリチャード。
ダービーではよく「他のレースを捨てて、ダービーに絞ってきた」という馬がいるが、今年はこの馬がそうだ。
府中適性は間違いなくメンバー中随一で、共同通信杯のように突き抜ける可能性も充分ある。
そして、ダービーの直線で突き抜けて勝利するという展開を二度経験している四位が鞍上であることも大きなプラス要素だ。

単穴はレイデオロ。
この馬も確実にダービー狙いだ。
そうでなければ、年内初戦が皐月賞というローテーションは組んでこない。
皐月賞は明らかに叩きだったが、そこで5着に来た能力は間違いなく上位。
ルメールの三週連続GI制覇、そして藤澤厩舎の二週連続GI制覇が簡単にできるほど甘くはないだろうが、
ないとまでは言い切れない。

連穴としてはサトノアーサーとダイワキャグニー。
サトノアーサーは毎日杯2着からという破天荒な臨戦過程で、これで来るとすれば競馬の新時代が来たと言わざるを得ないだろうが、
そうなる可能性を考慮する。
ダイワキャグニーは19年前のダイワスペリアーのような競馬を期待する。
ダービーでは一頭人気薄が来るのが恒例だから、府中で強いこの馬が来ても不思議ではない。

注印として、武豊のダンビュライト、マイネルフロストを思い出すマイネルスフェーン、
そして皐月賞こそ惨敗したが有力候補の一角だったウインブライトを押さえておく。

おそらく買いすぎるとトリガミになるので、印上位を中心に三連複フォーメーションや馬連で守備的に買っていくことになるだろう。

【今日のまとめ】
900万は獲れそうにない。


というわけで。
  1. 2017/05/28(日) 01:22:01|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中古タイヤ市場 相模原店

中古タイヤ市場1

懐かし自販機ファンの間でここ最近話題沸騰中の「中古タイヤ市場 相模原店」に行ってきた。
細い県道沿いにあり、タイヤとホイールが綺麗に陳列されているので初見でも見逃すことなく到着できた。
13時頃の到着で駐車スペースには空きがあったが、自販機スペースには複数のお客さんがいた。
中古タイヤ市場8

これが噂の自販機群だ。

うどん・そば・ラーメン、トーストサンド、ハンバーガーの御三家を始め、
スナック菓子や飲料、瓶コーラにおもちゃなど、様々な商品が販売される自販機が所狭しと並んでいる。
番号選択式の汎用自販機であっても他で見たことのない旧式のものもあり、
そこで「味カレー」や「あたり前田のクラッカー」など懐かしのお菓子が売られているのもお店のこだわりを感じる。
思わず、味カレーやポテトフライのスナックを買ってしまった(なにせ30円という良心的な価格である)。

中古タイヤ市場2
▲チャーシューメン(400円)。

中古タイヤ市場3

通常のラーメン(300円)とチャーシューメン(400円)があったが、
その場にいた方が「チャーシューメンがおすすめだ」と教えてくれたので、アドバイス通りチャーシューメンを購入した。
ニキシー管のカウントダウンで出てきた器はあつあつで、箸でよくかき混ぜないとスープが透明なのも自販機ラーメンらしくて最高だ。
たっぷり乗ったチャーシューは柔らかく、縮れ麺との相性もいい。
メンマのほかに実は海苔も入っており、醤油ベースのスープにしっかり合う。
これで400円というのは安すぎて心配になるくらいだ。


中古タイヤ市場4
▲ハンバーガー(280円)。

中古タイヤ市場5

ハンバーガーはオリジナルの箱を用意している徹底ぶりだ。
しかも、ハンバーガー・チーズバーガー・てりやきバーガーの三種類をそれぞれ同じ値段で食べることができる。
今回はハンバーガーを食べたが、自販機バーガーでチーズが入っていないのは貴重だ。
食べごたえのあるパティにケチャップの味がしっかり効いていて、ファストフード店のハンバーガーと比べても遜色ないうまさだった。

中古タイヤ市場6
▲コンビーフサンド(300円)。

中古タイヤ市場7

そしてトーストサンド。
今は無くなってしまった純正のホイルを再現したものを特注で作っているそうだ。
ここまで来ると、店主の執念を感じるほかない。
訪れる多くの自販機ファンたちを遥かに凌駕する自販機愛や知識がなければ、ここまでのことはできない。
ハムチーズサンドとコンビーフサンドがあり、今回は後者を食べた。
見た目はややグロテスクだが、味は良い意味でジャンクでうまく、缶コーヒーやコーラによく合う。
こういうのを深夜に立ち寄って食べたらさぞかし最高だろう。

日本各地にはさまざまな自販機コーナーがあるが、
お店の風情やそれぞれの自販機フードの味に順位を付けることはもちろんできない。
だが、この中古タイヤ市場相模原店は、数ある自販機コーナーの中でも間違いなくトップクラスの充実ぶりだ。
そしてそれは、先に書いた通り、店主の自販機愛の賜物であることは間違いない。

【今日のまとめ】
ついでにタイヤを買う、というわけにはなかなか。


というわけで。
  1. 2017/05/27(土) 00:10:40|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

オレに趣味はない

オレに趣味はない。
尊敬する村上龍が、「趣味はリタイアした人間が老後にするものだ」ということを言っていたというのも大きいが、
たとえそれを抜きにしても、オレに趣味はない。

競馬や音楽は趣味ではないのか、と言われるかもしれないが、趣味ではない。
それらは習慣だ。
好きだが、趣味ではない。
オレは競馬や音楽に没頭することもなければ、仲間と盛り上がるために競馬や音楽をやっているのではない。
ただ好きで、ずっとやっているうちに習慣になったというだけだ。

「習慣は断ち切れる」というのは、これまたオレが尊敬するスティーヴン・コヴィー博士の言葉だ。
その通り、習慣というものは驚くほど簡単に断ち切れる。
それはいい習慣であろうと悪い習慣であろうと異ならない。
オレはずっと競馬も音楽も好きだが、ある日突然習慣が断ち切れ、競馬や音楽に触れることがなくなるかもしれない。

そう考えれば、やはりオレにとって競馬も音楽も趣味ではないのだ。

【今日のまとめ】
センスもない。


というわけで。
  1. 2017/05/25(木) 21:55:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: