怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

オレの生まれた日のダービー馬

ウィナーズサークル死ぬ=競馬|時事通信

先日、ダービー馬ウィナーズサークルが死んだというニュースを聞いた。
この馬がダービーを勝ったのは平成元年の5月28日で、その日はオレが生まれた日である。
ウィナーズサークルがダービーを勝った数時間後に、オレはこの世に生を受けたのだ。

そして、ウィナーズサークルは茨城産馬だった。
美浦の馬はみんな「茨城県民」であるが、ウィナーズサークルはオレと同じ、生粋の茨城っ子だったのだ。

「ダービーを勝つために生まれてきた馬」という表現がある。
それはトキノミノルなど、完璧な成績でダービーまで駒を進め、
その後は出走せずに故障や死亡したり、戦績が振るわずに引退した馬を指すことが多いが、
オレは、このウィナーズサークルこそ、「ダービーを勝つために生まれてきた馬」だと思う。
ダービーまでの2勝は、いずれも中山ダート1800mという、ダービー馬の戦績としては異様なもので、
ダービー後は2戦していずれも馬券外に終わり故障で引退している。
茨城産はもちろんのこと、芦毛という毛色も、歴代83頭のダービー馬で唯一のものだ。
まさに、ダービーを勝ち、その産地や毛色をダービー唯一の記録として刻むために生まれたといえる。

ウィナーズサークルが死んだことで、何となくオレももうすぐ死んでしまうのかというような気がしたのだが、
そもそもウィナーズサークルはオレの生まれた日にダービーを勝っただけで、その日に生まれたわけではない。
オレが勝手に縁を感じているにすぎないのだ。
だが、そんな勝手な縁であっても、他の競走馬の訃報に比べて格段に寂しさを覚えるのもまた事実である。

【今日のまとめ】
平成で最も地味なクラシック世代。


というわけで。
  1. 2016/08/30(火) 18:40:54|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加齢で鈍る心のキレ

最近になって、以前は苦手だった魚介類を少しずつ食べられるようになったということを少し前に書いたが、
それだけでなく、歳を重ねるにつれて変化してきたことは多い。

たとえば、テレビを見ていて、以前は面白いシーンがあってもオレは心の中で笑うだけで表情には出さなかったのだが、
最近、無意識に声を出して笑うようになってきた。
客観的にどうかはともかく、それはかつてのオレからすればみっともないと思われる行為で、
できればそうしたくないのだが、自然にそうなってしまうのだ。
これは感動的なシーンでもそうで、この前は「24時間テレビ」のこん平のシーンで涙ぐんでしまったし、
映画などで泣くことも増えた。

どうも、歳を重ねるにつれて、心のキレが鈍ってきている気がする。
いわゆる「おじさん臭い」所作は、その心のキレが完全に鈍麻した結果なのだと思う。
そこまで行ってしまうと、おそらくもう矯正は不可能だろう。
オレはいつまでも飄々としていたいので、
テレビや映画で笑ったり泣いたりしないように気を引き締めていきたい。

【今日のまとめ】
外で鼻歌を歌うレベルにはまだ達していない。


というわけで。
  1. 2016/08/29(月) 14:48:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠い、疲れた、忙しい

オレは極力、「眠い」「疲れた」「忙しい」という単語を口にしないようにしている。
それは、眠気や疲れを気合いで何とかするという精神論めいたものというよりは、単に無駄な消耗を避けたいというのが大きい。
第一、眠い時は「眠い」などと言わなくても眠いし、疲れている時は「疲れた」など言わなくても疲れている。
本当に忙しい時は、そもそも「忙しい」と発言することでロスする1、2秒すら惜しい。

そして、オレは眠い時は黙って寝るし、疲れている時は黙って休む。
眠い時は「眠い」と言っている暇があれば1秒でも長く眠りたいし、
疲れた時に「疲れた」と発言することで僅かなカロリーを消費するくらいなら黙っていたい。

これは極めて合理的な考えだとオレは思うのだが、
周囲の人は割とすぐ「眠い」「疲れた」「忙しい」と言う。
とはいえ、そうした人たちは必ずしも反応的な人であったり無駄な消耗の多い人であるようにも見えないので、
オレの心がけにはあまり意味がないのかもしれない。

【今日のまとめ】
「腹が減った」も言わない。


というわけで。
  1. 2016/08/28(日) 23:22:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自家製麺 伊藤

160826伊藤

昨日、NHKホールでGRAPEVINEとTRICERATOPSによる再現ライブ「IN A LIFETIME」を観た後、
赤羽で途中下車して久々に「自家製麺 伊藤」に寄った。
もう22時を回っていたが並びが数人あり、5、6分待った。
客はほとんどがシャツ姿のサラリーマンだった。

比内鶏肉そば大盛(850)円の食券を買って入店し、提供まで10分弱。
具は肉とネギだけで(肉そばにしないとネギだけになる)、極めてシンプルな構成。

比内鶏そばなので当然スープは鶏ベースだが、これにも煮干がブレンドされていて香ばしいスープ。
だが嫌味のある臭みはなく、よほど魚介系が嫌いな人でなければ誰でも美味しく飲めるだろう。
オレは普段ラーメンのスープは飲まないのにここに来ると毎回完飲してしまうのだが、今回もやはり完飲した。

麺は細麺なので小でもなかなかのボリュームがある。
…のだが、毎回つい大を注文してしまう。
麺に限ればオレの好みというわけではないので、今度こそは小にしたい。
とはいえ、このスープにもっとも合うのは紛れもなくこの細麺だろうし、小麦の風味もいい。

チャーシューは小ぶりながらしっかりした食感で、味は薄いがスープの味が濃いので意図的なものだろう。
ノーマルの中華そばには1枚もチャーシューが載っていないことからもわかるように、美味いがあくまで付け合わせだ。

「IN A LIFETIME」は予想通り素晴らしかった。
ネタバレは控えるが、転換含めて3時間半の長丁場だったので、
NHKホールと違いずっと立っていなければならないZeppダイバーシティは少し辛いかもしれない。もちろん行くのだが。

【今日のまとめ】
食券購入後に気付いた「つけそば」も気になった。


というわけで。
  1. 2016/08/27(土) 19:55:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

使わないアメニティ

ある俳優が強姦致傷の被疑事実で逮捕された事件が話題になっている。
その俳優はホテル従業員の女性に対し「アメニティを持ってきてほしい」と内線で連絡して呼び出し、犯行に及んだという。

その事件とはまったく関係のない話だが、オレはビジネスホテルに泊まる際、アメニティはあまり使わない。
環境に配慮しているというのではなく、単純に使い慣れたものでないと落ち着かないのだ。
歯ブラシやボディタオルは絶対に持参するし、場合によってはシャンプーやコンディショナーも小分けにして持っていく。
荷物を減らすという観点からすれば旅行客や出張客としてレベルが低い気もするが、快適さのためならばやむを得ない。
特にボディタオルは必須だ。
オレは身体をゴシゴシ洗わないと嫌なので、普通のタオルや、柔らかいナイロンタオルでは満足できない。
「ケロリン」のロゴが入った少し硬めのナイロンタオルで、旅先でもゴシゴシと洗うのだ。

もっとも、使わないとはいっても、
貧乏性なのか、部屋にアメニティが置いてあると、つい持ち帰ってしまうことも多い。
もっとも、上述の事件があったホテルのように、
最近はフロントにアメニティが置いてあって必要なものを持っていくというスタイルのホテルも多く、そうした場所でまで持ち帰ろうとは思わないのだが。
その結果、持ち帰るだけ持ち帰って使わないまま家に放置されている歯ブラシやナイロンタオルがそれなりに溜まってきて、
何だか情けない気分になるのである。

【今日のまとめ】
シャンプーの圧倒的POLA率。

というわけで。
  1. 2016/08/26(金) 15:14:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: