怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

テイエムオペラオーが死んだ

テイエムオペラオーが死んだ。
22歳だったらしく、人間で言えば80代を超えているので充分な大往生だが、自分が競馬を見始めた時代のスターホースなので残念だ
(先日、一歳上のスペシャルウィークが死んだばかりなのでなおさらそう感じる)。

オレが初めてダービーを中継で観たのは、1999年だった。
アドマイヤベガとナリタトップロードが人気を分け合い、その年の皐月賞馬テイエムオペラオーは3番人気だった。
オレはまだ競馬歴が浅かったので、皐月賞馬が1番人気でないことを不思議に思っていた。

レースはその三頭ぼ勝負で、テイエムオペラオーが早めに抜け出した。
直線の長い府中ではやや早仕掛けで、関西の若手であり府中での騎乗経験がまったくなかった和田の若さが出た。
そこに、道中じっくり構えた渡辺のナリタトップロードが襲いかかる。
「和田の次は渡辺か」と多くのファンが思ったところを、武豊のアドマイヤベガがさらに外から強襲した。
武豊は史上初のダービー連覇を達成し、昨年スペシャルウィークで勝つまで「武豊はダービーを勝てない」と言われていたのが嘘のような結末になった。

まるで二段落ちの映画のようなレースだった。
単純な騎手の技量の差ということももちろんだが、一度ダービーを勝っている騎手とそうでない騎手とではここまで違うのかと、オレは子供ながらに思ったのだった。

オレはこのレースで、競馬は馬の強さだけで決まるものではなく、騎手の駆け引きなのだということを学んだ。
前年のサイレンススズカの死からは「競馬に絶対はない」ということを学ぶことができたが、
そのようなレースを立て続けに見ることができたからこそ、オレは競馬を好きになり、今でも見ているのだろう。

その後のテイエムオペラオーの活躍は今さら語るまでもない。
勝ち続けることがいかに難しいかということを、実際に勝ちながら、そして負けながら教えてくれた馬だった。
調教師と騎手の師弟関係も含めれば、こんな馬を見ることはもう二度とできないのかもしれない。

【今日のまとめ】
春天を生観戦した思い出。

というわけで。
  1. 2018/05/20(日) 21:29:20|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「後楽そば」の焼きそば

試験のため引き続き五反田に宿泊していたのだが、
いつも五反田に来るたび「おにやんま」のうどんを食べており、飽きたというわけではないが、どうもマンネリ感が生じてきた。
「おにやんま」のうどんは非常にうまいが、そのうまさゆえに時間帯によっては並んでいることもあり、疲れていたりひどく空腹の際は億劫になる。

何か他に簡単に食事を済ませられる店はないだろうかと、いつもは向かわない駅ガードの向こう側に歩いていこうとしたとき、
反対側のガード下に「後楽そば」という立ち食いそば店を見つけた。
うどんやそばという気分ではないなと思ったのだが、メニューを見ると、「ソース焼きそば」と書いてある。
試験後で疲れており味の濃いものを食べたいという気持ちもあったので、その焼きそばの食券を買い、そのまま入店した。

店内にはそこそこの人がいたが、その焼きそばを食べている客の姿も目立つ。
食券を置くと、すぐに焼きそばが提供された。
店内の鉄板で大量に焼いているようで、タイミングによっては少し待たされるが焼き立てが食べられるようだ。

IMG_4965.jpg
▲焼きそば・大盛り(500円)。

いかにも昔ながらのシンプルなソース焼きそばだ。
具はキャベツともやしと少しの肉で、香ばしいソースが中太麺にしっかり絡んで炒められている。
甘辛いソースの味は食欲をそそり、大盛りでもどんどん食べ進められる。

別に「激辛ソース」が用意されていて、店員に言うとボトルを出してくれる。
名前ほど辛くはないが、それをかけると味が少し濃い目になり、これはこれでいい。
そば屋ゆえに卓上にはネギもあり、これも盛り放題なのがうれしいところだ。
焼きそばに生ネギも意外と合うものである。
ビールやハイボールを一緒に飲みたくなるが試験中なので我慢しつつ、あっという間に完食した。

後から調べると、この「後楽そば」が五反田に登場したのは3月とのことで、まだ出来たばかりだ。
以前は有楽町のガード下にあったそうだが立ち退きとなり、JRから別の土地を呈示されたのがここだったという。
有楽町時代から焼きそばは名物だったそうだが、オレはあまりその辺りには行かないのでまったく知らなかった。
もし五反田に移転していなければずっと知らないままだったと考えると幸運である。

立ち食いそば屋での焼きそば提供は手間がかかるし、鉄板の設備も必要なので、他の店舗では真似がしづらいだろう。
味の良さももちろんだが、その意味でも唯一無二の焼きそばだ。
今後五反田に訪れた際の選択肢が一つ増え、嬉しい限りである。

【今日のまとめ】
子供の頃からソース味は大好きだ。


というわけで。
  1. 2018/05/19(土) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

おにやんま

五反田で試験があり、その晩久々に駅前の「おにやんま」に寄った。
平日の18時過ぎだとまだ空いている。
以前に19時頃に立ち寄った際には並びができていたので、サラリーマンの通退勤時間と被らなければ空いているのだろう。

IMG_4964.jpg
▲大とり天ちくわ天ぶっかけ(590円)。

今回もいつものとり天ちくわ天ぶっかけを注文した。
頻繁に通っていれば色々なメニューを試せるが、久々なのでどうしてもこれを食べたくなってしまう。

天ぷらは基本的に揚げおきだが、回転が早く客足が絶えないために常時揚げており、結果的にほとんどのタイミングで揚げたてが食べられる。

麺はもちもち感が高く、「丸香」などの歯ごたえがありつやつやした麺とはまた異なるが、これはこれで万人受けする。
大盛りを食べるといつも多いと感じるが、並盛りと100円しか変わらないため、食券を購入するときについ大盛りを買ってしまう。
並盛りで充分だと思いつつ、次もきっと忘れて大盛りを買ってしまうだろう。

ぶっかけなので、いわゆる「冷かけ」よりも味が濃く量の少ないつゆが入っているが、そのまま飲める濃さで、魚臭さはまったくない出汁なので飲みやすい。
最後に卓上の天かすを少し入れてお茶漬けのように飲み干すのがいい。

何度食べても安心のうまさで、あっという間に完食して退店した。

安く速くうまく、そして駅前という立地。
これから仕事に向かう人や仕事が終わって帰る人にとって、何も考えずに食べられるというのは何よりもありがたいことだろう。

品川にも店舗があるそうだが、機会があれば立ち寄ってみたい。

【今日のまとめ】
いつもデラックスを注文しそびれる。


というわけで。
  1. 2018/05/18(金) 12:52:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

行けるうちに行っておく

新潟・金沢33
▲ブログ画像が小さかった時代の流用なので、いつもよりサイズが小さく申し訳ない。

新潟・金沢35
▲結局食べられないまま終わってしまったカレーハンバーガー。

先日、Twitterにて、富山県砺波市の「食遊空間頼成山」が5月10日をもって閉店したというツイートを目にした。
一昨年に友人とレンタカーで新潟から北陸を旅した際に立ち寄った場所だ。

その際はハンバーガー自販機は既に売り切れとなっており、代わりに併設のレストランで食事をして楽しんだ。
機会があれば次こそは「カレーハンバーガー」を食べたいと思っていたが、それも叶わなくなってしまった。

昨年、群馬の「ドライブインセゾン」が閉店した。
自販機店舗やドライブインは基本的に作られた年代が古いため老朽化は否めず、売上げの面でもコンビニに勝つことは難しいので、どうしても流れは閉店する方向に進んでしまう。
少なくとも、「自販機食堂」や「中古タイヤ市場 相模原店」のような一部の例外を除けば、
これから新規の自販機店舗やドライブインが大々的にオープンすることはまずないだろう。

オレたちにできることは、行けるうちに行っておくということだけだ。
多少のお金を落とすことはできても、店を閉店から救うレベルで買い支えることなど不可能だ。
行けるうちに行き、食べ、写真に収め、そのような施設があったことを記録と記憶に残す。
オレたちにはそれしかできない。

だが、かつてと異なり、今なら、大きく鮮明な画像で在りし日の記憶を参照することができる。
それは、ある意味では現実以上にリアルな体験になる。

だから、オレたちはいろいろな場所に行っておかなければならないし、撮っておかなければならない。

【今日のまとめ】
たとえ群馬でも、5年後にどれだけ残っているだろう。

というわけで。
  1. 2018/05/17(木) 20:00:00|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役立たないことを書く

オレは2012年の秋頃から、もう5年半ほど毎日このブログのエントリを更新している。
このブログそのものは10年以上前から開設されていたのだが、
しばらく更新をしていない時期も長くあったので、実際にはその5年半ほど前からこのブログは始まったと言っていいだろう。

どんなきっかけで毎日ブログを更新するようになったのかは覚えていない。
その少し前にはメールマガジンを創刊しているので、何かしらのコンテンツが欲しかったのかもしれない。
オレは自分の書く文章にコンプレックスがあった(今もあるが)ので、それを克服することが目的であったような気もする。
今でもそのコンプレックスは払拭できておらず、オレは自分の書く文章の下手さが嫌で仕方ないが、
少なくとも、文章を書くこと自体について辛さを感じることはなくなった。

今では、エントリを書かずにその日を終えるのは、歯を磨かずに眠るようなもので気持ちが悪い。
元からそうではあったが、その意味で言えば、このブログは誰かに読ませるというよりも自分のために書いているという側面が強い。

オレがこのブログを書く上で唯一心がけているのは、役立たないことを書くということだ。
オレの尊敬する、故・橋本武先生の本で、「すぐ役立つものは、すぐ役立たなくなります」という言葉があったが、これはその通りだ。
すぐ役立てることができる程度の知識は、所詮大して役立たない。

オレは、ハウツー本に載っているような当たり前のことをあたかも新たな発見であるかのごとく仰々しく書き、アクセス数を稼ごうとするようなエントリを書くくらいなら、死んだ方がましだと思っている。

もちろん、すぐ役立つものがすぐ役立たなくなるからといって、いま役立たないものが後で役に立つとは限らない。
オレのエントリに限って言えば、むしろずっと役に立たない可能性の方が高い。

だが、オレはそれで構わない。
オレは、すぐ役立つものを四六時中探しているような無駄な消耗にまみれた人間の顔も見たくない。
そのような人間がこのブログに訪れることを避けることができるというだけでも、役に立たないエントリを書き続ける意味はある。

【今日のまとめ】
ハウツー本のようなエントリを書く能力もない。


というわけで。
  1. 2018/05/16(水) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: