FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

定期おトク便は、無駄な消耗の対極にある

最近、Amazonの「定期おトク便」をよく利用している。

その名の通り、主に消耗品を定期的に配送してくれるサービスだ。

商品の配送ペースは自分で選択でき、
毎月必要なものは毎月、半年に一度でいいものは半年に一度配送される。
もし必要なペースが早くなったら、途中で配送日程を早めることも可能で、
予定の配送日程が近づいてもまだ商品が必要ない場合は、配送を延期することもできる。

価格は普通に買うよりも多少安く
(当初はほぼ同じ価格だが、配送回数が増えるごとに割引率が上がる)、
同じ月に3個以上発送されるとさらに割引きされるので、通常購入をするよりも得だ。
少なくとも損をすることはないので、必ず買うものに定期おトク便があれば、選ばない手はない。

オレが定期おトク便で買っているのは、ビタミン剤やシェーバーの洗浄液などだ。
これらは消費するペースが一定なので、まさに定期おトク便におあつらえ向きだ。
買い溜めをする必要がないため、家で在庫がかさまず、省スペースになるのもいい。
そして、買い溜めと異なり、常に新しいものが発送される。

必要なときに必要な分だけ購入する。
これはまさに、無駄な消耗の対極にあり、オレの求めているものだ。

【今日のまとめ】
ハイチオールCは手放せない。


というわけで。
  1. 2018/11/17(土) 20:00:00|
  2. Amazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

転調など気にしていない

先日、Twitterで、あるアーティストの楽曲が話題になっていた。
それは「紅白歌合戦」でも歌われたほどの人気曲だが、
どうやら、今回その楽曲が話題になったのは、サビの転調に関してのようだった。

盛り上がっていた人々のツイートを読む限り、
その楽曲のBメロからサビでの転調が、音楽理論的には不自然だということらしい。
人々は、それが意図的なものなのか、意図的であるとしてどんな意図を込めたのかなどで盛り上がっていた。

オレはそれを見て、意図などあるわけがないと思った。

そのバンドはいわゆる「ロキノン系」で、高校の軽音部で結成されたバンドなのだが、
常識的に考えて、その手のバンドが、音楽理論などを考えて作曲しているわけがない。

勘違いしないで欲しいが、オレはそのバンドを馬鹿にしているのではない。
普通、この手のジャンルの音楽をやっている人間は、音楽理論など気にしていない。
気にしている方が完全に少数派だ。
ちなみに、オレも作曲をするが、
音楽理論はおろか、自分の楽曲のキーやコードも知らない。

このTwitterの盛り上がりを見て、オレは少し不愉快な気持ちになった。

盛り上がっている彼らは、おそらく本当は、ロキノン系のバンドが音楽理論など気にしていないことを知っていたはずだ。
そうでありながら、「作曲をしている人間が音楽理論を知らないはずがない、何か意図があるはずだ」と、
まるで音楽に詳しい人間によるポジショントークのように盛り上がり、面白がっていたのだ。
少なくとも、オレにはそうとしか思えなかった。

これは明らかに無駄な消耗だ。
オレは、そんな音楽の聴き方はしたくない。

【今日のまとめ】
サビで半音上がる曲は好きだが。


というわけで。
  1. 2018/11/16(金) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長距離通勤のメリット

オレは毎日90分弱、電車に乗って通勤している。
こう言うと驚く人もいるのだが、
オレは電車での移動に慣れてしまっているので、特に辛さを感じない。

オレは高校、大学、大学院とすべて電車で通学していた。
日吉まで通った学生時代は片道1時間50分ほどかかっていたが、
それも特に嫌だとは思わなかった。

オレの乗る電車は9割方座ることができる
(少なくとも、先月通勤を開始して以降は、100%座れている)し、
いまの通勤先の最寄駅には乗り換えなしで行けるので、
ただ寝ていれば着いてしまう。
移動時間が長い分早起きの必要はあるが、
電車で寝ることで、ある程度は補える。

交通費に関しても、会社が支払ってくれるわけだから、オレに金銭的なダメージはない。
定期券により、休日に大宮や新宿や渋谷に出掛けることも可能だ。

何より、地方で暮らすのは楽だ。
オレは東京が大好きなので、「都会が嫌だ」という気待ちは微塵もない。
だが、わざわざ地方の実家を捨ててまで都会に住むメリットを感じないのもまた事実だ。

地方には何もない。
だが、平日の日中は常に都会に出て働いているからこそ、
それ以外の時間を、その何もない場所で過ごせるありがたみがある。

何もないのは楽だ。
人もいないし、静かだ。
もし人がいて賑やかな場所を味わいたければ、
夜遅くまで遊んでから帰ればいいだけなので、
オレは両方のメリットを自分の気分で選択できる。
他方で、都会に住む人が平日にわざわざ地方に行くことは難しいだろう。

地方から都会への通勤は、やったことのない人からすれば大変に感じるだろうが、
オレからすれば、むしろ楽で、無駄な消耗が少ない行為なのである。

【今日のまとめ】
柿も獲れるし。


というわけで。
  1. 2018/11/15(木) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺堂 稲葉

先日、遠方に住む友人が親戚のいる古河に来ており、
その友人を誘い、久々に「麺堂 稲葉」に行った。
19時半頃の到着で並びは店外設置の待ち椅子を超えていたが、
回転は比較的早く、30分ほどで着席することができた。

久々ということもあり、基本の「鶏白湯つけめん」を注文。
麺はいつもの国産小麦麺に変更したのだが、
いつの間にか、土日祝は国産小麦麺に変更すると「あつもり」しか選べない仕様になっていた。
オレは普段つけ麺であつもりを頼むことは少ないのだが、
これもいい機会と思い、そのまま国産小麦麺を選択した。

181110稲葉2
▲鶏白湯つけめん・大盛り・国産小麦麺(950円)。

着席から10分ほど待って提供。
つけ汁に柚子、麺の上に生姜が乗った美しい盛り付けだ。

181110稲葉1

つけ汁はポタージュのように濃厚な鶏白湯スープで、
塩ベースの味付けが食を進ませる。
臭みもまったくなく、濃厚ながら最後まで飽きさせない。
具として入っているチャーシューやメンマも風味豊かで、スープ割りまで残しておきたくなる。

181110稲葉3

麺は極太でしっかり硬さのある国産小麦麺。
初めてのあつもりだったが、熱い麺も悪くない。
すする時にやや熱く感じるが、猫舌のオレでも大丈夫なレベルだったので、問題ないだろう。
極太の麺に濃厚なつけ汁がたっぷり絡み、
それを口の中に放り込むと、
鶏のうまみと小麦の風味が同時に押し寄せる。
この上なく贅沢な味だ。

スープ割りを頼んで完飲し、大満足で退店した。
友人たちもその味に満足していたようで嬉しい。

この「稲葉」、
都内の名店と比べても、というのではなく、
単純につけ麺としてトップクラスの一杯を提供してくれる。
そんな名店がこの古河にあるというのだから、古河も捨てたものではない。

【今日のまとめ】
でも、ひやもりの方が好きだ。


というわけで。
  1. 2018/11/14(水) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

軽減税率と無駄な消耗

先日、昼休みにファストフード店に行った。
すると、ある客が、テイクアウト用の袋に入ったハンバーガーを、店内の座席に座って食べているのを目にした。
それは別に咎められる行為ではないが、
最近テレビやネットで目にする「軽減税率」のニュースと絡めて考えると、難しい話だなと思う。

いま国が検討している通りの軽減税率が適用されると、
テイクアウトでは消費税が8%だが、イートインでは10%ということになる。
つまり、テイクアウトで買ったものを店内で食べようとすると、
その客は、店員に差額の2%を請求されることになってしまう。

実際にそんな処理が可能なのかつくづく疑問であるし、店員の業務量も増える。
知らずにやってしまった客ならともかく、
悪意でやった客は確実にごねるだろうから、クレーム処理も必要になるだろう
(そもそも、テイクアウトの方が支払額が安い時点で、
テイクアウトで購入して、こっそり店内で飲食しようとする客が増えるのは目に見えている)。

国は、「定価そのものに差をつけ、テイクアウトとイートインで実質的な支払額を同じにする」という提案も行っているが、
そうするとテイクアウトの方が税抜価格は高くなる。
それに対してクレームをつける客も確実にいるだろうし
(そもそも、軽減税率が実施されたのに、テイクアウトでも同じ額を払うのだから、これは文句も言いたくなって当然だ)、
結局、店側はどの道に進んでも貧乏くじを引くことになる。

税収を増やすことについて、オレは別に反対ではない。
そうするしか道がないのであれば増税も仕方がない。
だが、この軽減税率の複数のスタンダードは明らかに異常で、無駄な消耗だ。
オリンピック云々で騒いでいる人もいるが、
この問題のほうが、明らかにこの国を淘汰するだけの強い影響力を持っている。

【今日のまとめ】
一律10%のほうがまだいい。

というわけで。
  1. 2018/11/13(火) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: