怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

立川マシマシ 足利総本店

昨日、栃木方面に用事があったので、その帰りに足利の「立川マシマシ 足利総本店」に寄った。
久々だが、前回は移転前の店舗だったので、移転後は初ということになる。
新しい店舗はパチンコ店と同じ敷地にあり、駐車場が広いのがありがたい。

11時45分頃の到着で、店外の並びは4人ほど。
食券を先に買うシステムなので一旦店内に入ったが、店内には待機スペースはなく、店外の並びがそのまま待ち人数になる。
15分程度の待ちで入店し着席することができ、そこから7-8分での提供だった。

IMG_4958.jpg
▲マシライス・普通盛+豚マシ(950円)。

金属製のプレートの上に山盛りのライスが乗り、ひき肉と卵黄、紅生姜がデフォルトで盛り付けられている。
豚マシにより分厚いチャーシューがトッピングされる。
ライスは普通盛で350グラムだが、700グラムまで無料で増量できる。
オレは350グラムでも多いと感じてしまうのだが、大食いの人には嬉しいだろう。
もっとも、肉の量は増えないので、このライスが倍になるとするとペース配分にはかなり気を遣いそうだが。

IMG_4960.jpg

最初はひき肉とライスのみで食べていき、途中で卵黄を溶かしたり、紅生姜を口に含むことで味を変える。
そうすると最後まで飽きが来ずに食べられる。
付いてくる中華スープは味が薄めなので、口直しにちょうどいい。
豚マシのチャーシューはパサ豚ではなくジューシーなもので、これもライスによく合う。
二郎インスパイアの豚をライスで食べるという贅沢感が味わえるのでとてもいい。
やはりオレにとっては350グラムでも充分だなという印象で完食した。

待機列が屋外ということもあり暑い日は大変そうだが、駐車場や店舗周辺のスペースが広いこともあり、休日でも安心して食べに来ることができる雰囲気は好印象だった。
マシライスはもともと立川マシマシのオリジナルメニューということもあり(レシピは公開しているが)、
他の二郎インスパイアでは食べることのできない唯一無二の味だ。
前回も感じたが、見た目ほど脂がしつこい印象もなく食べやすい。
そう遠くないうちにぜひまた訪れたい。

【今日のまとめ】
デラックスマシライスも気になるところ。


というわけで。
  1. 2018/04/22(日) 22:45:08|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人は死んではいけない

海外の著名なDJが死んだというニュースを目にした。
そのDJはオレと同い年だった。

オレは人の死に悲しみを感じることはほとんどないし、今回も悲しいとは思わない。
だが、残念であるとは感じる。
そして、当然ながら、世界中の人々が、そのDJの死に悲しみや残念さを感じている。

悲しみや残念さを感じるというその一点において、人は死んではいけないとオレは思う。
それが病気であれ、事件であれ、事故であれ、自死であれ、他殺であれ、運であれ、そして寿命であれ、死んではいけない。
たとえ死んだ本人にまったく責任がなくても、死んではいけない。
そんなことを言ってもどうしようもないのだが、たとえどうしようもなくとも、死んではいけないのだ。
他人に悲しみや残念さを与えることは、無駄な消耗だからだ。

オレは無駄な消耗を避けるために「生き抜く」ことを人生の目標にしている。
だが、そのオレもいつかは死ぬ。
オレが最も嫌う「無駄な消耗」だが、死という無駄な消耗からは逃れられない。
これをどう受け止めるか、あるいは受け止めずに放っておくか、オレはそれを考える必要がある。

【今日のまとめ】
人の死をコンテンツにしたくはないのだが。


というわけで。
  1. 2018/04/21(土) 21:00:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いづみや本店の「ハムカツ」と「焼きそば」

180420いづみや2

きょう、昼に大宮に寄る用事があったので、用事が済んだ後で駅前の「いづみや本店」に入った。
オレは普段ここでは酒を飲むのがメインだが、今回は食事がメインだ。
数日前から、きょうはここでハムカツと焼きそばを食べると決めていたのである。

180420いづみや1
▲ハムカツ(300円)。

オレは、あらゆるハムカツの中でこのいづみやのハムカツが一番うまいと思っている。
薄さゆえのサクサク感、衣の甘み、そしてそれに染み込むウスターソースの香ばしさ。
分厚く濃厚なソースのかかったハムカツも嫌いではないが、やはりオレの中ではこのハムカツに勝るものはない。
たいていは2、3人で来て4枚を分け合うが、こうして一人で来ると、一人で4枚すべて食べられるのがうれしい。
もちろん酒のつまみにもなるが、そうでなくても何より単純にうまいのだ。

180420いづみや3
▲焼きそば(550円)。

そしてこの焼きそば。
正直に言って、焼きそばという料理として考えれば、もっとうまい焼きそばは他所に山ほどある。
だが、あたかも、小学校の授業が午前中で終わった日に祖母がこしらえてくれたような、
この少し水っぽく味もやや薄い昔懐かしい焼きそばは、なかなか食べられるものではない。
いづみやが大衆酒場であると同時に大衆食堂であるからこその一品だ。
最後に皿の底に少し溜まったソースを飲み干すその瞬間まで、満足感に包まれたまま食べることができる。

実は、いづみやにこうして食事メインで来たのは初めてだった。
普段は「梅割り」を目当てに飲む気満々で友人らと訪れるばかりで、
純粋に食べることを楽しむというのはこれまでしてこなかった。

しかし、いざ食べてみると、周辺に数あるチェーン店で食事をするのとは満足感がまったく違う。
店の居心地や雰囲気もあいまって、精神的な安らぎも得ることができるのだ。
もちろんチェーン店もオレは好きだが、せっかく大宮に来たのなら、毎回いづみやに寄るべきなのかもしれない。
次回は、定食も試してみようかなと思う。

【今日のまとめ】
実はハイボールを一杯だけ飲んだ。

というわけで。
  1. 2018/04/20(金) 22:13:07|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そもそも競馬はオレの中で負けていいものだ

Twitterで、知人が「ギャンブルに成功体験はいらない」という旨のツイートをしているのを目にした。
オレもそれに同意する。
一度勝った時点でやめられればいいが、勝つまでギャンブルをやっている時点で、絶対にやめられない。
そして、一度勝ってしまうと、「一度勝ったのだからまた勝てる」と考えてしまい、
当初の勝ちを使い果たしてマイナスになっても、次の勝ちを追い求め続けることになる。
それならば、勝たない方がましだ。

オレは競馬だけギャンブルをやっているが、競馬で儲けたいと思ったことはない。
オレは毎年負けているから、こう書くと負け惜しみだと思われそうだが、心底そう思っている
(もっとも、本当に負け惜しみだったとしても、他人に迷惑をかけていないのだから、負け惜しみでかまわないが)。

控除率うんぬんの話を抜きにしても、そもそも競馬はオレの中で負けていいものだ。
オレは9歳の頃から競馬を見ていて、競馬が好きだからだ。
昨今、漫画村の件などで「正当な対価を払う」という考え方がクローズアップされているが、
好きなものに金を落とすのは当然の理だ。
オレはラーメンやサウナが好きだが、ラーメンを食べたりサウナに行って、「儲からない」とか「負けた」と怒る人間はいない。
オレは競馬が好きなので、競馬で負けて競馬に金を落とすことになっても、それは当然のこととしか思わない。

もちろん、儲かったらそれはそれで嬉しいし、流石のオレも積極的に負けたいとは思っていない。
だが、どうせ負けるものだとは思っている。
そう考えているから、長く見続けることができているのかもしれない。

【今日のまとめ】
とは言っても回収率90%くらいは欲しい。


というわけで。
  1. 2018/04/19(木) 22:41:14|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんな本当にそこまで何かに抑圧されていたり、それに反抗したいのだろうか

音楽やその他の芸術作品に触れていて思うのだが、
どうにも、何かに対する抑圧や、それに対する反抗を描いた作品が多い。
特に音楽では、社会に対する違和感を歌うバンドや歌手やラッパーが大勢いるし、
若者に人気のとあるアイドルグループは、大人に対する反抗のようなことを延々と歌っている。

オレは、みんな本当にそこまで何かに抑圧されていたり、それに反抗したいのだろうかと思ってしまう。
もちろん、ロックやパンクが反体制的な思想をその根に持っていることはオレも知っているが、
いま音楽をやっている人間が、皆それを意識して抑圧や反抗を歌っているとは思えない。
仮にそうした音楽家がいたとしても、それは少数派だろう。

オレ個人についていえば、オレはこれまで生きてきて、何かに抑圧されていると感じたことはないし、
当然、何かに反抗したいと考えたこともない。
だから、オレは、冒頭に触れたような音楽を聴くと、どうにも嘘臭く感じてしまう。

もちろん、そうした曲を書いた人間は、実際に何かに抑圧されていたり、反抗したいのかもしれない。
それが間違っているとはオレは思わない。
きっとそれに共感し、支持する人も多くいるのだろう。
だが、すべての人間がそうではないし、オレのような人間も多くいるはずだ。

しかし、「何にも抑圧されていないし、反抗したいとも思わない」というスタンスを歌によって伝えている音楽家は殆ど見ないし、それは他分野の芸術においてもそうだろう。
そんなことをわざわざ伝える必要がないというのもあるだろうが、
現状の音楽が「抑圧と反抗」の通り一遍である以上、
それは充分にカウンターとして機能し得るから、オレは面白いことだと思う。

「抑圧と反抗」を歌っている多くの音楽家たちは、きっとこうした考えを理解しないのではないかとオレは思う。
彼らは、オレのような人間を「去勢されている」とか、「本当は反抗したいのに我慢しているだけだ」と考えてしまうのではないだろうか。
だが、そうではなく、オレは単純に抑圧されていないだけだ。
もし抑圧されていると感じればオレだってきっと反抗するだろうが、そんな対象は今のところない。

オレはむしろ、そうしたことを音楽や何らかの作品で伝えたいと思っている。
それは、無駄な消耗を避けることにもつながる。

【今日のまとめ】
GRAPEVINEはそれに近い感じがするので好きなのかもしれない。


というわけで。
  1. 2018/04/18(水) 20:58:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: