FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

iPhone XSを手に入れたので、ラーメンを撮った

iPhone XSを手に入れたので、さっそくラーメン屋に行ってきた。

これを聞いて、意味がわからないとか、単にラーメンを食べる口実にしたいだけだろうと思う人もいるかもしれないが、
要するに、iPhone XSのカメラの性能を試したかったのである。

オレは基本的にコンパクトデジタルカメラ(CanonのPowerShot G9 X)でラーメンを撮影している。



すべてのラーメンを納得いく形で撮りたいので、デジタルカメラを忘れた日はラーメン屋に行かないことを徹底してきた。
だが、もしiPhone XSのカメラでオレの納得いくラーメンの写真が撮れるのであれば、
デジタルカメラを忘れても安心してラーメン屋に行けるということになる。
下手をすれば、忘れるどころか、デジタルカメラを持っていく必要もなくなるかもしれない。

そういうわけで、ラーメン屋(大宮駅西口の「煮干丸」)に行ってきた。

IMG_9556.jpg

IMG_5666.jpg
▲煮干そば・大(790円)。

一枚目がiPhone XSのカメラ、二枚目がPowerShot G9 Xで撮ったもの。
結論から言えば、「まあ、iPhoneも悪くはない」という程度で、やはりデジタルカメラは必要だと感じた。

iPhoneのカメラは画素数もPowerShot G9 Xより低いし、背景のボケ感が弱い。
iPhone XSのカメラには背景をぼかす「ポートレートモード」が搭載されているが、
うまくぼかすには対象からある程度カメラを離す必要がある。
ラーメンをポートレートモードで撮るには、座席から立ち上がるなどして距離を確保してどうにか撮影した上、そのままでは被写体が遠い写真をトリミングする必要があるので、
ラーメン屋でそんなことをするのは頭のおかしい人間だと思われそうだし、さすがに難しい。
ぼかさずに撮るのであればその必要はないが、そうすると単純に画質の差が現れる。

また、iPhoneの純正カメラアプリは基本的にシャッター音が消せない。
オレは店でパシャパシャとシャッター音を立てることをマナー的にあまり良しとしないので、これも気になる。
デジタルカメラであればシャッター音は小さいので、店などであればほとんど聞こえない。

やはり、iPhoneはあくまでスマートフォンであってデジタルカメラではないのだと痛感した。
もっとも、夜景などを気軽に撮る場合には、iPhone XSの方がコンパクトデジタルカメラに比べてかなり秀でている部分もある。
オレがデジタルカメラの方が上だと感じるのは、あくまでラーメンを撮る場合だ。

今後も、ラーメン屋に行くときは、必ずデジタルカメラを持参するとオレは心に決めたのだった。

【今日のまとめ】
故障したら買い換えないかもしれないが。


というわけで。
  1. 2018/09/24(月) 11:53:35|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレは高級な腕時計には縁がない

SNSを見ていると、定期的に「腕時計は大事だ」という話が出てくる。
ビジネスマンやいい男は、いい腕時計をつけるべきだ、という話である。

この書き出しだと、いつもの例によって、オレはそれを否定するのだろうと思う人が多いだろうが、オレは別にそうは思わない。
身だしなみは大事だからだ。

女性がジュエリーやネックレスをつけるように、男が高級で美しい腕時計をつけることが良しとされるのはおかしくはない。
いい腕時計をつけていない男を卑下するのはともかく、「いい時計をつけるべきだ」と主張すること自体は、別にいいとオレは思うし、
その方が精神的に満足するのであれば、それは無駄な消耗ではない。

もっとも、オレ自身についていえば、あまり高級な腕時計をつけようとは思わない。
それは別に、価格が高いからという話でもない。
単純に、高級な腕時計は、オレにとって、時計として見にくいのだ。

高級な腕時計の多くは、文字盤の数字が、まるでファイナルファンタジーやドラゴンクエストのようなローマ数字になっていて(「III」や「IX」などだ)、時刻を瞬時に認識しづらい。
また、そうでなくても、目盛りがやたらと細かくなっていたり、湿度や温度などの情報がやたらと盛り込まれていたりして、どこを見ればいいかわからなくなってしまう。

それに、高級な腕時計の多くは電波時計ではないし、ねじ巻き式であったりするので、
正確な時刻を知るには頻繁に時刻合わせをする必要がある。
オレは正確な時刻が知りたくて時計合わせをしているので、これは致命的だ。

結局、オレの好きな腕時計は、電波時計で、かつ文字盤がシンプルなアラビア数字のものということになるのだが、
それはもはや高級腕時計ではなくなってしまう。

きっと、いまはスマートフォンがあるので、多くの人にとって、正確な時刻を時計で知る必要はないのだろう。
そうなると、なおさら、高級な腕時計はアクセサリーとしての性格が強くなってくる。
オレはあまりアクセサリーが好きではないので、やはり高級な腕時計はオレには向かないという話になる。

高級な腕時計はメンテナンスも大変なそうだ。
時計それ自体が好きで、趣味になっている人にとっては、それも愛着が湧くだろうから、それが無駄な消耗だとは決して思わない。
だが、オレ個人にとっては、それは無駄な消耗なので、いまのところオレは高級な腕時計には縁がないということになる、

【今日のまとめ】
サウナに入れるチープカシオが一番いい。


というわけで。
  1. 2018/09/23(日) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オレはiPhoneしか使わない

予約していたAppleのiPhone XSが、きのう届いた。
発売日に楽に手に入ったということは、やはりその価格から敬遠されがちなのだろう。
オレは割賦で購入しているが、2年間の割賦なのに毎月5000円以上を払うことになるのだから、なるほど安くはない。

この価格なら他のスマートフォンの方がいいとか、機能的にiPad Proがあれば充分とかいう意見を耳にする。
なるほど、言っていることは理解できる。

だが、オレ自身には、そうした意見は引っ掛からない。
オレはコストパフォーマンスに優れていたり高機能なスマートフォンが欲しいのではなく、iPhoneが欲しいだけだからだ。
もっと安くてiPhoneよりも高機能なスマートフォンがあったり、iPad Proで機能的に充分であったとしても、
オレはiPhoneが欲しいのだから、それがiPhoneでない時点で意味がないのだ。

これは思考停止ではなく、無駄な消耗を避けた結果だとオレは考えている。

つまりは、iPhoneを使い続けることで、iPhone以外のスマートフォンを新たに使うことにより必要となる、「覚える」という工程を排除することができるのだ。

もちろん、新しいことを覚えるのは重要なことで、それを面倒臭がってはならないが、
行動の目的ではなく手段にすぎないスマートフォンに大してそうした労力を割く必要はない。
むしろ、その時間を別のことに使い、必要な消耗に充てるべきだ。
その「必要な消耗」には、言うまでもなく娯楽も含まれる。
要は、コストパフォーマンスのためにスマートフォンを替えることは、娯楽でさえないということだ。

けさまでオレが使っていたiPhone 7を、オレは2年間使った。
きょうから使い始めたiPhone XSも、トラブルがない限りオレは2年間使うだろう。
そして、その次も、オレは新しいiPhoneを使うことになる。

【今日のまとめ】
iPhoneそのものが廃止されたら仕方ないが。


というわけで。
  1. 2018/09/22(土) 20:00:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・グランドスパ南大門

昨日、宇都宮の「ザ・グランドスパ南大門」に行ってきたので、その感想をメモしておく。

□JR宇都宮駅から徒歩圏内にある大型の健康ランドで、隣には系列のパチンコ店がある。
そのパチンコ店と共用の大型立体駐車場があるので、自動車で行っても安心だ
(駐車券をスパのカウンターで帰りに提示すれば駐車料金は無料になる)。

オレは自宅から車で行ったが、退勤ラッシュと大雨が重なり道路の流れが悪く、2時間弱かかってしまった。
距離的には空いていれば1時間半かからないはずだ。

□受付で料金を支払い、リストバンドに加えて、館内着とタオルセットの入ったバッグを受け取る。
ちなみに、靴ロッカーの鍵は自分で管理する方式だ。

脱衣所のロッカーは縦長で、かなり余裕のある大きさになっている。
雨の日は傘もロッカーに入れろとの指示がある。

ドレスルームは充分な広さがあり、ドライヤーも5本ほどあったように思う。
ドライヤーはもちろん無料だが、一つだけ、5分100円のダイソンのドライヤーがあった。
消毒済みヘアブラシや綿棒、化粧水やヘアリキッド、ギャツビーのヘアワックスなども充実していて、宿泊する人も手ぶらで大丈夫そうだ。
肌着や下着も自動販売機で購入できる。

□浴室は非常に広く、健康ランドでもなかなかないレベルの広さだったので驚いた。
イメージとしては新宿の「テルマー湯」のような白を貴重とした雰囲気(あそこまでピカピカではないが)だ。

シャワーブースもかなり広く取られており、アカスリタオルや歯ブラシ、髭剃りも使い放題なのが嬉しい。
シャンプー・ボディソープ類はPOLAやDHCなど複数の種類があり、ブース毎に異なるようだ。

何より、浴槽の数が非常に多い。
白湯の他に、炭酸泉、檜風呂、高麗人参風呂、薬草風呂、ジェットバス、
そして25度と16度の水風呂、挙句の果てに大きな温水プーロ(プーロというのはプールと風呂を掛け合わせた造語か?)まである。
さらにこの他に、外気浴スペース付きの露天風呂(露天風呂も二種類)と、サウナ二種類(ドライサウナとアロマスチームサウナ)があるのだ。
そしてそのどれもが充分に大きいのだから、地方都市の郊外の健康ランドの贅沢さ、土地の広さを思い知らされる。

そして、最も驚いたのが、ドライサウナの大きさだ。
おそらく50人は収容可能と思われる巨大なサウナは、室内で中温ゾーンと高温ゾーンに別れている。
中温ゾーンは80度以下、高温ゾーンは高いところで100度を超えている。
100度を超えるサウナに入れるというだけで、サウナーはテンションが上がるものだ。
室内ではNHKのテレビとインストのBGMが静かに流れていて、やかましい感じはしない。

水風呂は上述の通り16度前後のもの(オレが見た限り、一番低い時に15.7度だった)と、25度前後のものがある。
そして、16度の方は水深が1メートル以上あり、立ったままでも胸の辺りまで浸かることができるのだ。
100度を超えるサウナと16度の水風呂の交互浴で、身体には「あまみ」が浮かび上がる。
サウナと水風呂が苦手な人でも、中温ゾーンと25度の水風呂なら刺激は低いだろうから、サウナ入門にちょうどいい。
何なら、水風呂の代わりに温水プーロ(こちらは31度ほどだった)でもかまわない。
その後のととのいスペース(椅子)は充分な数がある。

また、ロウリュが一日に四回ある。
オレは21時のロウリュに参加したが、3人の熱波師が大きな団扇で扇いでくれる。
熱波のおかわりもできるので、思う存分熱くなれる。
なお、このときはレモンのアロマオイルだった。

ちなみに、アロマスチームサウナのスチームのほうは、それほど強烈ではなかった。
こちらは水風呂よりも外気浴とのセットがいいかもしれない。
もっとも、昨日は本降りの雨だったため、外気浴スペースは使えなかったのだが。

□入浴後は自販機で「氷点下の三ツ矢サイダー」を買って飲み、2階のレストランで唐揚げ定食を食べた。
揚げたての唐揚げはサクサクでうまく、レストランのレベルも高いように感じる。
風呂の多さだけでなく、ここはレストランも三種類(普通のレストラン・焼肉屋・居酒屋)ある。
サウナ後に焼肉を食べるというのも、友人と来たときなどはありかもしれない。
また、フロントでカップ麺なども販売しているので、レストランが閉まる深夜でも食事は可能だ。

そして、24時間のゲームコーナー、コミックコーナー、
広いレストルーム(男女共用のものと男女別のものがあるが、男性専用のものは現在改装工事中だった)など、休憩にも事欠かない。
今回は宿泊せず帰ったが、館内の写真を見る限り、カプセルルームもなかなか上質な雰囲気だった。

□宇都宮線沿線に住んでいることもあってオレは宇都宮には比較的馴染みがあるが、
そんな宇都宮にこんな巨大で上質なサウナ施設があるとは驚きだ。
今回は自動車で行ったが、宇都宮駅から徒歩圏内であり、電車で行けばサウナ後に飲酒できることを考えると、電車で行くのも面白そうだ。
間違いなく、ここは再訪することになるだろう。

【今日のまとめ】
雨の新4号はいつ走っても恐ろしい。


というわけで。
  1. 2018/09/21(金) 18:09:41|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン池田

IMG_5665.jpg

以前は同じ古河市ながら少し遠い立地だった豚骨ラーメンの店「ラーメン池田」が、自宅から徒歩圏内に移転してきたので、きょうの昼に行ってみた。
開店時刻の11時半過ぎの到着で、客はオレを含めて2名だったが、その後に続々と入ってきた。
12時を回る前にこれなので、昼時はなかなか混んでいるのかもしれない。

若く愛想のいい店主が一人で経営していて、店内は落ち着いた雰囲気で綺麗だ。

豚骨ラーメン専門店で、食券機を見ると、ノーマルの豚骨ラーメンの他に、鰹やマー油の豚骨ラーメンがあるようだ。
麺の硬さは柔らかめからハリガネまで選べる。
オレは「かため」で注文した。

IMG_5663.jpg
▲豚骨ラーメン・かため(700円)。

程よいサイズの丼に綺麗な盛りつけ。
具はキクラゲとネギとチャーシュー。
卓上にはにんにくと紅生姜と辛子高菜があり、好きなだけトッピングできる。

IMG_5664.jpg

麺は博多豚骨ラーメンならではの極細麺。
ボソボソした食感が心地よく、濃厚なスープにしっかりと絡む。
そのスープは、濃厚でありながら豚臭さがまったくなく飲みやすい。
途中で紅生姜や辛子高菜、にんにくを入れて味を変えながら食べてみたが、辛子高菜が絶品だ。
これをライスとともに食べるのもいいかもしれない。
チャーシューも味が染みていて柔らかく、追加トッピングや「キャベチャー」を頼むのもよさそうだ。

せっかくの豚骨ラーメンなので、あらかじめ買っておいた替え玉(100円)の食券をカウンターに出し、替え玉をもらった。
再び「かため」で頼んだが、今考えると違う硬さを楽しんだほうがよかったのかもしれない。

替え玉も完食したあと、スープのうまさに思わず完飲し、満腹で店を出た。
豚骨ラーメンは当たり外れが多く敬遠しがちだが、これだけハイレベルな店が近所にできたというのは実にありがたい。
ぜひまたお邪魔しようと思う。

【今日のまとめ】
自転車を停めるスペースがあったら嬉しいのだが。


というわけで。
  1. 2018/09/20(木) 16:33:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: