FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

大和の湯(成田市)

千葉県成田市の「大和の湯」にきのう行ったので、感想をメモしておく。

きのうのエントリに書いた「オートパーラーシオヤ」から車で30分ほどで到着。
同じ成田市内だが、かなり細い道(場所によっては、一通ではないが離合困難)を通った田園地帯にあり、アクセスはお世辞にもいいとは言えない。

入口近くの山のハイキングコースのような場所には「下総松崎駅まで1.6km」の立て看板があるが、
この時期に徒歩で訪れるのは現実的ではなさそうだ
(公式サイトは、安食駅からのタクシーを推奨している)。
シャトルバスなどもないので、車がない人の訪問難度はかなり高い。

だが、その分周囲に何もなく、露天風呂や後述する展望サウナからの眺めはいい。
また、アクセスが悪いからか、土曜の昼間にもかかわらず人はかなり少なく、浴槽やサウナを独り占めできる時間も多かった。

駐車場から数十メートル歩き、坂を登って入館する。
館内はホテルのような綺麗さで、日帰り温泉の中ではかなりグレードが高い部類に感じる。
成田空港を利用する外国人も狙っているのかもしれない。

受付で土日祝料金の1000円を払い、ロッカーキーを受け取る。
タオルは別料金だと調べておいたので、今回は「サウナしきじ」で購入したフェイスタオルを持参した。

浴場はA館・B館の2つがあり、これを偶数日・奇数日で男女入れ替えている。
今回はB館が男湯だったが、サービスには大差はないと思われる。

ロッカーは縦長タイプを上下二分割したものだが、容量に問題はない。
更衣室には紙パック飲料の自販機と冷水機がある。
トイレはかなり清潔なものが2室。
洗面台はドライヤー完備のものが複数あるが、化粧水などは設置されていない(ティッシュ・綿棒はある)。

浴室は3フロアあり、更衣室があるフロアが2階だ。

1階が露天風呂と大きな内風呂で、どちらも黒い温泉を使っている。
露天スペースには井戸水を使った一人サイズの桶風呂が3つあり、外気浴用のチェアが2つある。
2階は寝転がれるウッドデッキがメインで、数人入れる桶風呂が2つと一人サイズのジャグジー。
3階が大きなジャグジーと水風呂、そして展望サウナと3基のラディアントバス(輻射熱温浴というらしい)。
なお、各フロアにシャワーブースがある。

サウナ室は比較的広く、室温計は95℃を示していた。
段差のスペースの他、億には寝転がれる広さのスペースもあり、サウナとしては珍しい。
ガラスから外が見えるようになっており、田園風景を眺めながらサウナを楽しめる、かなり贅沢な作りだ。
解放感があるため、温度はそれなりに高いのだが息苦しさがなく、思わず長居してしまう。
水風呂が21℃台だったのが残念だが、サウナが熱いので、相対的にはそれなりにととのう。

サウナ後に外気浴をするには階段を移動しなくてはならない。
だが、この秋の陽気の下の外気浴は非常に心地よく、そのマイナス面も充分払拭していた。
休憩スペースが充実しているのは、サウナ専門施設ではない温泉としては高得点だといえる。

上述したように外国人をターゲットにしているのか、刺青の入店規制がないのも特徴的だ。
オレが露天風呂に入っているときも、背中に見事な和彫の入った3人組が入ってきた。
以前に行った野田のスーパー銭湯でもそういった人を見たので、千葉県はおおらかなのかもしれない。
和彫とはいかなくとも、小さなタトゥーなどを入れていて温泉に行きづらいという人には、ここはいい場所かもしれない。

清潔感と風呂やサウナの充実感、それに比した料金を考えれば、かなり素晴らしい施設だ。
しかし、オレの家からは遠く、また成田に到着してからのアクセスも良くないので、常用するのは難しいのが残念である。
だが、その秘境感こそが、この「大和の湯」の価値を高めているのもまた事実だと思われる。

【今日のまとめ】
サウンドハウス系列らしい。


というわけで。
  1. 2018/08/19(日) 20:00:00|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オートパーラーシオヤ

きのうに引き続き、きょうも秋を感じる涼しい陽気だった。
こんな陽気に外出しないのは罰が当たると思い、自販機ドライブを思い立った。
群馬県の自販機コーナーは某雑誌に掲載された影響で混雑が予想されるため、
今回は趣向を変え、千葉県まで向かうことにした。

五霞から圏央道に乗り、暫定2車線対面通行の窮屈な道路をしばらく走って神崎インターチェンジで下車。
インター付近の広大な道路から一転しての山道をしばらく走ると、そこに目的の「オートパーラーシオヤ」が見えてきた。

オートパーラーシオヤ1
▲レンガ調の外壁が、いい感じの昔っぽさを醸し出す。

オートパーラーシオヤ2

黄色い外壁は、おそらく近年になって再塗装されたものだろう。
昭和中〜後期くらいの建築と思われるいい感じにひなびた小屋に、レトロ自販機が立ち並ぶ。
向かいには「塩谷石油」という名のENEOSのガソリンスタンドがあり、「シオヤ」はその経営なのだと思われる。

オートパーラーシオヤ3

オートパーラーシオヤ4

オートパーラーシオヤ5

オートパーラーシオヤ10

稼働しているレトロ自販機は、富士電機製うどん・そば自販機と、新しめのホシザキ製ハンバーガー自販機。
カップヌードル自販機も現役だ。
稼動こそしていないが、「あらいやオートコーナー」のものと同じと思われる弁当自販機や、
ボンカレーライス自販機、富士電機製カップ飲料自販機まで置かれており、さながら自販機博物館のようだ。

店内には親子連れの先客がおり、子供たちもレトロ自販機フードを楽しんでいた。
オレも子供の頃からこうした自販機に興味があったが、結局訪れることはできなかったので、彼らが少しうらやましい。
その子供が親に「こういう場所は日本にたくさんあるの?」と聞いていたが、親は答えに窮している様子だった。
代わりに答えようかと思ったが、不審に思われるのも嫌なので、心の中で答えるにとどめた。

オートパーラーシオヤ6
▲天ぷらそば(300円)。

ニキシー管の30カウントで出てきた天ぷらそば。
スープをかき混ぜても比較的薄味だが、薄いおかげで完飲しやすいし、好みの味だった。
天ぷらは見ての通りフニャフニャだが、これもこれで、昔の駅そばのようで懐かしい。
そばは比較的細めの麺で、あまり自販機では食べたことのないものだったが、風味がちゃんとあってうまかった。

幸運なことに、オレがこれを食べている最中にお店の人が車で訪れ、うどん・そば自販機を補充したので、その様子を眺めることができた(写真は撮っていない)。
中身を見るのは初めてではないが、やはりワクワクしてしまった。

オートパーラーシオヤ7
▲ハンバーガー(250円)。

ハンバーガー自販機で「ハンバーガー」も購入した。
シンプルな紙箱に「ハンバーガー」とだけ印字されている。
同じ自販機でチーズバーガーも売っているが、オレはチーズがそれほど好きではないし、天そばの後なので、
チーズバーガーよりはあっさりしているであろうハンバーガーを選んだ。

オートパーラーシオヤ8

紙箱底部の販売者は「オートパーラーシオヤ」。
おそらくここだけのために卸しているハンバーガーだと思われる。
少なくとも、群馬や埼玉の自販機店舗ではこのハンバーガーは見たことがない。

オートパーラーシオヤ9

丁寧な包装を開くと、ごま付きバンズのうまそうなハンバーガーが現れた。
チーズバーガーとの差異か、もちろんチーズは入っておらず、中身はケチャップと合い挽きのハンバーグのみ。
肉の味がしっかりしていて、なかなか食べごたえのあるうまいハンバーガーだった。
なんとなく、かつて中山競馬場の内馬場にあったモスバーガーで食べたハンバーガーの味に似ている気がした。
単に千葉つながりで連想しただけかもしれないと思いつつも、
競馬場のモスバーガーは作り置きだったから、あながち間違いでもない気がする。

店内には冷房が置かれていないようだったが、この陽気の午前中だったこともあってか、まったく汗をかかなかった。
盆休みでみんな一通り遊びきったからなのか、土曜にもかかわらず空いている店内で、まったく売り切れのないレトロ自販機を楽しめたのは幸運というほかない。

分かりやすい立地で、駐車スペースも多く雰囲気のいい店だった。
時間こそ2時間弱かかったが、ぜひまた訪れたい名自販機店舗だ。

【今日のまとめ】
次はうどんとチーズバーガー。


というわけで。
  1. 2018/08/18(土) 22:01:37|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふと思い出す和歌

きょうは涼しかった。
日中こそ気温は30度を超えたが、終始涼しげな風が吹いており、おまけに湿度も低く、数字ほどの暑さは感じられなかった。
まだ8月も半ばだが、さながら秋を思い起こさせる陽気だったといえる。

この陽気でふと思い出したのが、

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる

という藤原敏行の和歌だ。

立秋が訪れ、「秋になった」と言われても視覚的にははっきりわからないが、風の音で秋を実感する、という内容は、
まさにきょうオレが感じたそのものの感情だ。
この和歌は中学や高校の教科書に載っているレベルのもので、おそらくほとんどの人間が知っている。
オレも文学の知識はまったくないが、当時特に暗記した覚えもないのにいまでも暗唱できた。
ありふれた感情を決まったリズムの歌に閉じ込め、それが千年経っても親しまれているというのはすごいことだ。

こうした、教科書に載っているレベルの和歌が、現代人の感情をも的確に表現しているというケースは他にもある。

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ

という柿本人麻呂の歌は、オールナイトのクラブイベントが終わった早朝に会場の外に出た時の心象風景そのものだ。

もちろん万葉集の時代にオールナイトのクラブイベントなどない(歌会はあったかもしれない)が、
早朝に外に出たときのあのエモーショナルな光景は、昔もいまも変わらないということなのだろう。

ナショナリズム的な話をするつもりはないし、日本以外にも似たような文化は当然あるのだと思うが、
このように誰でも知っている和歌で感情を共有できるということが日本独特の優れた文化であることに疑いはない。
よくわからないクールジャパンよりも、こうした文化を大事にする方が無駄な消耗は少ないとオレは思う。

【今日のまとめ】
百人一首は苦手だ。

というわけで。
  1. 2018/08/17(金) 22:22:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレはスーパーマーケットに行くのが好きだ

オレはスーパーマーケットに行くのが好きだ。
何も買わないのに行くということはないが、いったん行くと、特に買わない商品の棚も眺めてしまう。
野菜の産地ひとつでもいろいろな想像が働くし、魚がどこで獲れたものなのかを見るのも面白い。

とりわけ、最近は、何が関東でしか売られていないものなのかを知るためにいろいろな商品の棚を眺めている。
他の地方を旅行で訪れたとき、その地域のスーパーに入り、ご当地ものを購入するのがオレの楽しみなのだが、
地元のスーパーの棚を普段から見ておかないと、旅先のスーパーの棚との差異が見いだせない。
要するに、珍しいと思って買ってきた商品が、実は地元でも売っていたという事態が起きかねないのだ。
旅先で、「これはオレの地元では売っていないぞ」という判断を容易にするためにも、日頃のチェックは欠かせないのである。

それとは別に、オレがスーパーで好きなのが、
「おそらく買い物客が置いたであろう、本来その棚にあるべきでない商品」を眺めることだ。
たまに写真を撮ったりもする。




これは迷惑行為でもあり、マナー的に許される行為ではないのは百も承知である。
買わないのなら元の場所に戻すべきだし、オレも買うのをやめたときは当然そうしている。
だが、こうした商品には、何らかのストーリーが感じられる。
そのストーリーに思いを馳せるのがオレは好きなのだ。

たとえば、上記の福神漬とえのきはどうだろう。
きょうは鍋、明日はカレーにしようとしていた人が、何らかの理由で買い物をやめたのかもしれない。
それはお金がなかったからかもしれないし、急用ができたからかもしれない。
真空パックの福神漬はともかく、生のえのきを炎天下の車内に長時間置いておくのは危険だ。
用事を済ませるまではえのきを買うことはできないと判断したのかもしれない。

あるいは、最も必要だった商品が売っていなかったのかもしれない。
それを別のスーパーに探しに行くなら、福神漬とえのきもその店で一緒に買うほうが合理的だ。
これはオレもよくある。
もちろん、本来なら最も必要な商品を真っ先にカゴに入れるべきかもしれない。
だが、「売っていないわけがない」という油断により、こうした合理的な判断はときに揺らいでしまう。
無駄な消耗なのは百も承知だが、ついやってしまうのだ。

ただ単に福神漬とえのきが煎餅の棚に置かれていただけで、これだけの想像ができる。
もちろん、この中のどれかが正解であるとは限らないから、いくらでも想像や妄想は可能だ。
こうしたどうでもいい遊びが、オレには楽しいのである。

これは遊びだから、無駄な消耗ではない
(これが無駄な消耗だというなら、ビデオゲームも無駄な消耗になってしまう)
だから、オレはスーパーマーケットに行くのがやめられないのだ。

【今日のまとめ】
だが、生物はやめてほしい。


というわけで。
  1. 2018/08/16(木) 22:22:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れたのか、それとも失くしたのか

きのう外出する際、久々にイヤホンを家に忘れた。
オレは移動中常に音楽を聴いているタイプではないのでそれほど苦痛ではなかったが、iPadに入れてきたアニメを見ることができなくなり、iPadが無用の長物と化してしまった。
とはいえ、この日はKindleも持ってきていて、まだ読んでいない漫画が複数あったので、特に困ることもなかった。

だが、こういうとき、オレは非常に不安になる。
それを本当に家に忘れたのか、それとも途中で落とすなどして失くしてしまったのか、判断が難しいからだ。
忘れたのならいいが、失くしてしまっていたら損失が大きい(何しろ、AirPodsは1万8千円もする)ので、もしまだ近くに落ちているなら急いで拾わなくてはいけない。

オレは普段ほとんど忘れ物をしないので、ほとんどのものは無意識に鞄に入れて出発する。
無意識ゆえ無駄な消耗がないので普段は楽だが、これが忘れ物をした際には仇となる。
無意識に入れているがゆえ、たまに忘れ物をすると、
「そういえばきょうは鞄に入れなかったな」などと、その日の行動を振り返って思い出すことが困難なのだ。
そのため、本当に忘れたのか、それとも忘れずに持ってきたもののどこかで失くしてしまったのか、もはや検討がつかない。

きのうも、もしかしたらなにかの隙にイヤホンを落としたのかもしれないと思い、電車内で周囲を見渡した。
しかし、人がそれなりに乗車している車内で周囲をジロジロと遠慮なく見渡すことも難しく、せいぜいチラ見程度に終わってしまった。
これでは、仮に落としていたとしても、落としたイヤホンを見付けることは難しい。
結局、オレは、家に忘れてきたというほうに賭け、そのまま電車を後にした
(電車を降りる際、念のためもう一度だけチラ見したが)。

その晩、家に帰ると、自室にイヤホンが置かれていた。
そのときの安堵感たるや、筆舌に尽くしがたい。

イヤホンを家に忘れていようが、どこかで落としていようが、結果は何も変わらないのだから、考えても仕方がない。
つまり、不安になること自体が無駄な消耗なのだが、こればかりは避けがたいものだ。
結局は、あまり無意識に頼らず、しっかりと確認してから家を出るべきなのであろう。

【今日のまとめ】
鍵をちゃんと閉めたかなどもまた然り。


というわけで。
  1. 2018/08/15(水) 23:03:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: