怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

無謀な車中泊

昨日のエントリにも少し書いたが、日曜は大洗の「あんこう祭」に行った。
駐車場が混雑すると聞いていたため前日の夜に出発し、
22時ころには大洗に到着し、車中泊で朝を迎えた。

結局、オレが駐車した海水浴場の駐車場は、朝になってもまだ満車にはなっていなかった。
メイン会場の大洗マリンタワーにはそこから15分も歩けば到着できるので、
何が何でも間近で見たいというのでなければ前日に到着する必要はなさそうだ
(そもそも、間近で見られる場所に停めるには前日の夜でも既に遅い)。
もっとも、今年は昨年よりも臨時駐車場が多く確保されたと聞いたので、来年以降も同様であればの話だ。

オレは車中泊の経験は浅く、今回で三度目だ。
前回、大津サービスエリアで寝た際には、初回の経験を活かして購入したアイマスクと携帯用枕のおかげで安眠できた。
今回も横になること自体は問題なかったが、次なる敵は寒さだった。

ここ最近は気温が低く、早くも冬の寒さになりつつある。
オレも多少の気温の低さは覚悟していて、ブランケットやマフラーや手袋は準備してきていた。
だが、大洗は海沿いなので、常に容赦ない浜風が吹き付ける。
浅はかなオレはそれを想定していなかった。
いや、大洗の浜風はある程度想定していたが、海水浴場に駐車するとは思っていなかったのだ。

普段の街中でさえ肌寒さを覚える冬の風が、ビュウビュウとものすごい音を立てる。
音は耳栓で防げるが、その風によって車内の温度が低下していくことは防げない。
暖房で暑いくらいだった車内は徐々に冷えていき、真夜中にはコートを着ていても身体が震える寒さになった。
特に足元が冷え、眠りについてもすぐに目が覚めてしまう。
結局、合計で数時間しか熟睡できなかった。

まだ秋なのでどうにかなると考えたのだが、何だかんだで茨城県は寒い。
毛布くらいは持ってくるべきだったと反省しているし、そもそもこの時期に車中泊をすること自体が本来無謀なのだろう。
思えば、だからこそ駐車場には朝まで余裕があったのかもしれない。
簡単なことだが、この歳になってもまだそんな簡単なことについて学びがあるのは、ある意味で幸せなことなのかもしれない。

【今日のまとめ】
日の出を見られたのはよかったが。


というわけで。
  1. 2017/11/20(月) 23:44:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あらいやオートコーナー

IMG_4244.jpg
▲初ではない日の出。

IMG_4293.jpg
▲大洗高校マーチングバンド部、相変わらずの上手さ。

大洗できょう行われた「あんこう祭」に行ってきた。
毎年行きたいと思いながらも所用が重なり行けずにいたのだが、ついに行くことができた。
オレが住む古河と同じ茨城県内で、これだけの人が集まり、そして全員が笑顔になれるイベントが開催されているという事実に興奮すら覚える。
何がどう良かったというのを書くのはきっと野暮だろうし、そもそも書けないし、たとえ書けても書ききれない。
狙って作られたものではない熱狂がそこにあったし、きっと来年以降もそこにあり続けるだろう。

IMG_4317.jpg

帰りに久々の「あらいやオートコーナー」に寄った。
同じ茨城県内とはいえ、大洗からでは1時間半以上かかる。
それはオレの住む古河と大洗の関係にも言えることだが、やはり茨城には「陸の孤島」という形容がよく似合う。

IMG_4309.jpg

お馴染みの古びた自販機はきょうも元気に稼働していた。
やはりまた焼肉弁当しか残っていなかったが、食べられるだけでもありがたいし、何より焼肉弁当はうまいので文句はない。

IMG_4314.jpg
▲焼肉弁当(300円)。

ホカホカのご飯に、タレのよく染みた生姜焼き風の豚焼肉が絶妙に合う。
昆布の佃煮も絶品で、もしご飯が倍の量入っていても余裕で平らげることができるだろう。
これを300円で食べられるのだから、この店の近所の人が本当に羨ましい。

温かいものをいつでも食べられるというのは自販機の強みだ。
今回のあんこう祭では車中泊をし、コンビニが当日に混雑することを予測して買っておいた冷たいおにぎりやパンが主な食事だったから、なおさらその思いを強くした。

県内で唯一と言っていい自販機店舗で食べることのできるこの最高の弁当は、大洗の熱狂と同様、誇らしいものだ。

【今日のまとめ】
今度こそひれかつ弁当を。


というわけで。
  1. 2017/11/20(月) 00:07:18|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「好きなタイプ」を公表する無駄な消耗

よく、異性(場合によっては同性)について、「好きなタイプ」というのを表明したり、他人に訊く人間がいる。
こういう女が好みだとか、こういう男は嫌いだとか、そういう内容だ。

だが、オレは、「好きなタイプ」を表明することに何の意味があるのか不思議に思うし、無駄な消耗だとも思う。

大体、「好きなタイプ」として本当に自分が好きな異性を完璧に類型化して網羅することはできない。
両極端な性格をどちらも好きだということもあるし、
「自分では言わなかったが、言われてみればこういう相手も好きだ」という場合、
それは自分の表明した「好きなタイプ」からは漏れてしまう。

もし、自分に密かに好意を寄せている異性がいたとして、
その人間が、こちらの表明した「好きなタイプ」を知り、
「自分はそのタイプではない」と判断して身を引いてしまえば、知らずのうちにチャンスを逃してしまう結果になる。
相手がよほどこちらに執着していない限り、
「お前はタイプではない」と言ってきているに等しい相手にわざわざアタックする人間もそう多くはないだろう。

あまりにも言い寄られる件数が多いので、あえて「好きなタイプ」を公表して件数を絞っている人間も中にはいるのだろうが、
明らかにそうではない人間も、堂々と「好きなタイプ」を公表している。

それは無駄な消耗だ。
自分からチャンスを削っているに等しい。
「好きなタイプ」がたとえあっても、それを公表せずに心に秘めておけばいい。
言い寄られてから判断すればいいことだ。

オレは異性に執着がないので、無駄な消耗を避ける以前に、そもそも「好きなタイプ」などない。
強いていえば、ブスとデブ以外なら誰でもいいが、それは誰しもがそうだろう。

それに、「ブス」や「デブ」というのも抽象的なもの(これを法律学では「規範的要件」と呼ぶ)なので、
世間がブスだと言う女もオレがブスだと思わなければオレにとってはブスではないのだから、結局は何もないに等しい。
目の前にいる人間が好きだったら好きで、そうでなければそうでない、それだけの話だ。

【今日のまとめ】
こういうことを言うと「つまらない人間」扱いされるのだが。


というわけで。
  1. 2017/11/18(土) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレは競馬を箱推ししている

今年も有馬記念のファン投票が始まった。
実際にはファン投票で上位に選ばれた馬が必ず出走するわけではないが、
最近はTwitterなどのSNSとの連携機能もあり(投票した馬名がツイートされる)、
ファンたちが自分の好きな馬をアピールするいい機会にもなっている。

ファン投票には抽選で景品が当たるキャンペーンもあるので、そこに個人情報を入力するフォームがあるのだが、
そこに「競馬歴」の欄がある。
オレは1998年から競馬を見ているので「19(年)」と入力したが、もうそんなに経つのかと感慨深くなった。
オレは28歳なので、人生の7割近くを競馬ファンとして過ごしている計算になる。

競馬ファンには、よく、「途中で競馬から離れたが、また戻ってきた」という人がいる。
昔から競馬を見ている人ほどそういう傾向があるが、オレは不思議と、競馬から離れた経験がない。
一時期少しだけ興味が薄れたことはあったが、その時期でも大きなレースは中継や録画で見るようにしていた。

19年も見続けられる対象というのはなかなかないと思うが、
なぜそれほど見続けられるのかというと、
オレは特定の馬に夢中になるということがこれまでにないからなのではないかと考えている。

競馬には馬の移り変わりがある。
どんな馬でも長くとも5年か6年でそのほとんどは引退してしまうし、
残念ながらレースや調教での事故で安楽死になってしまう馬も少なくない。
もし自分が夢中になって全レースを現地に観戦しに行っている馬がいるとして、
その馬が引退したり、事故死してしまったら、燃え尽きるように競馬に飽きてしまう可能性がある。

アイドルなどに「箱推し」という言葉があるが、オレは競馬を箱推ししているように思える。
誰か特定の馬や騎手というよりも、「競馬」という総体の醸し出す雰囲気が好きなのだ。
だから、誰かがいなくなっても、それが競馬でなくなるわけではないから、見続けられるのだろう。

特定の馬や騎手のファンになるのもいいことだと思うが、
特定の誰かを応援することは、それが競馬でなくてもできることだ。
当たり前のことだが、「競馬を楽しむ」ことは、それが競馬でないと絶対にできない。
だから、オレは19年間、競馬を見続けている。

【今日のまとめ】
そうは言っても武豊が引退したらどうなるのだろうかとは思う。


というわけで。
  1. 2017/11/17(金) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咳が止まらない

咳が止まらない。
オレは風邪を引くと、決まって「喉の痛み→鼻水と咳→咳」という順番で症状が現れ、しばらく咳だけが残る。
咳はいつも一ヶ月ほど続くのだが、今回もまたそうなってしまっている。

内科で呼気の検査を受け、呼気中の一酸化窒素の濃度を測定したのだが、おそらく喘息ではないとのことだった。
しかし症状そのものは気管支が収縮したものなので、気管支を拡張するステロイドの吸入を処方された。

咳が残るのは上記の通り喘息のようなもので、その咳で風邪が他人にうつるということはないのだが、
オレが逆の立場だとしたら、目の前で他人に何度も咳をされるのはやはり嫌なので、どうしても気を遣う。

辛いのは、会話も満足にできないし、歌うこともろくにできないことだ。
普通に会話しようとするだけでも咳が出てくるので、部屋でギターを持っても当然歌うことなどできない。
一度風邪を引くと一ヶ月これなので、オレはいつも喉が痛くなった時点で憂鬱になる。

オレが通っている内科では、基本的に咳止めの薬は処方してくれない。
今回も、吸入の前は漢方薬を処方されただけだった。
吸入薬も咳止めの薬のように直ちに効くわけではないから、咳は相変わらず出続けている。
だが、何となく、そういうところが信用できる気がして、オレはその医者に通っている。

最近話題の「薬は必要ない」と主張するニセ医者は話にならないが、
薬は処方しつつもむやみに強いものを出さずに治そうとしてくれる医者は、なんとなく説得力があるような気がしてくる。
特に咳止めは中毒性がある(オレの知り合いでブロンをオーバードーズした人間もいる)ので、
オレ自身、こうして風邪で慢性的に咳が出るのに、その度にコデインやブロン液を飲むのもあまり気持ちよくない。

無駄とまでは言い切れないが、オレの消耗を避けようとしてくれる医者は悪くない。
そう考えて、オレはきょうも吸入薬を服用して寝ることにする。

【今日のまとめ】
ブロン液の味だけは欲しい。


というわけで。
  1. 2017/11/16(木) 22:57:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: